「王将」にまつわる記事

【神割引】12月24日に「餃子の王将」が500円割引券を配布! 野郎ども、クリスマス・イブは王将に集合じゃァァァアアア!!

ジングルベール♪ ジングルベール♪ 言うとる場合か! こちとらキリスト教徒でもなければ彼女もいない35歳のオッサンである。クリスマスなんか無くなってしまえ!!

そんな私(中澤)を含むクリぼっちに朗報だ。2017年12月24日に俺たちの『餃子の王将』が500円割引券を配布するぞォォォオオオ! 捨てる神あれば拾う神あり!!

続きを全部読む

ほとんどの大阪人が『餃子の王将』と『大阪王将』を区別できる理由 / 大阪人「間違う人、おるんやー」

衝撃的なニュースが飛び込んできた。『大阪王将』のCMのクレームが『餃子の王将』に寄せられ、その結果、『餃子の王将』サイドが「全くの無関係」と文書を発表したのである。

繰り返し使われる「無関係」という文字にも衝撃を受けるが、大阪や京都出身の方はこう思ったかもしれない。「間違える人、おるんや」と。大阪出身の私もそう思った。だって違うやん? 間違える理由あらへんやん??

続きを全部読む

【知ってた?】餃子の王将の『魔法の粉(マジックパウダー)』は購入できるんだぜ! 唐揚げ20回分入って180円! いますぐ王将へGOォォォォッ!!

突然だが皆さん、『餃子の王将』で唐揚げをテイクアウトしたときにもらえる “香辛料” をご存知だろうか? 成分不明の激ウマ調味料。そのあまりの中毒性に「魔法の粉」とか「マジックパウダー」などと呼ばれている。

そのマジックパウダーを再現すべく、日本中の錬金術師たちが研究を重ねてきたが、もうその必要はないぞ! 王将が公式に販売しているのだ。素敵なビン付きタイプもあるのだ。さぁ、いますぐ、小銭握って王将へGOォォォォッ!!

続きを全部読む

餃子の王将が900円で「餃子食べ放題」をやってるぞォォォオオオ! 激アツすぎる店舗限定オリジナルイベント!!

餃子1日200万個……餃子と言えば「餃子の王将」である。パリッとした皮の中からあふれ出すジューシーな餡。ああ、想像するだけでよだれが出そうだ

2017年8月現在、そんな餃子が店舗限定で「餃子食べ放題」を開催していることをご存じだろうか。60分の時間制限で、なんと価格は男性が900円! 女性なら600円! 小学生なら400円(全て税別)だ! キ・マ・シ・タ・ワーーーーーー!!

続きを全部読む

【あるある】「餃子の王将」で100人前くらい餃子を食べたら気付くこと・やりがちなこと50連発

言うまでもないことだが、「GO」は「イク」という意味である。ほとんどの人は、GOと聞くとそのように解釈するだろう。もしくは、当サイトの熱心な読者であれば、GO羽鳥のことを想像する人だっているかもしれない。

しかし……だ。私は違う。「GO」というと、餃子の王将(Gyouza_no_Ohsho)がどうしても頭に浮かんでくる。そんな私のような「餃子の王将」中毒者に向けた “あるあるネタ” を今回はお届けしたい。題して、「餃子の王将で100人前くらい餃子を食べたら気付くこと・やりがちなこと50連発」だ。

続きを全部読む

【食わせもの】大阪王将の「豚丼」が激ウマ / 柔らか豚肉の山と甘辛タレがご飯を無限に食わせてきやがる!

