「高齢者」にまつわる記事

【なぜ?】ある専門家の「電車やバスで高齢者に席を譲らない方がいい」という意見にネット上で物議

電車に乗ったら、とりあえず空席に座ってちょっと休憩。でもお年寄りや怪我をしている人、妊婦さんなどが乗ってきたら、もちろん席を譲りますよ! ……という人は多いはず。

だがしかし、この度、ある専門家が「電車やバスでは高齢者に席を譲らない方がいい」と主張したのだとか。え? 一体なぜ?

続きを全部読む

音楽で認知症を救うドキュメンタリー映画『パーソナルソング』が示す可能性が凄まじい! 一度でいいから観てほしい!

ドキュメンタリー作品が大好きな筆者(私)は、先日Netflixで『パーソナル・ソング』というドキュメンタリー映画に出会い、衝撃を受けた。

というより涙が止まらなかった。そこに映し出される “奇跡” があまりに美しかったからだ。そして、作品を見終わったときにこう思った。

「これはもっと多くの人に観てもらうべきだ」

続きを全部読む

【衝撃】80歳以上の7割が「運転に自信がある」と回答、現実とのギャップが浮き彫りに

高齢者による自動車運転事故が相次ぐ中、衝撃的なアンケート結果が舞い込んできた。『MS&AD基礎研究所』によると、運転に対する自信を調査した結果、高齢者ほど「自身がある」と答えた割合が多いというのだ。しかも80歳以上になると72%もの人が「運転に自信がある」と回答したというから笑えない……。

続きを全部読む

高齢者の車事故がなくなる時代も近い!? 米メーカー「テスラ」が一般道を自動運転でスイスイ進む車の映像を公開

ここ最近、連日のようにニュースで取り上げられている高齢者による自動車運転事故。あまりに多発しているため「法律で免許証の返納年齢を設けるべき」との声も聞こえるが、現実は難しい状況だ。

しかし、そうも言ってもいられないのが高齢化社会。この先、似たような事故が増加することが予想されるだけに、この問題と向き合っていかなくてはならない時が来ている。そんな中、ここにきて米の自動車会社である「Tesla(テスラ)」が革命とも言える映像を公開していたのでご紹介したい。

続きを全部読む

【高齢者事故】家族が年寄りから運転免許証を取り上げられない理由

高齢者による自動車運転事故が相次いでいる。日本では18歳から自動車運転免許証が取得できると定められているが、「○○歳になったら免許証を返上しなさい」というルールは設けられていない。

家に80歳以上の年寄りがいない人からすれば「家族が責任をもって免許証を取り上げるべき」と思うだろうが、実際はそう簡単な話ではないのだ。なぜ年寄りから免許を取り上げられないのか? 記者の経験に基づき、その理由を解説したい。

続きを全部読む

【動画あり】捨て犬のために「列車」が町を走る! 80才運転手が運行を決めた “心優しい” 理由とは?

今、とある “列車” がネット上でジワジワと話題になっている。それは……80才のおじいちゃんが運転する、ワンコばかりを乗せた列車! 「一体何のために?」と思ってしまうが、実はその背景に心優しい理由が隠されているようだ。

なんと「捨て犬たちに外の世界を見せてやりたい」と、男性はワンコを列車に乗せて町を走っているのである。そんな心優しさがつまった列車、見ないわけにはいかないよね! ということで、動画・画像などもあわせてこの列車についてお伝えしたい。

続きを全部読む

これぞマクドナルドの良いところ! 御年90才のマッククルー「マックで働くのはとても楽しい」と語る

色々と叩かれて大変なマクドナルド。確かに、異物混入や異物混入や異物混入が報じられているけれど、それでも「マック好きだよ!」という人たちも多いはずだ。ちなみに筆者も、マクドナルドのバナナシェイクが大好きだ。

ということで、今回はマクドナルドの良いところを一つお伝えしよう。なんとマックのスタッフのなかには90才のおじいさんだっているのだ! 「えーと、それのどこが?」と思われるかもしれないが、彼はとても楽しそうにマクドナルドで働いているのである。そんな店員さんがいるなんて素敵じゃないか!

続きを全部読む

【ネコの家】“ひとりぼっち” になってもお守りします…… / 飼い主を亡くした高齢ネコ向け『老ネコホーム』が心強い!平均ネコ年齢は10~20才ニャ!!

