「ガジェット」カテゴリーの記事

【100均検証】セリアで買った「ニッケル水素電池専用充電器」を使ってみた結果…

昔から、充電池が好きだ。今の主流はエネループ等のニッケル水素電池だけれども、その昔は「ニカド電池」が主流でのぅ。今から約30年ほど前、第一次ミニ四駆ブームの頃は、タミヤのニカドバッテリーが高嶺の花で、カラシ色の充電器に憧れたものじゃ……。

だが、今の子たちは恵まれておる。なぜなら充電器が100円で買えてしまうからじゃ。電池ではない。コンセントに入れる「充電器」が、なんとたったの100円で買えちまうのじゃ……! しかもニカド用ではなく、ニッケル水素電池用の充電器じゃぞ。

続きを全部読む

【謎の中毒性】アコーディオンで「Windows 95の起動音」を演奏する男性がシュールすぎてヤバい

全世界で圧倒的なシェアを誇るOS「Windows」。これまで数多くのバージョンがMircosoft社からリリースされてきたが、中でも爆発的ヒットを飛ばしたのが、1995年に発売された『Windows 95』だ。

その『Windows 95』の起動音をアコーディオンで再現する男性が現れた。動画で演奏シーンを確認すると……怪しい男性が登場して起動音を披露。繰り返し再生してしまう謎の中毒性を秘めていた。

続きを全部読む

ソニーが世界最高スペックのカメラを搭載した『Xperia XZ2 Premium』を発表 / ネットでは賛否両論の声

ソニー独自の技術が詰め込まれたスマートフォンとして知られる「Xperia(エクスペリア)」。高音質なミュージックプレーヤーとして、さらには高画質なデジタルカメラとしても支持されている人気の機種だ。

本日2018年4月16日、「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルである『Xperia XZ2 Premium』が発表された。世界最高スペックのカメラを搭載しているとのことだが、全貌はいかに。さっそく動画とともに確認していこう。

続きを全部読む

19万9800円の「オーダーメイドイヤホン(UE18+Pro)」を作ってみた結果 → フィット感・音質ともにマジで半端なかった!

スマホや音楽配信サービスの普及も相まって、愛用者が増えているイヤホン。様々な商品が販売されているが、近頃はユーザーの耳型から作るオーダーメイドイヤホン「カスタムIEM(インイヤーモニター)」が人気なんだとか。

筆者もカスタムIEMの存在は知っていたが「プロミュージシャンがステージで使うもの」と思っていた。しかし、今はどうやら違うようだ。そんななか、なんとカスタムIEMの世界NO.1メーカー「アルティメット・イヤーズ(Ultimate Ears)」がオーダーメイドイヤホンを作ってくれるという! いったいどんな使い心地なのか……ワクワクしてきた!

続きを全部読む

【まさかの新曲】小室哲哉さんがスマホ向けゲームの音楽監督に就任! 近日公開の主題歌を含む全29曲を制作 / ネットの声「これは嬉しい」「ワクワク」など

2018年1月、音楽業界からの引退を発表した小室哲哉さん。会見で「元々ただ音楽が好きだった」と自らの原点を振り返るコメントが印象的だったが……な、なんと! なんと現在、スマホ向けゲームの音楽監督に就任! 主題歌を含む楽曲の制作に取りかかっていることが明らかとなった!!

続きを全部読む

【マジかよ】タニタが『セガサターン体組成計』を4月26日から限定発売 / ネットの声「最高」「絶対売り切れる」「争奪戦になりそう……」

健康機器でおなじみの「タニタ」とゲームメーカー「セガ」からまさかのコラボ商品が登場だ。その名も『セガサターン体組成計』。なんと、あの伝説のゲーム機「セガサターン」のデザインを忠実に再現した体組成計だ。

しかも、本体がセガサターンに激似というだけでなく、外箱まで本物に近いデザインとなっているからもうヤバい。ターゲットは「30~40代のセガサターンファン」とのことだが、すでにホイホイされる気配がプンプンだ。

続きを全部読む

40年間の「ゲームコントローラーの歴史」をまとめた動画が興味深い / 革新的なのはやっぱりあの機種だった!