豚肉をご飯に乗っけるだけ! シンプルにして豪快な料理・豚丼。私(中澤)は、ほぼ吉野家か松屋くらいでしか豚丼を食べたことがない。手軽さや気軽さが豚丼の魅力だと思うからだ。

とある昼下がり。フラッと『大阪王将』に入ったところ、メニューに「豚丼」の文字が! 大阪王将の豚丼とは一体……? 不審に思いながらも注文してみたところ、コイツがとんだ食わせもの。そう、ご飯を無限に食わせてきやがったのである

続きを全部読む

1日限定20食!? 『餃子の王将』の590円サービスランチが高コスパすぎてヤヴァイ / 毛沢東も後ずさりするレベル

餃子と言えば「王将」。これは、私(中澤)のようなオッサンにとって「山」と言えば「川」レベルの合言葉である。そんな『餃子の王将』が、590円という安さで日替わりサービスランチを提供していることをご存じだろうか?

『餃子の王将』の定食は、800円くらいが相場。そこから200円以上も安くて、はたして満足できる内容なのか? というわけでさっそく注文してみたところ……え? こんなに量あんの? 軽く1000円オーバーの料理が運ばれてきたんですが……!

続きを全部読む

【グルメ】出所者支援居酒屋「新宿駆け込み餃子」は何を食ってもウマい! 通い詰めて常連になりたくなるお店

餃子といえば、「餃子の王将」や「大阪王将」が定番のお店である。この2店は安くて美味しい餃子を食べられることで全国的に知られているが、もしも新宿・歌舞伎町を訪ねる機会があれば、私(佐藤)はこれから紹介するお店をおすすめしたい。

歌舞伎町のど真ん中にある「新宿駆け込み餃子」である。ここも安くて美味しい餃子を提供するお店として、24時間営業を行っている。お店をおすすめしたいのには、もうひとつ理由がある。それはこのお店の社会的な意義だ。

続きを全部読む

【流行に前のめり】大阪王将の期間限定メニュー『ローストビーフまぜそば』を食べたら意外と “王将らしい味” だった件

今、ローストビーフが “キテる” らしい。当サイトで以前に何度かお伝えしているのでご存知の方もいるかもしれないが、最近はローストビーフを目玉とする店が急に増え、『ローストビーフ油そば』なるものまで登場しているようだ。

そんなローストビーフのビッグウェーブ(?)に、あの大阪王将もチャッカリ乗っているとの情報をキャッチ! 一人の王将ファンとして無視できなかったので食べてきたぞ。

続きを全部読む

王将が天ぷら定食!? 「大阪王将」運営元のイートアンドが手がける天ぷら料理店に行ってみた / とにかく穴子がデカい!

「コーテルイーナーホー」と聞いて、「あ、餃子一人前持ち帰りのオーダー入ったな」とすぐに分かる王将フリークには説明不要だろうが、“王将好き” とひと口で言っても、“餃子の王将派” と “大阪王将派” の二大派閥がある。

「どちらがより上か」と言い出すと、派閥の過激派から刺される恐れがあるのでここでは割愛するが、とにかく「王将 = 美味しい中華料理」というイメージを両者が持っていることは確かだろう。

しかし最近、大阪王将の運営会社イートアンドが、全く中華ではないバリバリ和食の店を始めたらしい。それは、天ぷら。王将が天ぷら!? いや、大阪王将の店舗で天ぷらを食べられるわけではないのだが、これは気になる……! ということで、実際に店で天ぷらを食べてきたので写真とともにレポートしたい。

続きを全部読む

【知ってた?】レアな「餃子の王将」の『牛すじまん』がめちゃめちゃウマい! 見つけたら即買い推奨!!

安くてウマい、「餃子の王将」こと王将。餃子はもちろん、チャーハンもウマい。ちょっと待て、油淋鶏(ユーリンチー)もカニ玉も焼きそばもウマいんだぞ!! ……と争いになるほど何でもウマい王将であるが、中華まんもめちゃめちゃウマいことをご存じだろうか?

特に「牛すじまん」はド絶品! 見かけたら即買い推奨の完成度なのだ!!

