「落語」にまつわる記事

【寿限無寿限無】生涯一噺家! 落語に命をささげた男の物語! 四コマサボタージュ第66回「プラシーボ」

続きを全部読む

桂歌丸師匠が笑点50周年の節目に司会を勇退するとドラクエの復活の呪文に入力すると「戦士の指輪」を2つも持った戦う気マンマンの勇者が復活する!

2016年4月30日に落語家の桂歌丸師匠が、演芸番組『笑点』の司会を勇退することを発表した。言わずと知れた人気番組である笑点。歌丸師匠は放送50周年の節目で引退を決められた。

この歌丸師匠勇退のニュースも「8bitの預言書」としてお馴染みのドラクエの復活の呪文で予言されていたのでご紹介したい。

続きを全部読む

提供:株式会社サンライズ

【動画あり】立川志らく師匠が挑戦した『ガンダム落語』がめっちゃ面白い!! 木馬長屋の「大工アムロウ」とジオン家「赤い半てんのシャア」のケンカ騒動

『機動戦士ガンダム』といえば、日本を代表するロボットアニメである。1979年にテレビアニメとして放映されて以来、現在に至るまでそのシリーズは続いており、さまざまなアニメ作品に多大なる影響を与えている。そのガンダムをもし落語で表現するとしたら……。

「そんな無茶なことができるはずがない!」 と思う人も多いだろうが、その無謀な挑戦に鬼才立川志らく師匠が挑んだ。2016年2月28日より公開されたガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」を見ると、そう来たか! と思わずにはいられない。ファンなら登場人物や設定に笑ってしまうに違いないだろう!

続きを全部読む

【動画あり】B’zの稲葉浩志さんと落語家・立川談春さんの対談映像が話題 / 間の取り方や想像を促す動き、落語の暗黙のルールなどを語り合う

日本を代表するロックバンドとして押しも押されもせぬポジションを確立しているB’z。現在、そんなB’zのヴォーカル・稲葉浩志さんと、落語家・立川談春さんの対談映像が話題だ。

ロックと落語……異色の組み合わせではあるものの、ステージに立つ者同士通じるところがあるのか、映像ではお互いの芸についての考え方を聞くことができるぞ。普段無口な稲葉さんが、談春さんの話術に乗せられる様子は必見だ!

続きを全部読む

【ブレイク必至】お笑いコンビ「米粒写経」居島一平さんの『猪木落語』がハンパなく面白い!!

江戸時代から現代まで伝承されている伝統的な話芸、落語。洗練された落語はまさに芸術レベルで「大人の趣味」と言えるかもしれない。その反面、落語は「ちょっと敷居が高い」という人も多いハズ。そんな人にもぜひ聞いてほしい落語があるのでご紹介したい。

それはお笑いコンビ「米粒写経」の居島一平(おりしま いっぺい)さんによる……猪木落語! 猪木とはもちろん“燃える闘魂” アントニオ猪木である!! まだメディアにはほとんど出ていない『猪木落語』だが、コレがハンパない面白さ! 2015年下半期、大ブレイクの可能性あるで、コレ!!

続きを全部読む

【速報】落語家の桂歌丸さん(77)が入院 / 退院時期は未定で『笑点』の収録は欠席へ

長寿番組『笑点』の司会を務める落語家の桂歌丸さん(77)が入院していたことが判明した。

入院は、肺疾患と肋骨骨折によるもので、具体的な退院時期は未定。直近の4月5日の『笑点』の収録は欠席予定とのことである。このニュースに多くのネットユーザーから心配する声が寄せられている。

続きを全部読む

【知っ得情報】歌丸師匠の本名がカッコイイと話題

人気長寿番組『笑点』で司会を務め、幅広い年齢層から愛される桂歌丸(かつら うたまる)師匠。日本を代表する落語家の一人であるその歌丸師匠の本名が、現在ネットで注目を集めている。一体なぜか? それは歌丸師匠の本名がカッコイイからである!

その注目されている歌丸師匠の本名はなんと「椎名 巌(しいな いわお)」さんというのである。ええ! これは確かにカッコイイッ!! 「巌」という漢字がなんともいえない渋い雰囲気をかもし出しており、ついつい口に出して呼びたくなるほどの秀逸な名前だ!

続きを全部読む