スマホでも簡単にゲームができる時代になったとはいえ、未だに根強い人気を誇るゲーム専用機。タッチパネルも悪くないが、せっかくならゲーム専用機でコントローラーを握った瞬間のワクワク感や直感的な操作を楽しみたいという方も多いだろう。

今回は40年間(1977年〜2017年)のゲームコントローラーの歴史をまとめた動画をご紹介したい。あなたの知っている機種はいくつ登場するだろうか? さあ、再生ボタンをポチッと押して要チェック!

続きを全部読む

VRの可能性ハンパねぇ! ジャミロクワイの『Virtual Insanity』をヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏してみたっていう動画

1990年代に一世を風靡した英ロンドン出身のバンド「ジャミロクワイ」。同バンドの楽曲のなかでも、圧倒的な人気と知名度を誇るナンバーが『Virtual Insanity(ヴァーチャル・インサニティ)』だ。

そんな有名曲を、なんとヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏するアーティストが現れた。ちなみにダジャレを言いたいだけではないのであしからず……。それでは、動画「“Virtual Insanity” Performed in Virtual Reality (Jamiroquai Cover)」でどんなサウンドなのかをチェックしてみよう。

続きを全部読む

【Xperia Ear Duo】ソニーが発表した “耳をふさがない” ワイヤレスイヤホンの動画がこちらです / 周囲の音を聞きながら音楽が楽しめてスポーツもOKっぽいぞ!

ソニーから超画期的なオーディオアイテムが登場した。2018年4月21日に発売されるその商品の名前は『Xperia Ear Duo(XEA20)』。周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめるワイヤレスイヤホンだ。

続きを全部読む

これやりたい! サイバー空間ライトセーバー斬りまくりVRリズムゲーム『Beat Saber』がメチャ楽しそう!!

2018年3月29日よりPlayStation VRが値下げされ、盛り上がりをみせているVRゲーム市場。続々と新作がリリースされているところをみると、ユーザーの数はより一層増えることが予想される。

そんななか、今回は数あるタイトルの中でもひときわ話題となっているVR専用ゲームを紹介したい。その名は『Beat Saber(ビートセイバー)』。サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームだ

続きを全部読む

【シンクロ率100%】1372体ものロボットが同時にダンスを踊ってギネス記録を更新

ロボットに関する話題が絶えない昨今。技術の発展に伴い、さまざまな記録が更新され続けているが、またしてもビックリするような世界記録が生まれた。ジャンルは「同時にダンスを踊ったロボットの数」である。

2017年8月に樹立された記録は1069体だったが、果たして今回は何体なのか……? ギネスが公開した動画「Most robots dancing simultaneously! – Guinness World Records」とともに内容を見ていこう。

続きを全部読む

【要注意】“正規店” を名乗る店で iPhoneを電池交換に出したら爆発炎上 → Apple「補償はしません」→ その理由

Appleは、バッテリーが劣化した iPhoneのパフォーマンスを意図的に落としているらしい。2017年12月にこんな衝撃的なニュースが話題となった。もちろんAppleは「意図的」であることは否定。

しかしバッテリー劣化が性能低下につながることは事実であり、その後、電池交換プログラムなどを発表。交換を検討している人も多いだろう。さて、そんな電池交換について、同情を禁じ得ないニュースが飛び込んできたので紹介したい。これ、よく考えたら他人事じゃないかも。

続きを全部読む

AIの学習能力やべえ! シューティングゲームの『ギャラガ』をプレイさせた結果 → 凡人レベルから達人に覚醒

近年、AI(人工知能)は急速な進化を遂げている。スマホをはじめとする電子機器に搭載されるのは当たり前。日本流行語大賞でも関連ワードがノミネートするなど、今や現代人にとって身近な存在となった。

AIといっても種類はさまざまだが、今回はゲームを自力で攻略していくAIをご覧に入れたい。挑戦するタイトルは、ナムコの名作シューティング『ギャラガ』だ。果たしてAIはどんな反応を見せるのだろうか……。

続きを全部読む

【激レア車】超ゴツい&ゴージャスな2億3000万円の自動車「Karlmann King」が話題

しかし、めちゃめちゃゴツいな……。うぉっ、値段も尋常じゃないぞ……。なんのことかって? 海外で話題になっている “あるクルマ” のことである。

そのクルマの名は『カールマン・キング(Karlmann King)』。ボディーのゴツさもさることながら、内装のデザイン、装備、安全性能など、あらゆる点にこだわった至極の一台だ。

