「算数」にまつわる記事

【マジ難問】「小学3年生向けの算数の問題」にネット民が頭を抱える / あなたは解ける!?

子供の頃はスイスイと解けた算数の問題でも、大人になって問題を見たら難しく感じてしまう……というのはよく聞く話。特に、「最近は電卓ばかり使っている」という人にとっては、基本的な足し算&引き算でも時には難問に思えてしまうかも!?

例えば、今海外で話題になっている小学3年生向けの算数の問題は、きっと多くの人が「え!?」となってしまうのではないだろうか。実際に、何人もの海外ネット民が問題を見て頭を抱えているようなのだが……何これ!? そもそも算数の問題……なの!?

続きを全部読む

知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密

誰でも、小学生の時に必死で九九を覚えたと思うが、おそらく日常生活のなかで、一番よく使う算数が九九ではないだろうか。数学どころか算数さえ縁遠くなってしまった筆者でも、九九だけは「覚えておいて良かった!」と思えるからである。

そんな人々の生活に大いに役立っている九九。その9の段に驚くべき秘密が隠されているということを読者の皆様はご存じだろうか!?

続きを全部読む

あなたは分かる!? 小学生が警察に「算数の問題が分からない」とSOS → 警察が答えを間違える事態に!

毎日宿題に追われて、本当に子供は大変である。そして、なかには宿題の答えが分からないからと、警察に助けを求める大胆なキッズもいるようだ。

なんでも、10歳の少女が算数の問題にお手上げとなり警察にSOSしたところ、その問題に挑んだ警察が答えを間違ってしまったというのである!

続きを全部読む

「乗客は何人?」7歳向けの “算数の問題” に混乱する大人続出

世の中には「よく分からない問題」が存在する。例えば今、ネット上を騒がせている問題などがそうだ。パッと見は簡単。でも、正解を聞くと……「ええ? それ、本当に正解なの?」と多くの人が混乱してしまう問題だ。

しかも話題になっている問題は、小学1〜2年生用なのだとか。一体どんな内容で、人々は何に混乱しているのだろう?

続きを全部読む

【頭の体操クイズ】5+5+5+5=555 この式に線を1本足して “正しい数式” にしてください

コチコチに固まった生き方より、人生はやわらか~く柔軟にいきたいもの。ということで今日も一発、頭の体操をして、しなやかでフレキシブルな脳をゲットだぜ!!

今回のお題は「5+5+5+5=555 この式に線を1本足して正しい数式にしてください」というもの。頭の柔らかさと、ちょっぴりの数学的センスがある人なら、こんな問題カンタンだよね? 早速チャレンジしてみよう!!

続きを全部読む

100歳でも現役バリバリ! 世界最高齢の算数の熱血先生がとっても前向き 「リタイアなんて言葉聞きたくないわ!!」

「もう歳だから……」と、いつから人は言い始めるのだろうか? 我が身を振り返ってみるとまだ若き10代の頃に、そう口にしていたような気がする。ただイキがっていただけなのだろうが、どう思うかは人次第のようだ。

というのも、今回紹介するある高齢の女性は、「もう歳だから」とは決して言わないからである。彼女は、100歳という年齢をものともせず、小学校で算数を教え続けているのだ!

続きを全部読む

【まんが】学生必見! 算数・数学の「平均」問題がよく分かる話

この世の中は「平均」であふれている。英語で言うならアベレージ。様々な数値の間(あいだ)を計算したら、だいたいこのくらいになりますよ、というのが平均値。野球の「打率」も平均値。ヒットをよく打つ打者は「アベレージヒッター」という。

そんな「平均」について、近ごろの大学生の4人に1人は理解をしていない……との新聞報道が過去にあった。一体なぜ理解できないのか。どうすれば理解できるようになるのか。その答えは、今回ご紹介するマンガに描いてある!

続きを全部読む

【解説あり】キミには解けるか!? 中国の小学校のテストで珍出題「この中から宇宙人を選びなさい」 

ときに、皆さんは宇宙人を見たことがあるだろうか? ほとんどの人が「ない」と答えるだろう。

中国の小学校の算数のテストで宇宙人に関する問題が出題されたそうだ。いくつかの絵が描かれているのだが、問題はそのなかから「宇宙人を選びなさい」というもの。ハァ!? 宇宙人なんか見たことないんですけどー! しかも算数!? 一見、意味不明な問題だが論理的な解答があるのだという。

続きを全部読む

インド人プレゼンツ!! 展開の公式 (a+b)² が a²+2ab+b² になる理由がすげーよくわかる動画

因数分解とは中学で勉強する単元だ。高校を経て大学受験でも使用する。文系でも少なくとも4~5年はお付き合いすることになるだろう。人間なら親友レベル、恋人なら結婚を考えてもいいくらいの年月だ。

一発で暗記できる人もいるかもしれない。だが、試験直前に暗記しては忘れ、忘れては焦りを繰り返す方も多いのではないだろうか。

数学の国・インドから因数分解の展開の公式「(a+b)²=a²+2ab+b²」の理由がすごーくよくわかる動画が公開された。小学校の知識のみ十分理解できてしまう解説に、インド人の発想スゲェェ!! と話題になっている。※(²←2乗)

続きを全部読む

あるウェブサイトに掲載された、メモ用紙に書かれた内容が話題を呼んでいる。
さて、あなたには分るだろうか?

【メモの内容】
・三人で食事に行きました。
・食事代は75ドルだったので、ひとり25ドルの割り勘にしました。
・レジで5ドルの割引があったので、2ドルをチップにし、残った3ドルを3人で分けました。
・つまり1人に1ドルが戻ってきたので、1人頭24ドル払ったことになります。

しかし、

$24×3=$72
$2(チップ)
―――――――――
$ 74

1ドルは、どこに行ったのでしょう?

続きを全部読む