「2019年福袋特集和才雄一郎」にまつわる記事

【2019年福袋特集】怪しすぎ! アキバで見つけた『ぶっちぎり福袋』を買ってみたら…神々しすぎる「天狗のコスプレセット」などが入っていた

これぞ日本の伝統! ──アキバで見つけた『ぶっちぎり福袋(5000円)』の中身をひと言で表現すると、そのようになるかと思う。なにせ、「古き良き時代の日本」が袋の中にぎっしりと詰まっていたのだから。

それらはどこか懐かしく、そして何より神々しかった。直視するのが憚(はばか)られるほどに……。あまりにも神々しすぎたので、福袋に入っていた商品写真を本記事にそのまま掲載するとバチが当たるような気さえする。

そこで、読者のみなさんにはご不便をおかけして大変恐縮だが、商品写真にモザイクを入れて紹介することにしたい。では、さっそく行こう。まず目についたアイテムは……

続きを全部読む

【2019年福袋特集】「ここのバイヤーを呼んでくれ! お礼がしたい」って言いそうになった『アコメヤ』の3000円福袋 / 海苔ちっぷすが激ウマ!!

何このチップス! めちゃくちゃウマいんですけど! サクッとして上品で……今まで食べたこと無いチップスの味なんですけど! こんなのが世の中にあるなんて、知らなかったんですけどぉぉおおお〜〜〜〜!!

──という気持ちになったのは、私が生まれて初めて「海苔ちっぷす」なる商品を口に入れたとき。『アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」の福袋(3000円)に入っていたから食べたのだが……その旨さは衝撃と言っても過言ではなかった。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】高級洋菓子メーカー「モロゾフ」の福袋がたったの1000円! ゴディバの福袋(3000円)と比べてみた

高級洋菓子メーカーというと「ゴディバ」が真っ先に浮かぶかもしれないが、神戸発の「モロゾフ」も忘れてはならない。プリンもケーキも焼き菓子も、モロゾフなら間違いないというイメージを持っている人は私以外にも多いかと思う。

そんなモロゾフの福袋を買ってみた。生まれて初めて買ってみた。日本橋の高島屋で人混みをかき分けまくって買ってみた。その中に入っていたのは……以下の通り〜!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】PSPの中古ソフトが20本入って1000円! 限定10袋の福袋をゲットするために正月の朝からソフマップの行列に並んだ

正月の秋葉原って、こんなに人がいるものなんですね〜。帰省したり家でゆっくりしている人が多いだろうから、1月1日くらいは閑散としているのかと思いきや、いたるところに行列が出来ているなんて……。彼ら・彼女らのお目当ては、きっと特売か何かなんでしょう。

──なんてことを思っているうちに、私も列に並びたくなってくるから不思議です。お祭りに参加したい気持ちといいますか、どれだけお得なのか確かめたい気持ちといいますか、このチャンスを逃すまじ的な気持ちといいますか。

そんなわけで、私も行列に並んでみましたよ。お目当ては、ソフマップ・アミューズメント館のPSP福袋。PSPの中古ソフトが20個入って1000円で、限定10袋です。平均すると1個50円という価格だからでしょうか。開店30分前にもかかわらず、私の前にはすでに30人ほどが並んでいるのですが……

続きを全部読む

【2019年福袋特集】『餃子の王将』の福袋がほぼ「お年玉」だった / 想定外の餃子無料券について

こんなん、ほぼお年玉やん! ──『餃子の王将』のアリオ亀有店限定福袋をゲットしたとき、私がそう思った理由は3つある。1つは、生餃子引き換えカードがお年玉レベルでお得だったから。そして2つ目の理由は……文字通り、普通のお年玉用ポチ袋に色々と入っていたからだ。

この飾り気のなさ! 私の愛する『餃子の王将』が、ここにある!!

続きを全部読む

【2019年福袋検証】「アコメヤ」の福袋(5000円)はセレクト感がガチ / オシャレ米屋さんが正月から本気を出すとこうなるのか!

ひと口に福袋と言っても、大まかに2種類ある。買わないと中身が分からないものと、買う前から中身が分かっているものだ。そして言うまでもなく、福袋的なワクワクドキドキが味わえるのは分からない方。

買う前から中身が分かっている福袋は、開封する際にそれほどワクワクドキドキしない……のだが! 今回紹介する「アコメヤ トウキョウ(AKOMEYA TOKYO)」の福袋は別だ。事前に中身が分かっていたにもかかわらず、私はテンションが上がってしまったぞ。なぜなら……

以下のようなものが入っていたからだ。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】タリーズで最も高い1万円の福袋を買ったら「ドリンクチケットばら撒き攻撃」に笑った / ステンレスボトルもいい感じ!

これから紹介するのは、今年タリーズが販売している3種の福袋の中で最も高い1万円の福袋である。コーヒー系の福袋に1万円……。なかなか出せない金額ではあるが、一体どれだけのものが入っているのか気になる人は多いはず。

そんなワケで買ってみたところ……「ドリンクチケット」がこれでもかと入っていて笑ってしまった。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】タリーズの5000円福袋は「スタバ福袋の抽選に落ちたけど全然OK」って気にさせてくれた

抽選に当たった人しか購入できないスタバ福袋。先ほど公開した記事では「選ばれし者しか買えない “福袋の王”」と記載していたが、それに対してタリーズの福袋は予約すれば誰でも簡単に入手できる。

タリーズでは3000円・5000円・1万円の3種類の福袋が用意されているのだが、どれもスタバの福袋に比べれば楽勝だ。それでいて、このクオリティなのだから “穴場的福袋” と言って差し支えないだろう。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】タリーズの3000円福袋は超楽勝でゲットできたぞ! そして満足度高し

ほぼ一緒! 今年のタリーズ福袋(3000円)は、昨年とほぼ同じである。ってことはつまり、昨年と同じく3000円でも満足度は高かったということだ。では、一体何が入っていたのかと言うと……

続きを全部読む

【2019年福袋特集】開けるとガッカリするらしい「極鬱袋」を買ってみたら…手書きのメモに笑った / 秋葉原・リバティー

アキバのリバティーで3000円の福袋を買ったら、『フライングマスコット』にドハマリした……ってことを以前に公開した記事で紹介した。実はその福袋を購入する際、私はもう1つの福袋……いや極鬱袋(ごくうつぶくろ / 2000円)を購入している。

その商品、見た目は福袋っぽいのだが、よく見ると「極鬱袋」と書かれており、「開けて『がっかり』して下さい」とか「予想通りにがっかりです」といった記載まで。そんなことを言われたら……逆に気になってしまうやないか! 

というわけで購入してみた。開封してみると……え!?

続きを全部読む

【2019年福袋特集】アキバで買った3000円の福袋を開けたら…1つのおもちゃにドハマりして仕事を忘れた / 動画あり

プロペラが回ってブワ〜っと飛んでいく瞬間がたまらん。飛び立った直後に何かにぶつかって落下してしまうことが多いけど、何度も何度もスイッチをONにしてしまう。何なんだこの中毒性

『フライングマスコット』とかいう名のドローンみたいなヤツ、マジで最高だ。

続きを全部読む