「マーラーリスト」にまつわる記事

【裏メニュー】なか卯の「麻辣親子丼」を食べたことがある? 七味と山椒を越えた味わい! 究極のだし旨×シビ辛だった

だし旨プルプル卵の親子丼が人気の「なか卯」。そのなか卯で、こんな「裏メニュー」ができるようになったことをご存知だろうか? それは「麻辣(マーラー)親子丼」だ。

あの優しい味わいの親子丼を麻辣化だなんてなんたる暴挙!……と思うのは少し待ってほしい。だって、ウマかったんだもの。

続きを全部読む

びっくりドンキー『麻辣バーグライス』の「こういうのがいいんでしょ感」→ マジでこういうのを待ってたよ!

2020年1月29日、びっくりドンキーにある新作メニューが登場した。それは『麻辣バーグライス』。ご飯の上にハンバーグ、そしてその上に麻辣ソース、さらにナムル、最後に目玉焼きをドンドンドンとのせたメニューである。

ご飯もハンバーグも麻婆豆腐味もナムルも卵もみんなが大好きなヤツじゃん! 何その好きなもの全部のっけちゃいました〜こういうのがいいんでしょ感。ええ、好きですとも。ひたすら欲望に忠実な感じ、嫌いじゃない!

続きを全部読む

【想定外】やよい軒「四川麻婆豆腐とから揚げの定食」に花椒を限界トッピングしたらこうなった

さすがです、やよい軒さん! 2020年1月7日、定食チェーン『やよい軒』から「四川麻婆豆腐と唐揚げの定食(税込890円)」が誕生した。麻婆豆腐と唐揚げとは誰もが満足の王道の組み合わせ! しかも麻婆豆腐は奥深い味わいの本格派だ。

この麻婆豆腐は土鍋でグツグツ、この寒い季節に鬼リピ決定のウマさなのだが、さらに1つ売りがあった。それは別添えのラー油と花椒パウダーを追加することで「理想の辛さに調整できる」ということ。理想の辛さとはどのレベルをさすのだろうか。

続きを全部読む

【麻辣】業務スーパーの「担担麺の素」を100倍ウマくする方法 / 業スーに売ってる○○をチョイ足し → 舌はビリビリ胃袋アツアツ! 箸がとまらない味わいに!!

「麻(マー)」はシビレのマー♪ 「辣(ラー)」は辛いのラー♪ 思わず歌ってしまうほど麻辣大好き・沢井メグです。麻辣が好きだ好きだと各所で言っていると、SNSなどで「このお店の麻辣が美味しいですよ!」なんて情報をいただくことも増えてきた。ありがとうございます!

ここ数カ月、そんな風にたくさんの方から推薦いただいた麻辣商品がある。それは業務スーパーの『四川担担麺の素(3食212円税込)』だ。実際に食べてみると「これは好きな人多そう!」という味。だがしかし!!!! それをさらに100倍ウマくする方法を見つけてしまったのでご報告だ。

続きを全部読む

【徹底比較】コンビニ3社の『麻婆豆腐』で最も辛くてシビれるのはどれだ! ローソン、ファミマ、セブンの麻婆豆腐丼を食べ比べてみた

日本の国民的中華ともいえる「麻婆豆腐」。日本における歴史は意外と新しく、1970年代に中国料理人の陳建民さんが四川の麻婆豆腐を日本風にアレンジして広まった。そんな日本の麻婆豆腐は2019年のいま、麻辣ブームに乗って本場の風を再び取り入れようとしている。

コンビニの麻婆豆腐にも「四川風」や「花椒(ほわじゃお)を効かせた」といううたい文句が並ぶが、果たしてどれほど本場風なのだろうか? 気になったのでローソン、ファミマ、セブン3社の麻婆豆腐丼をじっくり比較してみた!

続きを全部読む

【麻辣】吉野家とすき家の「麻辣鍋」をガチ比較! マーラー好きが出した答え「そもそも勝負になりません」

シビれる「麻(マー)」と唐辛子の「辣(ラー)」が織りなす魅惑の味わい……いま外食産業における麻辣がアツい! 2019年10月に発売となった吉野家『麻辣牛鍋膳』はあまりの美味しさに震えた人も多いだろう。そして、すき家も伝説のメニューを麻辣化、さらに12月に『四川風牛すき鍋定食』を発売した。

『四川風牛すき鍋定食』だなんて、吉野家の『麻辣牛鍋膳』に真っ向勝負かけてます!? 果たしてどちらがウマいのか、どちらを食べるべきなのか……マーラー好きがガチで比較してみた! 