続きを全部読む

【DJ必見】世界初 “ターンテーブルだけ” のフルオーケストラ演奏がスゴい! メンバーは世界屈指の30名

CDが売れなくなっている一方で、人気が再燃しているのがレコードだ。そしてそんなレコードに欠かせないターンテーブル(プレーヤー)のなかで、世界中のDJから “伝説の名機” と言われているのが、Technics(テクニクス)の『SL-1200』シリーズである。

2010年に一度は販売停止するも、2016年に復活した同シリーズ。それから約2年……テクニクスの親会社であるパナソニックは、「音楽と出会う」感動を再び体験してもらいたいという思いから、世界初の『SL-1200』シリーズによるフルオーケストラ演奏動画を公開した。そこには、DJたちがテクニックを駆使して生み出した驚きのサウンドが収録されていた。

続きを全部読む

カップヌードルが『上司から逃げられるマグカップ』を発明 → ガチで欲しがる人続出「割りと本気でほしい」「是非商品化して欲しい!」

上司うっぜー! 同じ空間にいるだけで気を使うのに、説教なんて始めた日には目も当てられない。大体、説教する時は呼び方で分かるんだよな。ちょっと高圧的な雰囲気を出してくるあの感じ。マジ逃げてぇー!

そんな時に、ちょっとした野暮用があればそれを言い訳に逃げられるかも。現在、カップヌードルがTwitterに投稿した『上司から逃げられるマグカップ』が話題になっている。これガチで欲しィィィイイイ!

続きを全部読む

【待ってた】『Amazon Echo』一般販売を開始! ネット注文なら期間限定で割引適用 / 量販店でも4月3日から購入可能に

アレクサぁーーーっ!」という声が日本のあちらこちらで聞こえてくるもしれない。なぜなら、これまで招待制(抽選)で販売されていたスマートスピーカー『Amazon Echo』シリーズの一般販売がついに開始されたからだ。

しかも、Amazonのサイトで購入すると期間限定で割引となるうえ、家電量販店でも取扱が開始されるというから注目せずにはいられない!!

続きを全部読む

【検証】超音波でワインを熟成できる「Sonic Decanter」を買ってみた! 本当に味が変わるのか500円のワインで試した結果

安いものだと数百円から、高いものだと100万円以上もするワイン。やや乱暴に書くと、ワインは「熟成」することで味や香りが変わるお酒だ。ただ、熟成するにはある程度の時間が必要になるし、そういったワインは値段も張る。熟成ワインを飲むのも楽ではないのである。

そこへ登場したのが、超音波によってワインを熟成できるという夢のマシン『Sonic Decanter(ソニック・デキャンタ)』だ。なんとこの機械、若いワインでもたった20分で熟成したヴィンテージのような味と香りになるのだとか。マジかよ! それが本当なら革命だろ!! というわけで、実際に買って試してみたぞ。

続きを全部読む

【動画】最先端の2足歩行ロボと4足歩行ロボは無音の部屋で楽しげに踊り始めた。まるでお互いを意識しているかのように

助け合いながら行動する犬型ロボットや、恐るべき精度でバスケットのシュートを決めるヒト型ロボットが登場し、注目を集めているロボットの世界。その目覚ましい進化にはいつも感心させられるばかりだ。

そんななか、2体の奇妙なロボットがダンスを踊る様子が公開された。プロダンサーのロボットダンスのようにキレッキレの動き……とは程遠いが、ぜひ動画『Robot playdate』でそのシュールな姿をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【超パワフル】ヤマハの電動バイク『TY−E』がどんな場所でもスイスイ登ってマジすげぇ!

様々な特徴を持つ乗り物が登場している昨今。最近では、大型バイクのエンジンを積んだホンダの芝刈り機や、スーパーバイク「ハヤブサ」のエンジンを積んだトヨタ・スターレットなど、バイクのエンジンを積んだパワフルなカスタムカーが話題となったばかりだ。

見たこともない性能を持った乗り物には驚かされるばかりだが、今度はバイク本体の方も注目を浴びているのでご紹介しておきたい。ヤマハが開発した電動バイクは超パワフル! どんな急な坂道も「キュィィイイイーーーン!!」と爆走してしまうゾ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 143