「能登」にまつわる記事

石川県民が東京に出たら『茶碗豆腐』がなくて衝撃を受けた…石川の豆腐の中には「カラシ」が入ってる! 知らないで食べるとロシアンルーレット / でもウマい

東京に来たらあの食べ物がなかった! アレって地元だけだったの? 地方から上京した人なら一度は経験したことがあるだろう。

ある石川県出身者(30代)は、上京当時、東京にはある食べ物がないことに、いや、存在すら知られていないことに大きなショックを受けたのだという。それは『茶碗豆腐』。東京にないどころか県内にしかないと知り、ビックリしたのだとか。

もちろん関西出身の私(沢井)も知らなかったのだが、「あー知らないんだ。美味しいのに」と微妙に同情された気がした。そんなにスゴイものなの? 実際に食べてみることにした。

続きを全部読む

ホームセンター『ロッキー』のうどん(230円)がウマい /  “おつゆシステム” がインパクト大! うどんチェーンも太刀打ちできないレベル

都会のオアシス「ホームセンター」! 食品、衣料品、日用品からプロユースの工具まで何でもござれのパラダイス。さて、そんなホームセンターには各地を治めるがごとく “武将” 的な存在があるもの。近畿なら『コーナン』、東京なら『島忠』、そして石川県能登地方なら……『ロッキー』だ。

さてさてこの地の英傑はどんなものじゃ、とパトロールに行ってみたところ……思わず二度見、いや、三度見する勢いのあるものを発見! ホームセンターで、アツアツのうどんが売られていた。しかも見たことないシステムだった。

続きを全部読む

【ウマすぎ注意】塩しか入れてないのに…『珠洲の藻塩』を使った料理のコク深さに驚いた! 藻塩があればダシも化学調味料もいらないぜ、マジで!!

調味料と呼ばれるものは星の数ほどあるが、どこの家庭にも必ずあると言っていいのは「塩」だろう。あまりにも身近すぎて、塩の違いなんて深く考えたこともなかったが、先日、とんでもない個性を発揮している塩に出会ってしまった。

何の気なしに使ってみたところ、ダシも化学調味料も入れずして、コク深い料理ができてしまったのだ! 塩を変えるだけで、こんなに料理も変わってしまうなんて……おぬし、いったい何者だ!?

続きを全部読む

【猫地獄】日本海にある「猫地獄」はこんなところだった / 石川県輪島市

石川県には地獄がある──。石川で地獄と言えば、かつてノーパンしゃぶしゃぶ地獄があり、今も数々の地獄をめぐることができる「ハニベ岩窟院」が有名だ。

だが、県内にはまたひとつ地獄があった。その名も「猫地獄」! 能登半島の奥にある輪島市には「猫地獄」という地があるという。ニャンコがワンサカいるなら天国だが、反対に地獄とは、いったいどんな場所なのか……実際に行ってみた!

続きを全部読む

『ゴーゴーカレー』なのに超高級な限定「あわびカレー(5500円)」を食べてみた! 高いけどウマすぎて後悔なんてあるわけないっ / 石川県輪島店

ゴぉゴぉカレー♪ ゴーゴーカレーーー♪ の歌でお馴染みの金沢カレー『ゴーゴーカレー』! ドロっとした濃いめのルゥと白ごはん、そしてシャキシャキの千切りキャベツを一緒に食べると幸せが訪れる。安くてボリュームたっぷりなのも嬉しい。

『ゴーゴーカレー』には、いくつかの店舗でオリジナルメニューが提供されているが、そのなかに超高級なご当地メニューがあるのをご存知だろうか? まず値段を見て膝がガクガク震えた。なんと5500円!! ゴーゴーカレーなのに安倍首相が食べた高級カツカレーより高価なカレーは、石川県・輪島店限定の「あわびカレー」である。

続きを全部読む

石川グルメは寿司だけじゃない! 地元民がオススメする安くてウマイ店『八幡のすしべん』に行ってみた

石川県は海の幸、山の幸、何を食べても美味しい! 有名な店は、星の数ほどあるが地元民が愛する店こそ、真の地元グルメと言えるのではないだろうか? 

地元民に「県内の人なら知ってて、美味しくて、かつリーズナブルなオススメの店を教えてください!!」と聞いてみたところ、出てきた答えは『八幡(やはた)のすしべん』。「すしべんの “もつ煮” はマジで絶品なので食べてみてほしい。うどんとか、ラーメンもある」という。むむむ、コリャ一体何屋さんなのか? 気になったので実際に行ってみた!

