「ビヨンセ」にまつわる記事

「アジア人少年3人が歌うビヨンセの曲」がマジでスゴすぎて鳥肌もの! 圧巻のパフォーマンスは一見の価値あり!!

時として、大人を食ってしまうぐらいの存在感や、才能を発揮する子供が現れることがある。まさに、そんな末恐ろしいほどの才能を見せつけるキッズたちが、ネットで大きな話題となっているので紹介したい。

まだ幼いアジア人少年3人がテレビ番組で披露したビヨンセの曲が鳥肌もので、見ていてドキドキしてしまうような圧巻のパフォーマンスは、一見の価値ありなのだ!

続きを全部読む

提供:BOAT RACE振興会

【マジかよ】渡辺直美は歌唱力もハンパないことが判明 / 歌もダンスも上手いとかどこのアーティストだよ(笑)

“キレッキレのダンス” と聞いてすぐに思い浮かぶのが、お笑い芸人の渡辺直美さんだ。はちきれんばかりの豊満ボディからは想像できない、激しいパフォーマンスは圧巻である。

ダンスがハンパなくキレッキレなのは周知の事実だが、なんと歌唱力もハンパないことが今回明らかになった。ダンスだけじゃなくて歌も上手いとかスゴイな(笑)。

続きを全部読む

【レシピ大公開】高級すぎてギネス認定された 「約10万円のアイスクリームサンデー」の作り方動画

ニューヨークといえば、食文化や芸術など数々の分野で世界をリードする米国最大の都市である。そんなニューヨークに「世界最高級のデザート」が食べられるカフェがあり、各国のセレブに人気だという。

そこで今回は、そのカフェで実際に出されている『超高級アイスクリームサンデーの作り方』を動画とともにお届けしたい。以下の動画を見れば、自宅でも同じ味が再現できる……かもしれないぞ。

続きを全部読む

自撮り写真を完璧に! ビヨンセのスタイリストが写真をきれいに撮れる「光るスマホケース」を生み出して注目の的に!!

SNSやネットで自撮り写真を見かけることが本当に多くなった。なかには肌のトーンをきれいに見せたり、写真をアーティスティックな仕上がりに加工できるアプリを使用している人もいるだろう。

だが、いちいち写真を加工するのは結構面倒だ。そんななか、世界の歌姫ビヨンセのスタイリストが、「光るスマホケース」を生み出して注目を浴びているというので紹介したい。このスマホケースを使えば、写真をアプリで加工しなくても、きれいな仕上がりになるというのだ!

続きを全部読む

世界の歌姫 “ビヨンセ” と同名で悩む少女がネットで話題に!! 「私の名前もケイティ・ペリーよ」と同じ悩みのユーザーから励ましのコメントが続々

最近は、子供達に奇抜なキラキラネームをつけるのも珍しくなくなってしまったが、場合によっては本人の存在が名前負けしてしまうこともある。キラキラネームが流行っているのは日本だけでなく、海外でも子供に変わった名前やセレブと同じ名前を付ける傾向が強まっているようだ。

そんななか、世界の歌姫ビヨンセと同じ名前で悩む少女が、ネットで取り上げられて話題になっている。すると、彼女と同じように名前の悩みを抱えるネットユーザーから、 「私の名前もケイティ・ペリーよ!」といった励ましのコメントが続々と届いたというのだ。

続きを全部読む

男だけでビヨンセを! 結婚式のサプライズ動画が公開から1週間で再生回数1400万回突破と大ヒット中 / ネットの声「何てロマンティクなの」

結婚式にサプライズは付きものだ。友人から新郎新婦に向けたものや、新郎新婦が自分たちの両親のために用意したものなど、様々な形がある。そんなサプライズの中でも、現在1本の動画が話題を集めているので紹介したい。

内容はと言うと、新郎が新婦にダンスパフォーマンスを披露するというもの。それだけなら、「よくありがち」と思うかもしれない。ただ、そのパフォーマンスからは、楽しさと陽気さが十分過ぎるほどに伝わってくる。そのためか、動画は公開から1週間で再生回数1400万回を突破! 大ヒットしているのだ。

続きを全部読む

提供:ボートレース振興会

【衝撃】ボートレースのCMで踊りまくるダイナマイト・ボディーな女性の正体は!? ビヨンセでも長州力でもなくアノ人だった(笑)

以前、ボートレースのCMに登場するダンサーがひとりだけえらくふくよかだという話題をお伝えした。ネコの仮面をかぶり、色とりどりのボディースーツを着た、セクシーな女性ダンサー6名。しかし、そのうちのひとり、「ボートニャーレッド」だけ、すごく重量感のある体型なのである。この女性は一体、誰なんだ!?

続きを全部読む

ビヨンセ公認! ビヨンセのミュージックビデオを超絶クオリティーで再現した少年がネットで話題に

現在海外のネット上で、ある少年に大きな注目が集まっている。

その少年は、ビヨンセの大ヒット曲『Countdown』のミュージックビデオ(以下、MV)を自力で再現したのだが、その再現度があまりに高くて、ネット上で話題になっているのだ。

続きを全部読む