多くの人々にとって、「死」は恐ろしい存在だ。その漠然とした捉えようのなさに、途方に暮れてしまう。しかし、死んだ本人以上に途方に暮れるのが、残された人やペットではないだろうか。寂しい思いをするだけでなく、物理的に困ることだってあるからだ。

人間と違って、主人に先立たれたペットは、どうするのだろう? 他にお世話をしてくれる人がいなければ、保健所で殺されてしまうのだろうか……? と、なんだか不安になってしまう。ところが、この世には飼い主が先立たれたネコたちのための、『養護ホーム』が存在するのである。「なにそれ、天国!?」ということで、詳しくお伝えしたい。

続きを全部読む

100歳でも現役バリバリ! 世界最高齢の算数の熱血先生がとっても前向き 「リタイアなんて言葉聞きたくないわ!!」

「もう歳だから……」と、いつから人は言い始めるのだろうか? 我が身を振り返ってみるとまだ若き10代の頃に、そう口にしていたような気がする。ただイキがっていただけなのだろうが、どう思うかは人次第のようだ。

というのも、今回紹介するある高齢の女性は、「もう歳だから」とは決して言わないからである。彼女は、100歳という年齢をものともせず、小学校で算数を教え続けているのだ!

続きを全部読む

平均年齢63歳 摘発史上最高齢の性風俗店摘発! ネットの声「売ってたのはもう春じゃない」

東京都豊島区の性風俗店が摘発された。店には16人の女性が在籍していたそうなのだが、その平均年齢の高さにインターネットユーザーは衝撃を受けているようだ。

・平均年齢63歳
在籍女性はもっとも若い人で46歳、最高齢は73歳だった。全員の平均年齢は63歳で、年配客の利用が多かったと報じられている。

続きを全部読む

【衝撃動画】おばあちゃん(90)のバク転がヤバイ

何事も「間」の取り方は大切である。メリとハリも大切である。映画でも漫画でも文章でも、そしてギャグでも、“引っ張りに引っ張ってから……ドーン!” となる展開が望ましい。上手にキマると「こいつ……できる!」となるわけだ。

ということで今回ご紹介したいのは、90歳のおばあちゃんがバク転を披露する動画「90 year old does double backflip」である。

続きを全部読む

粛々とエミネムを歌う高齢者合唱団がジワジワくると話題に / ネットの声「史上最強のヒップホップ」

ネット上で衝撃の合唱団が話題になっている。合唱団のメンバーは高齢者だ。それだけなら特に珍しいものではないが、その選曲はスゴイと話題になっているのだ。

彼らが歌っているのはヒップホップの王・エミネムの『Lose yourself』! おじいちゃんやおばあちゃんが集団でエミネムを熱唱するってどういう状況だよ!? しかも彼らは続けて、カミリオネアやNELLYのなどヒップホップ・ヒットナンバーを粛々と歌っているだ。その様子はYoutubeにアップされた動画で確認することができるぞ。

続きを全部読む

【日本スゲー】GPSやWi-Fiも搭載! 富士通が開発した高齢者用「次世代つえ」が海外で話題に

富士通が開発し、バルセロナのイベントで発表された高齢者向け「次世代つえ」が海外で話題になっている。

この「次世代つえ」は持ち手の部分がLEDディスプレイとなっており、目的地までの方向を示してくれるほか、遠隔地のPCから家族やヘルパーが使用者の居場所を確認したり、心拍数などの情報をチェックすることができるのだ。

続きを全部読む

【これはあぶない!】縁石とガードレールに接触しまくってパンクしているのに走り続けるクルマの動画が話題に

日本国内で撮影された一本のドライブレコーダー動画が「あまりにも危ない!」として話題になっている。YouTubeにアップされたタイトルは『縁石とガードレールに接触しバーストに気が付かず走行し続けるドライバ』であり、タイトル通りの内容であるが、なかなか考えさせられる映像なのだ。

撮影者は自動車を運転中、前方に怪しげな動きをする軽自動車を発見した。ガードレールにクルマの側部をこすりつけながら、そのまま走り続けている。「居眠り運転か?」と思いきや……!

続きを全部読む

チョーカワイイ!! 90代女子のプリクラ風写真が話題に

最近女性誌などで見られる「女子」という言葉。20代は学生も含まれるのでセーフとしよう。30代は賛否は分かれるところだが、百歩譲ってよしとする。だがさすがに40代・50代と母親世代を「女子」と呼ぶのには抵抗がある方もいらっしゃるかもしれない。

だがいくら年を重ねていたとしても、超超超可愛い人ならどうだろうか? 思わず「女子」と言いたくなるほどおしゃれでキュートなおばあちゃんが話題だ。女子高生顔負けのポーズでプリクラ風の写真を撮りまくる彼女、なんと今年99才である。

続きを全部読む

イギリス、オックスフォード大学薬理学教授のデビッド・スミス博士は「ビタミンBは”老人性痴呆”を予防する効果がある」と発表しました。イギリスのBBCニュースが今月8日に報じています。

スミス博士は老人性痴呆に繋がる、比較的症状が軽い認知障害の高齢者168人を2つのグループに分け、1つのグループにのみ葉酸とビタミンB6 、ビタミンB12を組み合わせたビタミンBを2年間投与し実験。

続きを全部読む