「3Dプリンター」にまつわる記事

【建築費40万円】想像以上にオシャレ! 3Dプリンターを使って24時間で建てられた家がこちらです

誰にとってもマイホームを持つことは、人生における一大イベントのひとつではないだろうか。だが土地を買って家を建てるとなると、お金も掛かるしローンの手続きなどもあるしで、なかなか大変である。

そんな一軒家を、3Dプリンターを使って4000ドル(約42万5000円)という低コストで、たった24時間のうちに建ててしまった団体&会社が登場したというので紹介したい。被災地で家を失くした人々や、ホームレスの支援に役立つのではないかと大きな注目を集めている。

続きを全部読む

【検証】5.5インチサイズの次期iPhoneはポケットの収まりが悪い / 尻ポケットに入れておくと折れるかもしれないぞ

アップルの次世代スマホ(iPhone6)は、2つのディスプレイサイズのモデルが出ると噂されている。ひとつが4.7インチ、そしてもうひとつが5.5インチだ。

その5.5インチの3Dデータを、ある海外ネットユーザーが配布していることが判明。早速3Dプリンターでそのデータを元にして、モックアップ(模型)を作成してみた。完成したモックアップはiPhone5sと比較にならないほどデカい。片手で操作するのが難しいほどの画面サイズである。

続きを全部読む

【検証】3Dプリンターで次期iPhoneのモックアップを作ってみた / あまりにもデカすぎてマジで引く

アップルの次世代スマートフォン iPhone6 に関する情報が、海外のIT系サイトで盛んに報じられている。発売時期はこれまでのモデルと異なり8月に、ディスプレイサイズは iPhone5 や 5s の4インチよりも大きい、4.7インチと5.5インチの2モデルになるとの噂。

そんななか海外の 3D プリンターメーカーが運営するサイトで、iPhone6 のモックアップ(模型)データが配布されていることが判明。出力すると、どんなものになるのか実際に試してみた。出来上がった5.5インチのモックアップはハッキリ言ってデカい!!  軽く引くレベル。

続きを全部読む

【革命的キッチン家電】3Dプリンターが料理を作る時代がやってきた! 価格は135000円だぞ急げ!

フィギュア、銃、臓器、想像を絶するようなものを3Dプリンターで作れるようになった昨今。「もっと先に作るべきものがあるだろ!」と唱えた男が開発した3Dプリンターがすごいんです。

・『Foodini』(フーディーニー)

なんと料理をしてくれる3Dプリンター『Foodini』(フーディーニー)。その名称は「food」と「ハリー・フーディーニ」(有名な奇術師)が由来。つまり、この3Dプリンターは手品や魔法のように料理を作ってくれるというのだ。

続きを全部読む

「3D写真館」で制作したフィギュアが届いたッ! 自分にそっくりすぎて自慢したいレベル

以前の記事で、自分にそっくりのフィギュアが作れる「OMOTE 3D SHASHIN KAN」(オモテサンドウシャシンカン)について、お伝えしました。ここは3Dスキャナと3Dプリンターを使用して、撮影を行うことができる写真館です。

制作の工程を経て、ついにフィギュアが届きました! 自分でいうのもなんですが、そっくりだ!! そっくりすぎるッ! これは周りの人に自慢したいレベルですぞ~ッ

続きを全部読む

【レポート】自分に超そっくりなフィギュアを作れる「3D写真館」で撮影体験してみた

東京・表参道に、今までにない画期的な写真館が期間限定でオープンしました。その名も「OMOTE 3D SHASHIN KAN」(オモテサンドウシャシンカン)です。何が画期的かというと、ここは3Dスキャナと3Dプリンターを用いて、自分に瓜二つのフィギュアを作ってくれるのです。実際に写真館で、撮影体験を行ってきました。

続きを全部読む