結果、導きだした答えは「そもそも勝負になりません」

続きを全部読む

【麻辣】すき家『四川風牛すき鍋定食』を食べてみた / 麻辣好きはスパイスの追加がマスト! さもなければ……

2019年12月11日、すき家の冬の定番『牛すき鍋定食』が帰ってきたー! これが出ると冬が本格的にやってきたという感じがする。そして今年はこの牛すき鍋シリーズにニューフェイスが登場だ。それは『四川風牛すき鍋定食(並830円)』である。

すき家の牛すき鍋にも麻辣の波が!!!! 麻辣といえば吉野家の『麻辣牛鍋膳』がマーラーリスト2019の鬼ヒットであったが、すき家の方はどうなのだろう?

続きを全部読む

【麻辣】すき家の “伝説メニュー” も麻辣化!『四川風 食べラー・メンマ牛丼』は甘辛×シビ辛! 日本食がこんなに麻辣と合うなんて…!

日本でも、シビ辛い中国の味「麻辣(マーラー)」や「マー活」という言葉を耳にするようになって久しいが、先日の記事で紹介した吉野家の『麻辣牛鍋膳』は最高だった! 8番らーめんの『野菜麻辣らーめん』も良かったし、2019年は外食チェーンにおける麻辣のアタリ年なんじゃないか!?

そんななか、すき家でも麻辣グルメが登場したという。それは『四川風 食べラー・メンマ牛丼(並盛520円)』だッ!! すき家のレジェンド商品を麻辣化。いったいどんな味なのだろうか? 麻辣好きが食べてみた!

続きを全部読む

【麻辣】激ウマ吉野家『麻辣牛鍋膳』をさらに現地っぽい味にする方法3つ

いま吉野家がアツい。2019年10月に登場した『麻辣牛鍋膳』が鬼ウマ! 現地中国で麻辣燙専門店として出してもおかしくないほどの味わいなのだ! 日本でこのレベルの麻辣を打ち出した吉野家は神。そしてこの味を作り出した中華の鉄人・陳建一さんも神。

だが人間とは欲深い生き物だ。麻辣燙を彷彿とさせるほど美味しいなら、本物の麻辣燙屋みたいに辛さを調整してみたい…好みの具材を入れてみたい。

続きを全部読む

【麻辣】吉野家の『麻辣牛鍋膳』が鬼ウマ最高! 味はもはや麻辣燙、日本のチェーン店史上最もリアルな味わい / 中国で専門店を出してもおかしくない

寒い、急激に寒い! そろそろ温かい鍋が恋しくなるこの季節、吉野家に『牛すき鍋膳』が帰ってきたぞォォォーッ!! ハフハフッと食べるアツアツの牛すき鍋膳、最高す!

そして同時に発売されたのが『麻辣牛鍋膳』。シビ辛い麻辣味の鍋が登場したのだ。フーンと思って食べてみたところ……結論から言おう。メッチャうまい! メッチャ本格的!! 麻辣好きも太鼓判も押したい鬼ウマ鍋だったのだ!

続きを全部読む

フジパンさん、麻婆豆腐をサンドイッチに入れてしまう 『スナックサンド花椒香る四川麻婆風』はどれほど四川で麻辣なのか? 実際に食べてみた

中国人にはトーストにラー油を塗って食べる人がいるらしい。そんな情報を元に、以前の記事で、中国伝説のラー油「ラオガンマー」を挟んだサンドイッチを紹介したが、日本にもピリ辛中国料理を挟んだパンが存在した。

2019年10月にフジパンが『スナックサンド花椒香る四川麻婆風』を発売! その味はどんなものなのか実際に食べてみた。

続きを全部読む

【麻辣】サクサク骨なしケンタッキー<四川風麻辣味>は “本場の味” としてマジで推せる / 店に入った瞬間、完全に中国のニオイになっていた!

少し前、中国人にこんな質問をしたことがある。「中国で一番人気のファストフードって何?」すると彼らはこう答えた「やっぱりKFCかな」。理由を聞くと、「中国人は鶏肉が好きだから。外資系のファストフードではKFCが一番馴染みやすい」なのだという。へーえ……。

と、そんなKFCから麻辣味のチキンが登場した! さっそく買いにいったところ、店内は「ここは中国か?」と錯覚する香りに包まれていた。

続きを全部読む

何度でも言うけど「麻婆豆腐」の “麻(マー)” の意味は「シビレの “麻(マー)”」じゃないからね / 本当の意味を知ってる? 知ってる人は自慢していい

知っている人にとっては “当たり前”。でもよくよく見まわすと、あれ、意外と知られていなかった!? 誰だってそんな知識の1つや2つをお持ちではないだろうか。

今回、ピックアップしたいのは『「麻婆豆腐」の “麻(マー)” の意味は「シビレの “麻(マー)”」ではない』という知識。これ、意外と知らない人は知らないみたい! 知ってる人は自慢してエエんやで!

