「思い出」にまつわる記事

【閉店……】神保町のCDレンタルショップ「ジャニス」の思い出50連発

昨日2018年8月30日。東京・神保町にある老舗CDレンタルショップ「ジャニス」が、11月をもって本店を閉店すると公式サイトで発表した。このニュースは多くの音楽ファンに衝撃を与え、本日31日には「ジャニス」が Twitterのトレンドに入るなど話題になっている。

1981年の創業以来、その圧倒的な在庫量で熱烈な支持を集めるジャニス。今回は、そんなジャニスの思い出を「あるある形式」で振り返りたいと思う。私(あひるねこ)がよく通っていた旧店舗についてがメインとなっているが、ご了承いただければ幸いだ。ああ、我が青春の日々……!

続きを全部読む

【コラム】子供に自分の趣味を押し付けて炎上している大学教授がいるけど「うちの父のここだけは立派だった」って今になって思う話

どこぞの大学教授のTwitterが炎上している。すでに投稿は削除されているので詳細については割愛するが、自らの趣味であるミュージカルに興味を示さずゲームが大好きな我が子に「これが自分の子か」「今度楽しまなかったら許さない」などと投稿し批判を浴びたものだ。

大目に見れば親が我が子と趣味を共有したい気持ちはわかる。ただ押し付けであってはならない。そういう意味で私、P.K.サンジュンの父はとんでもない変人ではあるものの、今になって思えば「あ、ここは立派だったな」と思う部分が1つだけある。

続きを全部読む

【懐かしい】「めちゃイケ」全盛期に学校でマジで流行った “あのゲーム” の思い出

本日2018年3月31日、一つの時代が終わりを迎えようとしている。そう、「とんねるずのみなさんのおかげでした」に続いて、「めちゃ×2 イケてるッ!」が約22年間の歴史にピリオドを打つのだ。まさか「めちゃイケ」が終わる日が来るなんて……。

現在32才の私(あひるねこ)は、「めちゃイケ」全盛期の頃にちょうど10代だった。つまり「めちゃイケ」で育った世代と言っても過言ではないのである。当時、学校ではやはり「めちゃイケ」のコーナーを真似して遊ぶことが多かったのだが、私がもっとも印象に残っているのは何と言っても “あのゲーム” だ!

続きを全部読む

【おじいさんの日】約15年間ほとんど話さなかった祖父の「衝撃の遺品」を発見した話

本日2月2日は「おじいさんの日」だ。これは伊藤忠食品が制定した記念日で、「じい(2)じ(2)」の語呂合わせから来ているという。おじいさんと言えば、みなさんの祖父はお元気だろうか。私(中澤)の祖父は、高校生になったくらいの時に他界した。

生まれてからずっと同じ家で生活していた祖父。しかし亡くなるその時まで、私は祖父がどんな人間だったのかイマイチよく知らなかった。思い返してもほとんど話した記憶がないのである。そんな祖父が使っていたベッドで、衝撃の遺品を発見した時のことを話したい。

続きを全部読む

【あるある】小学生の頃、絶体絶命の大ピンチに陥った瞬間6連発!「先生をお母さんと呼んでしまった瞬間」など

2017年も盆休みを終え、多くの大人たちは仕事に励んでおられることだろう。社会人のみなさん、本当にご苦労様です! 一方で、学生たちはまだまだ夏休みの真っ最中。残りの休みは約2週間だが、ちゃんと宿題は終わっているかな? 今からやればまだ間に合う! ……ハズだ。

それはさておき、今回は『小学生の頃に絶対絶命の大ピンチに陥った瞬間6連発』をお届けしたい。大人とは違う独自の価値観があった小学生時代。今思えばピンチでも何でもないことでも、当時は「ヤバい……」と絶望の淵に追いやられたものだ。

続きを全部読む

物を捨てられない人は必読! 写真に撮れば「思い出の品」も思い切って処分できるらしいぞ!!

なかなか物が捨てられないという人がいるが、いつの間にか不要な物が増えてしまい、ドンドン部屋のスペースを食い尽くしてしまうことがある。

そんな人に、とっておきの方法があるというので紹介したい。「思い出が詰まっていて捨てられない……」と思う物でも、写真に撮っておけば簡単に断捨離ができるようになるというのである!

続きを全部読む

私が「ヤマザキの大福」依存症だった頃の話

薬物、ネット、買い物、大人のビデオ……世の中には様々な依存症が存在する。自分が抱える依存を自覚している人、全く自覚していない人、なんとなく不安に思いつつ無視している人など色々いるだろう。筆者にも、「あれは依存だったのではないか」とボンヤリ思い出されることがある。

それは「ヤマザキの大福」。筆者はかつて「ヤマザキの大福」に依存していたような気がするのだ。今回は、そのときのことをお伝えしたい。

続きを全部読む

【FF15発売記念】ファイナルファンタジーの思い出70連発!

本日2016年11月29日、ついに全世界待望のゲーム『ファイナルファンタジー15』が発売される。『ファイナルファンタジー』といえば、『ドラゴンクエスト』と並んで日本が誇る超人気RPGだ。そこで今回は、発売を記念して『ファイナルファンタジー』、通称FFの思い出を語ってみようではないか。

1987年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された『ファイナルファンタジー』。長い歴史を持つ作品のため、当然ファンの年代も幅広い。私(あひるねこ)はアラサーなので、特にアラサー世代にとっての思い出をあるある形式でお送りしようと思うぞ。FF、それはまさに我々の青春そのものであった!

