突然だが、私の大好きな「チーズあられ」というお菓子の話をしたい。

つい先日、静岡県で販売されてきた “エルミオーレ製菓(浜松市)の「チーズあられ」が販売終了” との情報が話題となっていたが、この記事でお伝えしたい「チーズあられ」は、エルミオーレ製菓ではなく、中村製菓(北九州市)の『中村のチーズあられ』のことである。

また、なぜ100均検証で「チーズあられ」を話題にするのかというと、ずばり、食品も充実している中規模以上のダイソーだったら「大袋の中村のチーズあられ(100円)」が売っていることが多いからにほかならない。

大袋の「中村のチーズあられ」。嬉しいんだなぁ、これが。というのも、私の中でのチーズあられといえば「1袋30円の小さい袋」が常識だった。売っているお店は駄菓子屋で、それはそれはよく買ったもんじゃ……。

大人になってからもチーズあられへの愛は薄まらず、ちょっとした駄菓子コーナーで売ってれば必ず購入。勤務地が新宿二丁目である今は、たびたび『ルミエ〜ル』というお店で購入している。非常にありがたい存在だ。

しかし、そんなチーズあられのデカい版が、先述の通り、ちょっとデカ目のダイソーだったら……


\(^O^)/ 100円で売っていたりするのだ \(^O^)/


あの30円のチーズあられが、1袋の中に、こんなにタンマリと入っている! こんな夢みたいな話あるか! それがもう……嬉しくて嬉しくて……ダイソーで発見し次第、ほぼ100%の確率で買っていのである。


しかし先日、ふと裏面のラベルを比較してみたところ、「ん?」と思うことがいくつかあったのだ。まずは「販売者」と「製造者」のところ。共に商品名は「中村のチーズあられ」なのだが、ダイソーの大袋は……


うまい棒で有名な、あの「やおきん」だった。


中村製菓の中村のチーズあられを、やおきんが中村のチーズあられとして売っている……。やおきんが中村の中村を中村として売っている。なんだかよくわからないが、きっと、いろいろな提携とかがあるのだろう。


しかしそれよりも気になったのが、内容量だ。


昔から慣れ親しんできた30円(税込)の方は20グラム。その一方……

ダイソーの100円(税別)チーズあられは60グラム。あ、あれ!? ちょっとまてよ……。ちょまて。チョマテヨ〜! ちょっとセコい計算しちゃうけど、税込にしたら、ダイソーのやつは60グラムで108円。その一方……

小袋のほうを3つ買って60グラムにしても、90円で済む。……つまり!


小袋を買ったほうがオトク!


3回に分けて食べられるということは、3回も新鮮な気分が味わえる! 大袋を食べきれなくて「袋止めクリップ」とか「シーラー」とかで保存して、結局シケっちゃって涙することもない! 考えれば考えるほど……


小袋を買ったほうが有利……!!


──という、100均検証らしからぬ結論に達したのである。この事実を知ってからというもの、私はダイソーで「中村のチーズあられ」が売っていても、あまり感動しなくなってしまった。もちろん、“近所で容易に30円の小袋が手に入るから” ではあるが。

駄菓子屋が消えつつある今の時代、昔ながらの低価格で駄菓子を取り扱ってくれている店があることに心から感謝。そして、中村のチーズあられは、永久に不滅であってほしい。

参考リンク:Jタウンネット
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

▼うまいんだなぁ、これが

▼これまでの100均検証リンク集はこちら