「赤塚不二夫」にまつわる記事

【無料】漫画『おそ松くん』読み放題スタート! 読破してアニメ「おそ松さん」に備えるザンス

ついに……ついに『おそ松さん』が帰って来る! 2017年10月2日からアニメ2期が始まるぞぉぉぉー!! この時を、今か今かと待ち望んでいた人は少なくないだろう。何を隠そう、私(K.Masami)もその一人。楽しみ過ぎて待ちきれず、最近は1期を見直して予習しているところだ。

そんな「おそ松」クラスタに朗報だ。なんと今日9月29日よりアニメの基となる『おそ松くん』の漫画が、電子書籍販売サイト「eBookJapan」にて無料配信されるのだ。読めばブラックユーモアが見え隠れする『おそ松くん』は、「おそ松さん」たちの幼少時の姿であると一目瞭然。それじゃあ、いくザンスよ! 

続きを全部読む

【マジかよ速報】実写版『天才バカボン』ファミリーが「アノコレ袋」に登場 / 人気芸能人が質問に答えてくれるってよ!

記者(私)のような一般庶民にとって、芸能人は雲の上の人である。テレビで活躍しているあの人って、実際はどんな人なんだろう? 聞いてみたいけれど聞く機会がない。だって、雲の上の人だから。

もし、芸能人に質問できるとしたら、それってとってもうれしいヨネ! 

なんと、そんな夢を叶えてくれるWEBサイトが存在するのだ。質問に答えてくれるのは……実写版『天才バカボン』ファミリー!!! わお、西から昇ったお日さまが東へ沈みそう!!!

続きを全部読む

【悲報】ニートなのに日本一忙しい6つ子がアドビの宣伝担当に就任したらしい 「ニートなのに働いてるじゃん!」

ご存じのとおり、ニートというのは何もしていない人のことである。何もしていないのだから、有名にだってなれないのである。もし、ニートでも有名になれるなら、記者(私)だってマッハ・ゴーゴーでニートになる。妹には申し訳ないが、「お前の兄ちゃん、ニ~ト~(笑)」とかバカにされていようが、そんなの関係ねえ!

さて、今、超絶人気のテレビアニメ「おそ松さん」の6つ子たちが、3月3日より期間限定で、アドビシステムズの学割セール宣伝担当に就任したらしい。赤塚不二夫先生の漫画『おそ松くん』をリメイクした「おそ松さん」の6つ子たちって、パチンコ好きでニートって設定じゃなかったっけ……?

最先端のクリエイティブツールをサーブする神のような存在であるアドビ様の学割セール宣伝担当がニートの6つ子。本気か、アドビ。ごめん、兄ちゃん、今すぐニートになる。

続きを全部読む

【速報】『おそ松さん』が早くもフチ子化キタァァァアアア! 十四松やトッティがあなたのコップのフチに舞い降りる!!

2015年秋アニメの中でも、伝説の地上波1話再放送での大修正DVD&BD未収録など、いろんな意味で話題になっている『おそ松さん』。話題先行のアニメかと思いきや、9話の「恋する十四松」では芯の通った感動系の話をぶっこんできたりと、なかなかに侮れない実力を見せている。

そんな今期のじゃじゃ馬No.1兼ダークホースであるこの作品。なんと早くもフチ子化が決定したぞ。公開されたイメージを見てみると……ふむふむ、6つ子たちの個性がしっかり出ているじゃないか! これは期待できるんじゃないだろうか?

続きを全部読む

「おそ松くん」が大人になった2015秋アニメ『おそ松さん』が無茶しすぎィィイイ! 赤塚先生が墓から蘇ってキレるレベル!!

昭和の名作ギャグアニメ「おそ松くん」。私(中澤)が子供の頃、夕方くらいに再放送がやっていて、メインキャラの一人であるイヤミの「シェー」は小学校でも真似してるヤツが多かった。「おそ松くん」の最初の放送は1966年。私が小学校低学年だったのは1990年頃。約25年が経過している。

つまりこのアニメは、時代の移り変わりに関係なく子供達の心をつかむ力を持っている “不朽の名作” と呼ぶにふさわしいものだ。そんな「おそ松くん」の2015年版リメイク『おそ松さん』の1話が先日放送されたのだが、色んな意味でヤヴァすぎて話題になっている。

続きを全部読む

ギャグ漫画好き必見! 日清カップヌードルごはんが「天才バカボン」4コマ漫画のオチを募集してるぞ~ッ!!

ギャグ漫画をこよなく愛する皆さんに朗報だ。フタを開け、水を入れてレンジでチン! とリニューアルして作り方がよりカンタンになった日清カップヌードルごはんが、ネット上でユニークな企画を展開しているぞ。

その企画とは、4コマ漫画のオチを考えるというもの。その名も、米(コメ)だけに「4コメ漫画キャンペーン」。しかも題材になっているのは赤塚不二夫先生の名作『天才バカボン』。あなたはこの4コマをどのように落とす?

続きを全部読む

漫画家・著名人が愛する老舗台湾料理店の特製からすみ入り焼き飯 / 東京・西新宿5丁目「山珍居」

今話題の料理研究家、園山真希絵さんが絶賛する老舗の台湾料理店が東京・西新宿5丁目にあるという。彼女が過去にレポートした記事によると、そのお店「山珍居」は名高い漫画家や著名人が多く訪れるお店なのだとか。実際にお店を訪ねると、店内にはずらりと新旧著名人のサインが飾られているのである。ここのおすすめ、特製からすみ入り焼き飯(2000円)を食べてみた。焼き飯に2000円は少々高いのだが、著名人をうならせるだけの味に納得!

続きを全部読む