続きを全部読む

提供:ゼンリンデータコム

【動画あり】雪まつりついでに札幌観光を10倍満喫する方法「朝の雪像掃除」→「観光地図でディープスポット探索」→「ライトアップ」→「取り壊し」

2016年は約242万人が訪れたという日本最大級の雪と氷の祭典、それがさっぽろ雪まつりだ。同イベント目当てに札幌まで足を運んだことがある人も多いだろうが、ひとつ質問したい……「あなたは雪まつりを、そして札幌観光を十分に満喫しましたか?」と。

札幌を訪れたことがある人ならご存じだろうが、意外と札幌には観光名所が少ない。2年ほど札幌に住んでいた筆者がいうのだから間違いなく……少ない。グルメで満たされるのもいいが、今回は観光地図を使って「さっぽろ雪まつりと札幌観光を10倍楽しむ方法」をご紹介しよう。

続きを全部読む

45秒に愛が一杯詰まった映像に感動! 認知症の夫が1枚の写真をきっかけに「妻とのある夜」を思い出す展開に涙!!

デジタルカメラの時代が到来して以来、昔に比べると、写真を現像してアルバムに収めることが少なくなっているように思う。アルバムを引っ張り出して想い出に浸ったり、家族団らんのひと時に、アルバムが登場する機会が減っているかもしれない。

いま人々の想い出を引き出す ‟写真のマジック” を描いた45秒ほどの映像「ifolor GRACE, Christmas commercial」が、感動を呼んでいるので紹介したい。認知症の夫が1枚の写真をきっかけに、「妻とのある夜」を思い出す展開が涙なしでは見られないのだ!

続きを全部読む

【思い出の拷問】10代で “出会った” 2つの拷問が今でも忘れられない件

相手を痛めつけ、尊厳を踏みにじり、肉体的・精神的に苦しめる「拷問」。もちろん……もちろん、自分は関わりたくないものだし、この世から抹消すればいいとも思っている。それでも、なぜだろう? 正直言って、ほんの少しだけ気にもなる……きっとそういう人も多いだろう。

私(筆者)もそんな一人だが、10代で出会って以来、心に住み着いてしまった2つの拷問があるのだ。あれは……一体……なんだったんだろう? と今日も空を見上げては、ぼんやりと思い出しているのだ。

続きを全部読む

【真似したくなる感動】「目標をください」と人々に頼み続ける1人の男性 / その背景に隠されたある少女との “別れと約束”

「さよならだけが人生だ」と作家・井伏鱒二が記したように、人生は別れに満ちている。しかし、別れに慣れることはなく、その度に新鮮に悲しいものだ。二度と会うことはないと分かっていても、相手の記憶の中では生きていたいと思ってしまうこともある。

そんなとき、あなたならどうするだろうか? ユーミンが歌ったように「憎んでも覚えてて」と、相手に強烈な感情を植え付けるだろうか? ところが今回紹介する少年と少女は、1つの約束を交わして、互いの思い出の中に生き続ける道を選んだのだ。

続きを全部読む

【コラム】なぜ人は頼まれてもいないのに一度は目をつむったまま自転車をこいでしまうのか?

幼い頃を思い返してみると、無邪気だったのか単なるバカだったのかはわからないが、「なんであんなことをしたんだろう?」と不思議に思うことが、誰しも一つや二つあるハズだ。

統計を取ったわけでもないし、大々的に聞きまわったわけでもないが、おそらく誰もが『目をつむって何秒間自転車に乗れるのか?』と、チャレンジしたことがあるはずだ。

続きを全部読む

のぞいた瞬間タイムスリップ! 思い出の「あのときあの場所」を即座に体感できちゃうカメラアプリ『Yesterscape』

そのアプリを使用して目の前に広がる景色を見た瞬間、即座に思い出の「あのときあの場所」へタイムスリップできる。こんなこと、あなたは信じられるでしょうか。

iPhone対応の新アプリ『Yesterscape』は、GPSはもちろん加速度センサーやジャイロ、コンパスなどiPhoneのセンサーをフル活用し、撮影した写真を「まるでそこに過去への窓を作るかのように」残すことができる世界初のアプリ。

つまり、現在の景色の上に、場所はもちろん位置・方向・傾きなどの条件すべてを一致させた状態にある過去写真を重ね合わせることができるため、まるでタイムスリップしているかのような感覚を味わえてしまう、というわけなのですっ。

続きを全部読む

SNSは記憶のリマインダー!? 研究者「Facebookなどにより失恋がより乗り越えにくいものになっている」

失恋をしたとき、相手のことをなかなか忘れられずに辛い想いを引きずってしまうという方、もしかしたら日頃からFacebookにどっぷりハマっていないだろうか。最新の調査によると、FacebookなどのSNSが忘れたいことを忘れさせず、失恋をより乗り越えにくいものにしているという。

続きを全部読む

母乳を思い出として残しておける「母乳アクセサリー」が海外ママたちに人気 / ネットでは「キモイ」の声も

我が子を母乳で育てた経験のあるママたちなら、その体験がいかに貴重なものであるかを実感していることだろう。子どもにとっては、長い人生のなかで最初に体験する母とのスキンシップの時間でもある。

その貴重な体験を形にして、いつまでも残しておけるようにと考え出された「母乳アクセサリー」なるものが、いま海外で人気を呼んでいる。自分自身の母乳をアクセサリーにすることで、授乳時のわずかな期間を思い出として残すことができるため、新米ママたちから注文が殺到しているそうだ。

続きを全部読む

自らの人生を毎日1秒だけ録画し1年で6分間の動画を完成させた男「生き方が変わった」

日々の生活の1秒間を毎日記録し続けた、ある男性の動画が話題だ。「1 Second Everyday – Age 30」というタイトルの動画には、何気ない日常の風景から、世界的な出来事まで、毎日1秒ずつ一年分が記録されており、約6分間の映像に仕上がっている。

続きを全部読む