「禁止」にまつわる記事

提供:日本ハム

【マジかよ】シャウエッセン、禁断の食べ方をOKにすると判明! この30年間は何だったのか?

日本最強のソーセージブランド、シャウエッセン。誰に習ったわけでもないけれど、物心がついた頃には「シャウエッセン = ソーセージ」だとインプットされているから恐ろしい。パリッとした食感は最高の一言で、まさに「美味なるものには音がある」だ。

そんなシャウエッセンが1985年の発売以来、初めて “あの食べ方” を解禁するという。絶対にダメだと教えられてきたあの食べ方を今さらOKにするなんて……! しかもあの食べ方だと、ボイルと比べて濃厚な味わいだというではないか。おい、日本ハム……この30年間は何だったんだ?

続きを全部読む

喫煙後は45分間エレベーターに乗るの禁止! 奈良県生駒市が発表した方針が話題に → どれくらい迷惑なのか吸いたてのおっさんと一緒に乗ってみた

タバコを吸った職員は、45分間エレベーターに乗ったらダメ! 奈良県生駒市において、明日2018年4月1日から実施される新たな受動喫煙対策が話題になっている。同市ではすでに、その旨が書かれたポスターも掲示されているようだ。

このニュースに「いいぞもっとやれ」と喜ぶ人もいれば、「いくらなんでもやりすぎでは?」と疑問を呈する人もいたりと反応は様々。そこで、これがどれくらい迷惑な行為なのかを体感するため、タバコを吸いたてのおっさんと一緒にエレベーターに乗り込んでみた。

続きを全部読む

【豊かな想像力】中国で “女子がバナナを食べる動画” が禁止に / 当局「卑猥なのはダメ」

人の想像力は果てしない。脳内のみとは言え、人間が持つ不可能を可能にする唯一の方法だそう。自宅にいながら世界を旅することもできる、この世に存在しないものを創り出したり、あるモノが別の何かに見えたり……。

ときに、2016年5月、衝撃的な一報が入ってきた。お隣・中国では「バナナを食べる女性の動画」が禁止されてしまったそうだ。その理由は「卑猥だから」である。

続きを全部読む

キレイだけど実は危険! 夜空に放つスカイランタンが火事・ヤケドの原因に / 世界各地で反対の声が高まっている模様

竹と紙袋、そして火だけで空に昇っていく “スカイランタン” 。お祭りのときなどみんなで一斉にスカイランタンを放つことがあるが、夜空に一斉浮かび上がるその姿は本当にキレイ。願いを込めて手を放した瞬間、ユラリと浮かび、真っ暗な空に消えていく……。ウットリ、とってもキレイだ……。

けれども、お空の向こうに飛んで行ったスカイランタンは、その後どうなるのだろうか? 実は、火を使って飛ぶスカイランタンが、火事やヤケドなどの原因になったという報告が続々となされているのである。

続きを全部読む

【理不尽】ポーランドで “クマのプーさん” がハレンチな存在に!?  理由は「プーは下半身裸だから」とのこと

ポーランドでは「クマのプーさん」が人気だという。首都ワルシャワには「プーさん通り」があったり、村の広場がプーさんで埋め尽くされたりと、様々な形でプーさんへの愛が示されてきた。

ところが、そんなプーさんがポーランドで “けしからん存在” になりつつあるというのだ。しかも、その理由が下半身を露出しているからというもの……。「詳しく話を聞かせてもらえますか?」と、関係者の肩をガクガク揺すりたくなるこのニュース。一体、プー大好き国ポーランドで、何が起こりつつあるのだ!?

続きを全部読む

飼い主が出かけた後に喜びを爆発させる犬の動画が話題 / 言いつけを完全無視してやりたい放題!

以前、ロケットニュース24では、兵役から戻った飼い主と犬との再会動画を紹介した。大好きなご主人様と再会を果たした犬が喜びを爆発させた動画である。その映像を見た人の中には、飼い主と犬との絆に感動するとともに「飼い主がいない時、犬は寂しがっていたんだろうな〜」と思った人も多いだろう。

しかし! 全ての犬がそうとは限らない。中には、飼い主がいない時だからこそ「いつも禁じられていることをやれるぜ!」とテンションが上がりまくる犬もいる。例えば、YouTubeで紹介されているこの犬のように。

続きを全部読む

格安航空会社スクートが12歳以下の利用を禁止した有料座席エリアを導入 / 海外では賛否両論の嵐

以前、ロケットニュース24では、航空会社「エアアジア」が設置した “クワイエットゾーン” についてご紹介した。これは、12歳以下の子どもの利用を禁止した有料座席エリアで、機内では静かに過ごしたいという乗客のために導入されたもの。当時、このサービスに対する反響は大きく、賛否両論の意見がみられた。

そんななか、今度はシンガポールの格安航空会社「スクート」が、12歳以下の子どもは利用できない座席の提供を始めた。そして、サービス開始に伴い、ネット上ではまたしても賛否両論の嵐が巻き起こっているのだ。

続きを全部読む

東京ディズニーが発表した「禁止行為」についてオリエンタルランドに聞いてみた / 守るべき点は2つ

東京ディズニーリゾートが発表した「お願い」がインターネット上で物議をかもしている。その「お願い」とは、公式サイトに掲載された「他のお客様等のご迷惑となる撮影および公衆送信は控えてください」というもの。

これを受けネット上では「公衆送信って何?」と議論が勃発。「ブログやTwitterに写真をアップするのもダメということ?」や「そもそも撮影も禁止?」と、さまざまな解釈を生んで注目を集めている。

ディズニーランドやディズニーシーで写真を撮るのも禁止になってしまうの!? 思い出を写真で残せないの!? Twitter とか Facebook でみんなと思い出を共有できないの!? 気になったので運営会社であるオリエンタルランドに問い合わせてみた!

続きを全部読む