「遅刻」にまつわる記事

【疑問】アイドルはなぜ「青海駅」と「青梅駅」を間違えるのか? イベント遅刻を防ぐために提案したいたった1つのこと

何気なくTwitterを眺めていたら、誰かがリツイートしたアイドルらしき女の子のツイートが目に入った。読んでみると、どうやらその女の子は「青海駅」と「青梅駅」を間違えてしまい、出演予定だったライブに出られなくなってしまったらしい。

ああ、それはやっちまったなぁ……。と同情した後、なんだか前にも似たような出来事があった気がしたので調べてみた。すると驚くことに、アイドルが「青海駅」と「青梅駅」を間違えた例はこれが初めてではなく、むしろ頻発していたのだ。これは “アイドルあるある” なのだろうか?

続きを全部読む

『相手の遅刻を許せる人と許せない人の違い』を描いたイラストが物議! 許せない派「時間を守るという約束さえ守れない相手にイラッとします」

ちゃんと時間を決めて待ち合わせたのに10分経っても相手は来ない。遅刻の常習者っているよな。私(中澤)の友達にも1人いる。あまりにも毎回遅刻するので、その人と待ち合わせる時だけ30分遅く現場に行くようになった

現在、Twitterで「相手の遅刻を許せる人と許せない人の違い」を描いたイラストが話題になっている。Twitterユーザー「micorun(@micorun)」さんが描いたこのイラストをキッカケに遅刻議論に発展! 遅刻常習者は必見である。

続きを全部読む

【炎上】1年4カ月で245日遅刻、900時間も欠勤した公務員の処罰が甘すぎると批判殺到

福井県・滋賀県と隣接する岐阜県西北部の町、揖斐川町(いびかわちょう)。人口約2万人の小さな町が今、あまりよろしくない意味で注目を集めている。CBCテレビによれば、揖斐川町の男性職員が1年4カ月で245日遅刻したとして懲戒処分を受けたというのだ。

処分を受けた男性職員(27歳)は、勤務日の3 / 4にあたる245日遅刻し、欠勤時間は900時間にのぼるという。さらにクビにはならず、停職5カ月の懲戒処分で済んだことも一般的な価値観とかい離があるとして批判が殺到している。

続きを全部読む

【私的ベスト】2014年に公開したもので記者がもっとも気に入っている記事5選 〜DEBUNEKO編〜

2014年も残りあとわずか。今年の自分を振り返るべく、佐藤記者から始まった連載企画、ロケットニュース24編集部&ライター陣が持ち回りで “自分の記事の中から自分なりのベスト5” を選ぶ、『2014年私的ベスト』

この一年を振り返り、もっとも衝撃的な出来事といえば……まさに今、このロケットニュース24にライターとして参加していることである。──だが、ベストもなにも、まだ9本しか書いていない。そこから5本を選ぶなんて、半分以上オススメということになってしまう。でもそんなことは気にせず、以下に堂々と私の自慢の5選をご紹介させていただきたい!

続きを全部読む

【あるある】待ち合わせに必ず15分遅刻してくるヤツは何なのか

人は、待ち合わせる生き物である。人は一人では生きて行けないのだから。この世界には60億以上もの人がいるのだから。個と個が集う時、待ち合わせは必須となる。 ──だが!

その待ち合わせに、決まって遅れてくるケシカラン奴がいる。なぜ、約束の時間に来ないのか。アイツはなぜ、微妙に15分遅れてくるのか。ということで、彼らの生態系をあるある形式で探ってみようと思う。 理由がわかれば、少しはイライラもおさまるかもしれない……。

続きを全部読む

嘘っぽい言い訳「自宅前でクマがタイマン張ってて家から出られないので遅刻します」が通用しそう

みなさんは、以前ご紹介した「カンガルーのタイマン動画」を覚えているだろうか。自宅前でカンガルー同士が激しくやり合っており、「これじゃ外に出られないから仕事に遅刻します!」という奇跡の言い訳が通用するレベルの光景だった。自分の身にも起こらないかと羨んだ人もいたかもしれない。

だが、そんな言い訳はそうそう使えない……と思っていたら! まさかの「自宅前でクマのタイマン動画」がYouTubeにアップされていたので、早速みなさんにご報告したい。

続きを全部読む

「自宅前でカンガルーがタイマン張ってて家から出られないので遅刻します」っていう言い訳が通用しそうな光景

正当な理由なく遅刻しそうになったとき、多くの人はもっともらしい言い訳を考えるだろう。単なる寝坊で仕事や大事な約束に遅刻したとなるとバツが悪すぎるので、何か別の理由を言うのだ。このとき、嘘バレバレな言い訳をすると、激怒されるか呆れられるものである。

そんななか、オーストラリアでは、「カンガルーがタイマン張ってて家から出られないから遅刻した」という一見、頭悪そうな言い訳が通用するかもしれない光景が激撮された。それはどのような光景なのか、動画「wild kangaroo street fight Aussie style」を見れば一目瞭然だ。

続きを全部読む

遅刻や二日酔いが多いのはあの月だ! Twitterでつぶやかれた膨大なデータを視覚化した表が話題

自分の感情や状況を140文字以内でつぶやけるソーシャルメディア、Twitter。活用している人も多いだろうが、今その投稿をもとに、人々の気分や状況をデータ化した表が話題になっている。

表は、世界中でツイートされた膨大なデータをまとめ上げたもの。見ると、世界中の人々がどんな気分や状態だったのかが、手に取るように分かるぞ。遅刻する人や二日酔いに悩まされている人が多い月まで、一目瞭然!

続きを全部読む

【遅刻常習者必見】決してなおらない「慢性遅刻症」と診断された男の悲しいお話

あなたの周りにもいないだろうか。必ず時間に遅れてくる人。何度注意しても一向になおる気配がなく、あえて待ち合わせの時間を早めに指定して、遅れさせないようにしたりするものの、やはり時間に遅れてしまう人。

・慢性遅刻症と診断された男性
時間を絶対に守れないという、イギリス人男性が最近専門医師の診断を受けた結果、驚くべき結果を告げられた。彼はなんと「慢性遅刻症(Chronic Lateness Condition)」であるというのだ。彼は物事に、どれだけ時間を要するかを判断することができない、不治の状態にあることが判明した。

続きを全部読む

【二度寝】JR西日本「六地蔵駅」の営業開始が遅延した原因が正直すぎて和むと話題に

誰にでも失敗はある。そして、誰でも寝坊するときはある。さらに寝坊だけではなく、一度は起きたがもう一度寝てしまう「二度寝」することもよくある話だ。そして二度寝は気持ちいい。

2012年10月29日、JR西日本・奈良線の六地蔵駅の営業時間が遅れるという事象が発生した。JR西日本は公式サイトのプレスリリースにて、その事柄の詳細をまとめているのだが、営業時間が遅れた「原因」があまりにも正直すぎると話題になっている。

続きを全部読む