続きを全部読む

【石川グルメ】石川に行ったら是非食べて! 県外にほぼ流通しない幻の和牛「能登牛」は牛肉の概念をくつがえすウマさ / 甘い肉質はまるでブリトロ!!

2015年3月14日に開業を控える北陸新幹線。終点である金沢市を有する石川県と言えば、何と言っても海の幸! ……だけじゃない!! すばらしい肉質を持つ「黒毛和牛」の産地でもあるのだ。

その名は「能登牛(のとうし)」。食通もうならせる味でありながら、流通量が極めて少ないため “幻の和牛” や “伝説の肉” とも呼ばれているそうだ。……そんなにウマいなら食べてみたい。せっかく金沢まで来たんだから食べずには帰れない!! ということで、能登牛認定のお店に肉を食べに行ってみたぞ!

続きを全部読む

日本では「緑色の桜」も咲く / レタスくらい緑な『御衣黄桜(ぎょいこうざくら)』

日本文化を象徴する花と言えば桜! 桜と言えば淡いピンク色。逆にその色を「桜色」と呼んだりするくらいである。

だがしかし……!! ピンクだけが桜じゃない! 日本では「緑色の桜」も咲くことをご存知だろうか? 「残念、葉桜でしたー」、なんてオチではない。本当にレタスくらい緑な桜の花が咲いているのである。

続きを全部読む

【石川グルメ】めったに流通しない食材で作られたご当地グルメ『能登島バーガー』をご存じでござるか?

地元の食材を使ったご当地グルメは数多くあるが、石川県には、従来の概念をくつがえす人気の「ご当地ハンバーガー」があるという。でも、美味しいと言ってもハンバーガーでしょ? 本当にそんなにスゴイの? 実際に食べてみたぞ!

・『能登島バーガー』白と黒

噂のご当地バーガー『能登島バーガー』があるのは、石川県の七尾湾に浮かぶ能登島だ。島内にある「ひょっこり温泉」という温泉施設に併設された食堂で販売されている。能登島バーガーは2種類ある。豚肉を使ったものが「白」で、魚介を使ったものが「黒」だ。

続きを全部読む

遭遇率98%! 石川県七尾湾ではほぼ確実に野生のイルカに会える / 能登島のイルカウォッチング

高い知能を持つ海の哺乳類・イルカ。「キュッ!」という泣き声と微笑むような表情が見る者を癒してくれる。

日本近海でも野生のイルカを見ることができるが、海に出ればほぼ確実に野生のイルカに出会える場所があるそうだ。それは、石川県にある七尾湾。こちらでは90%以上の確率で野生のイルカを見ることができるという。早速見に行ってみたぞ!

続きを全部読む

【衝撃UFO伝説】江戸時代の日本にもUFOが来ていた!?  昔の人「鍋のフタが飛んで来て人をさらう」

ロマンとミステリーの塊、未確認飛行物体「UFO」。一般によく知られるようになったきっかけは、「空飛ぶ円盤」という言葉を生み出したアメリカのケネス・アーノルド事件(1947年)や、アダムスキー型UFOの語源にもなったジョージ・アダムスキーのUFO写真(1952年)である。

何かと外国での目撃情報が注目されがちだ。だが、石川県能登に伝わる民話によると実は、UFOは平安時代や江戸時代の日本にも来ていたかもしれないという。UFO伝説「そうはちぼん伝説」だ。

続きを全部読む

【石川スゲー】 石川県の博物館「コスモアイル羽咋」ではNASAやソ連の超貴重な宇宙船が至近距離で見られる

人類にとって最後にして最大のフロンティア「宇宙」!! かつてはアメリカと旧ソビエトが競い合って宇宙事業を進めていた。

そのNASAと旧ソビエトが開発し、現在の宇宙事業のいしずえとなったテクノロジーが、日本で展示されているのをご存知だろうか。そこには世界に1台しかない機体が何台もゴロゴロ! しかもモノによっては至近距離でじっくり見ることができるぞ。 

そんな夢のような場所は一体どこにあるんだ!? 東京でもない、大阪でもない。石川県の「宇宙博物館コスモアイル羽咋である。

続きを全部読む

【隠れ名産地】広島だけじゃない! 日本海で育った牡蠣はキュッとしまった身に旨味がたくさんつまってる / 石川県能登半島 

冬の味覚と言えば牡蠣(カキ)! 栄養豊富で他の貝類より濃厚でクリーミィな味は「海のミルク」とも言われている。

その牡蠣の名産地と言えば広島県である。もちろん広島の牡蠣は大ぶりで美味しいのだが、今回は牡蠣の隠れ産地をご紹介したい。石川県北部の能登半島も知る人ぞ知る名産地なのである。

続きを全部読む