「ウィキペディア」にまつわる記事

【怒】Wikipedia(ウィキペディア)に大奮発して1000円を寄付した翌日…失礼すぎるメールが来た / タイトルは「もう たくさんです 正直に申し上げます」

今、この記事をスマホかPCなどで読んでいる人ならば、きっと誰もが1度は利用したことがあるだろうWikipedia(ウィキペディア)。その運営が寄付で成り立っていることをご存知の方は多いだろうが、実際に寄付したことがある人はいるだろうか?

おそらく、日本では割合的に「やったことない」人が多数派かと思われる。そのため、私のようにWikipediaから酷い仕打ちを受けた人だって少ないのではないだろうか。それはあまりにも非情すぎ…‥とグチる前に、何があったのかを説明しよう。

続きを全部読む

【大奮発】Wikipedia(ウィキペディア)に1000円を寄付したら「意識高い系の感謝メール」が来た / 寄付のお願いメールに3年連続で対応した話

Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。では、その “寄付してアピール” に応えてみたら……どうなるのだろうか?

──ってことを、記事に書いたのが2017年9月のこと。実際に寄付した結果はその記事を確認してもらうとして、今年もまた私はWikipedia に寄付してみた。しかも、今年は大奮発の1000円。すると……今までにないほど「意識高い系の感謝メール」が送られてきたので、報告したい。

続きを全部読む

「ゴチャゴチャ言わんとWikipediaにお金寄付したらええんや!」と思って寄付したら、ゴチャゴチャ言わずにはおれん気持ちになったんや!!

突然だが、あなたには “心の中の前田日明” が雄叫びを上げる瞬間ってないだろうか? 「どんな瞬間なのかさっぱりわかりません!」という読者のために説明すると、「ゴチャゴチャ言わんとやったらええんや!」的な気分というか、つまるところ「とにかく行動じゃボケ」的なモードの時である。

つい先日、私はそんな気分に襲われた。Wikipedia(ウィキペディア)の寄付依頼メールに対して、「激しく寄付を求めすぎ」とか、「錯乱したような催促メール」などとゴチャゴチャ言っているだけの自分が恥ずかしくなり、実際に行動(寄付)しようという気持ちになったのだ。行動を起こした後、あれほど速攻でゴチャゴチャ言うことになろうとは知らずに……。

続きを全部読む

Wikipediaからの寄付依頼メールを “放置” したら錯乱したような催促メールが来た / タイトルは「私から送る最後のメールです」

もうなんか、面倒くさいな〜と思ってしまったのよ。Wikipedia(ウィキペディア)に寄付するということが。名前やら、メールアドレスやら、クレジットカード情報やらを入力したり何やらの手続きがマジでダルいなと思って、以前の記事で「Wikipediaに寄付するつもり」的なことを言っておきながら、何もしなかったのよ。

でも今は、放置したことを少しは反省している。「良くなかった」と思っている。私がすぐに寄付しておけば、ウィキやん(Wikipedia)があんな催促メールを送ってくることもなかっただろうから……。

続きを全部読む

あのWikipediaから「申し上げにくいお願いですが」というタイトルのメールが届いた話 / 寄付したら1年後にこうなった

Wikipedia(ウィキペディア)に寄付したら、戸惑うほどにアツい内容の自動返信メールが来た──という記事を、以前に本サイトで公開したのだが、覚えているだろうか? 覚えていない方はその記事を参照していただくとして、簡単に言うと、1度寄付をしたらエゲつないほどに “ワンモア寄付” を求めるメールが届いたのである。

あれから1年──。再びWikipedia からメールが送られてきたのでレポートしよう。そしてそのメールもまた……パッションがエグい! タイトルは、「雄一郎さまへ ー申し上げにくいお願いですが – 単刀直入に申し上げます」だ。

続きを全部読む

Wikipedia(ウィキペディア)に寄付をしない自分に負い目を感じるネット民が海外で続出しているらしい「罪悪感で夜も眠れない…」など

掲載されている情報が100パーセント正確でないとはいえ、ちょっと何かを調べる時などにWikipedia(ウィキペディア)を開く人は少なくないだろう。

広告を掲載せず利用者の寄付で運営されている同サイトは、ページを開くと寄付を催促するバナーが飛び出して来ることがある。そして、寄付をせずにウィキペディアを利用するネット民の中で、そんな自分に負い目を感じる人が続出しているというのだ。

続きを全部読む

【知ってた?】Wikipedia(ウィキペディア)に寄付するとこうなる / 自動返信メールがアツい!

Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。今、インターネットを使ってこの記事を読んでくれている読者の中には、「あ〜あのバカでかいバナーのアレね」となる人も多いことだろう。

では、その “寄付してアピール” に応えて、実際に寄付したらどうなるかご存知だろうか? 私がやってみたので、レポートしたい。感想をひとことで言えば……こっちが戸惑うほどにアツい!

続きを全部読む

【淫行疑惑】狩野英孝さんのウィキペディアが『狩野援交』に書きかえられる

本日2017年1月20日発売の『フライデー』で、人気芸人・狩野英孝さんの「17歳現役女子高生との淫行疑惑」が報じられた。

まさかの衝撃スキャンダルに狩野さんのTwitterが荒れる中、インターネット百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」の情報も荒されたことが判明。彼のウィキペディアのページが、芸名「狩野援交」、本名「狩野淫行」と書きかえられていた。

続きを全部読む

【見事】ウィキペディア化した「ゴールデンボンバー」の公式ページにセンスの良さを感じる理由

気になるアーティストの情報を「ウィキペディア」で調べる人も多いと思う。私(佐藤)も自分の知らない過去の情報を知るために、「アーティスト名 + ウィキぺディア」みたいな感じで検索をすることがあるのだが、あるアーティストがとても気の利いた公式サイトを立ち上げた。

そのアーティストとは、エアバンドの『ゴールデンボンバー』である。彼らは公式ページをウィキペディアみたいにしてしまったのだ! 何じゃコリャ!? ウィキペディアを見ていると勘違いしてしまうほどの出来栄え! ふざけてるのか!? と思ったけど、彼らを知るのにとっても便利じゃないか!

続きを全部読む

ウィキペディアに載っている漫画家「内容が間違っているから修正したいんだけど自分で修正したのがバレたら恥ずかしいからそのままにしている」

何かわからないことがあったとき、とても参考になるのがインターネット百科事典「ウィキペディア」(Wikipedia)だ。項目を作ったり、編集するのは一般ユーザー。そう、誰にでも編集できるのである。

だが、ウィキペディアの情報が全て正しいとは限らない。誰にでも編集できるということは、間違った情報に編集される恐れもあるのだ。たとえば……

続きを全部読む

ウィキペディアの「寄付のお願い」についに女性キャラキター!

ちょっと調べ物をする際、インターネット百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」を利用される方も多いのではないだろうか。

以前、Wikipediaで検索する際、何を検索しても同じ人物が表示される件をお伝えした。この人物は創設者のジミー・ウェールズさん。「Wikipediaへの寄付のお願い」のために顔出ししていたのだが、その「お願い」についに待望の女性キャラが登場したぞ!

続きを全部読む

ウィキペディアで何を検索しても、同じ人の顔が出てくる奇妙な現象が発生中

インターネットで調べ物をする際に、「ウィキペディア」を利用する人は多いと思う。ささやかな日常の物事から、専門的な知識を要することまで幅広く網羅されており、大変役立つフリー百科事典だ。

そのウィキペディアで、最近奇妙な現象が発生しているのをご存知だろうか? 何を検索しても、同じ人の顔が出現するのである。たとえば、「ウルトラマン」と検索しても「ドラえもん」と検索しても同じ人物の顔があらわれるのだ。そればかりか「カレーパン」と検索してもやはり同じ人の顔が……。これは一体どうしてなのだろうか?

続きを全部読む

ウィキペディアが数分だけ落ちる / 落ちたときに表示される画面がコレだ!

本日6日の午後9時半前後、インターネット百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」が数分間接続接続できない状態が続いた。

ウィキペディアといえば、調べ物には非常に便利なサイト。ほとんどのインターネットユーザーが利用したことのある、世界的にも有名なサイトである。

接続できない間、ウィキペディアのトップページには文字だけのメッセージが表示された。内容を要約すると、
 
続きを全部読む