続きを全部読む

【麻辣コラム】結局のところ “麻辣(マーラー)” って何なの? なぜ今になって流行し始めたのか

2019年は空前の “麻辣(マーラー)”ブーム! 2017年「マー活」という言葉が生まれ、もはや「麻辣」がどんな味かは注釈をつけなくても、何となく伝わる時代になったのではないだろうか?

2003年に中国に渡り、麻辣に魅了された私(沢井)としては、嬉しい限り! でもどうして今になってブームになっているのか? そもそも麻辣って何なのさ。

続きを全部読む

【麻辣】ファミマの『クセになるポテトチップス花椒味』に新時代を見た! 食べた瞬間、自分の舌がイカれたかと思った

世間は空前の麻辣ブーム。そのなかで最も麻辣にチカラを注いでいるのがファミリーマートではないだろうか? 2019年夏、毎月、毎週のように麻辣商品が発売され、しかもファミマ限定商品も多い。

今回、食べてみたのもそんな限定商品のひとつ。パンダ柄が可愛いポテトチップスである。

続きを全部読む

【麻辣】『暴君ハバネロハバ麺・汁なし担々麺味』がマジ中国! ひと口で中国の田舎にトリップする味 / ただし思い浮かんだのは担々麺でなく人民的オヤツのアレ

麻辣! 麻辣! 麻辣!! シビ辛ブームという名にふさわしく毎週、何かしら麻辣なお菓子やカップ麺が発売される今日このごろ。本格的なものから流行に乗っただけの “ビジネス麻辣” まで玉石混交だ。

マーラーリスト沢井としては、そのなかから「美味しい!」と感じたものを紹介しているのだが、先日食べたスナック菓子が完全に人民の味だったので報告したい。『暴君ハバネロハバ麺・汁なし担々麺味』である。

続きを全部読む

【麻辣】“花椒カラムーチョ” の花椒の香りが類まれな爽やかさ! お口の中が麻辣のお花畑や~ / パッケージの仕掛けもジワった

全国のマーラーリストのみんなー!! 2019年夏、麻辣界でファミリーマートが激アツなのをご存知だろうか? 次々とシビ辛「麻辣(マーラー)味」の商品が投入されているのだが、2019年8月20日にファミマ限定『スティックカラムーチョ花椒(128円)』が登場したぞ!

お馴染み湖池屋『カラムーチョ』の花椒味。ひと口食べると、なんと爽やかな香りなんでしょう。まさに花咲く花椒。この感じ、悪くない!

続きを全部読む

【麻辣】UHA味覚糖『麻ピー』がガチで本場の味! レジェンド菓子アライド『麻辣ピーナッツ』とどちらがシビれるのた食べ比べた結果

近年、ブームがきているという「麻辣(マーラー)」。花椒のシビれる辛さ「麻:マー」と唐辛子の辛さ「辣:ラー」な味がする中国四川を代表するシビ辛味のことだ。食べると食欲が揺り起こされ、ビリリッとシビれた後に飲む冷たい水がたまんねーッ!! 

さて、2019年夏も様々な麻辣お菓子が発売されたが、8月6日に『麻ピー』なるものが登場していたのをご存知だろうか。食べたところ、まぁ麻辣。レジェンド超えなのでは? というウマさだったのでご報告だ!

続きを全部読む

【麻辣】8番らーめんの「野菜麻辣らーめん」がウマすぎた! 香り高いシビ辛味と甘め肉味噌のコラボが神 / これは日本風麻辣の最高峰だ

おーい! みんなマー活してるかーッ!? 2018年頃よりブームがきた「麻辣(マーラー)」。一言でいうと「中国・四川の味」。花山椒の痺れる辛さ「麻:マー」と唐辛子の辛さ「辣:ラー」が合わさったシビ辛味のことだ。

私(沢井メグ)も麻辣を愛する者であり、麻辣をうたう新商品を食べては「目を閉じれば中国」だの「ビジネス麻辣は滅ぶのみッ!」と、つぶやき続けていた。麻辣にはウルサイ方だと自負している。そんなある日、めちゃくちゃ感動した麻辣に出会ったので報告したい。それは8番らーめんの「野菜麻辣らーめん」だ!

続きを全部読む