スタバの福袋って、なぜ毎年あんなにも人気があるのだろう? 不思議だ。要は「それだけ楽しみにしてる人が多いから」ってことなんだろうが、個人的には「スタバ福袋は確かに魅力的だけど、他にも良い福袋はたくさんあるのに……」と思わずにはいられない。

例えばタリーズの福袋だ。スタバと人気を二分するコーヒーチェーンであるにもかかわらず、福袋となるとスタバに大きく水をあけられている感が否めないタリーズ。だけどちょっと待って! 内容と価格、それに入手しやすさを考えれば、タリーズでしょ! だって、3000円でこれでっせ!!

【2018年タリーズコーヒー福袋(3000円)の中身】

・トートバッグ(2色のうち、いずれかを選ぶ)
・コーヒー豆 (コロンビア / 180g)
・ドリップバッグ1箱(4パック)
・ドリンクチケット5枚
・オリジナルアイテム
・干支のミニテディ(3種類のうち、いずれか)
・コーヒーキャンディ

──以上である。まず大きな特徴として、今年のタリーズ福袋(3000円)はトートバッグが2色展開で、マスタードイエローとネイビーから好きな色を選べること。ちなみに、今年のタリーズは昨年と同じく3000円・5000円・1万円と3種用意されているのだが、バッグの色を選べるのは3000円のタイプのみだ。

それからもう1つの大きな特徴は、福袋の中身がほぼ統一されており、事前にパンフレットで確認できることである。つまり、「欲しいものが全然入ってない……」という福袋の悲劇を味わわなくて済むのだ。これはありがたい!

ただし、3000円の福袋の場合、「干支のミニキャンディ」が3種のうちいずれかだったりと、細かな点は異なる。また、コーヒー豆の種類が店舗によって多少違うことも考えられるが、基本ラインナップは上の通りと考えていいだろう。

・ドリンクチケットの使用条件

さて中身を見ていきたい。何と言っても、犬の着ぐるみを頭に被ったミニテディが可愛い! ……のは確かにそうなのだが、やらしい話「ドリンクチケットはどの程度使えるのか?」が何より気になる私のような人もいるハズ。そんな人のために、ドリンクチケットの使用条件等を箇条書きでまとめると……

・交換可能なのはショートサイズのドリンク1杯
・ショートサイズがないドリンクは+50円でトールサイズの購入できる
有効期限は2018年6月30日まで
・一部店舗をのぞく、日本国内のタリーズ全店で利用可
・サイズアップ、カスタマイズ等は別料金
・各種セットメニュー、割引チケット、タリーズカード値引きとの併用は不可
一部対象外となる商品がある

──という感じで、有効期限もそこそこ長い上に、一部店舗をのぞく日本国内のタリーズ全店で利用可と、なかなか使い勝手が良い。この他に、コーヒー豆やらドリップバッグがついてくることを考えれば、タリーズを頻繁に利用する人にとっては間違いなく元が取れる福袋と言えるだろう。

そして個人的に良いと思ったのがトートバッグだ。触ってみると、生地がかなりしっかりしており、内部にはドリンクホルダーまで。これまた使い勝手が良さそう! 「このバッグだけで3000円の価値はある」と思う人も、少なくないのではないだろうか。

・事前に予約可

そして最後にもう1つ重要な点をお伝えしよう。それは……タリーズ福袋はスタバに比べて入手が超簡単\(^o^)/ 店舗によっても異なるだろうが、私がお店に着いた1日の11時過ぎには、まだ山のように福袋が用意されていたぞ。なので、スタバ福袋の抽選に落ちた人は、購入のワンチャンにかけてみるのもいいが、タリーズを狙うのもアリ。

また、「来年はスタバじゃなくてタリーズの福袋にしよう」と思っている人は、タリーズの福袋は予約できるということも覚えておいて損はないだろう。

なお、ロケットニュース編集部では5000円、1万円のタリーズ福袋も購入している。追って中身を公開するので、しばしお待ちを! 

(※追記)タリーズの5000円福袋1万円の福袋ともに公開済みです

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ→「2018年福袋特集

▼ドリンクチケットだけでも魅力的だが……

▼コーヒーキャンディや

▼干支のミニテディも良い!

▼トートバッグの内側はこうなっている