続きを全部読む

【検証】味覇(ウェイパァー)で炊いたコメで炒飯を作ると “『餃子の王将』の焼き飯” になるというのは本当か? 実際に試してみた

安くてウマイことで知られる大衆中華『餃子の王将』。餃子もイイけど、天津飯や焼き飯もイイ。関西出身の筆者(沢井)は、王将が大好きだ。……なのに、それなのに!!

ロケットニュース編集部の徒歩圏には『餃子の王将』がないのだ! なんでや、なんで編集部を王将の近くにせんかったんや!! 私はいま、王将の焼き飯が食べたいんやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

……と、嘆いていると耳寄りな情報が! なんと最強中華調味料「味覇(ウェイパァー)」で炊いたご飯を使うと「王将に限りなく近い焼き飯」が作れるというのだ。マジかよ! 以下のレシピで作ってみたぞ!!

続きを全部読む

【コスパ&満足度最強】「大阪王将」の餃子約5kgが2380円でゲットできるぞ! クリスマスにやることもないので1人で食いまくってみた

「クリスマスだろうが正月だろうが、いつでも王将の餃子を食べたい!」という筋金入りの王将好きに朗報! なんと大阪王将の餃子約5kgが、たったの2380円で買えるのだ! 繰り返すが、約5kgで2380円である!!

「出費の多い年末年始にこれはありがたい! 買うしかないでしょ!」と、即注文。届いたのが本日2014年12月25日、つまりクリスマスだ。「まさに最高のタイミング! サンタさんのプレゼントや〜」ということで、食いまくってみたぞ!

続きを全部読む

餃子の王将で『イタリアン風焼きそば』を食べてみた / 焼きそばが「こんなはずじゃない」と拗ねて泣いていた

安くてウマい、餃子の王将。言わずと知れた大衆中華料理チェーンだ。実は餃子の王将が、 “らしくない” メニューを全国で発売しているのをご存知だろうか? それは……「イタリアン風やきそば」。

マジか……品揃えの多さが「餃子の王将」の魅力の1つとはいえ、その分野に手を出してきたか……。愛する「餃子の王将」よ! 大丈夫なのか? そっち方面は、オシャレなヤツが行くとこだぞ! イケメンワールドだぞ! 華やかさに憧れて、「自分のよさ」を見失ってないか? ……心配でたまらないので、店舗に行って確かめてきた。

続きを全部読む

【激安中華】 餃子戦争のダークホース「餃子の帝王」に行ってきた / 今後「餃子の王将」のライバルになりそうな予感

「餃子の王将」と「大阪王将」……。いずれも「王将」と名前がつくこの二社は、以前は同じ一つの会社であったものの、現在は競合関係。両社ともにチェーン店を全国に展開し、熾烈な戦いを繰り広げている。

そんな餃子戦争とも言うべき戦いに、第三の勢力が出現!? その名は「餃子の帝王」。チェーン店の数では、「餃子の王将」と「大阪王将」に及ばないものの、中華料理を低価格で提供するチェーン店である。何より気になるのはその名称だ。「王将」ではなく「帝王」……。どことなく、似てるぞ! 一体どんな店なんだ? ということで、東京・上野にある「餃子の帝王 アメ横店」に行ってきたのでレポートしたい。

続きを全部読む

大阪王将のイベント「プレミアム餃子無料大試食会!」に行ってきた / 3時間以上立ち続けて餃子3個ゲット

「王将好き」とひと言で言っても、「餃子の王将派」か「大阪王将派」の2パターンある。ロケットニュース24では、これまで何度か「餃子の王将」に関して紹介してきたが、そのライバルとも言えるのが大阪王将だ。

そんな大阪王将が2014年7月10日から、一部店舗を除き全国で “プレミアム餃子” と呼ばれる「絶品国宝豚餃子」を発売する。ちなみに、価格は5個で390円だ。その無料試食会に行ってきたので、会場の状況も含めてレポートしよう。

続きを全部読む

【餃子の王将】知らない人が意外と多いから言うけど「ジャストサイズメニュー」ってメッチャ使えるからね!

一部ファンの間から、大衆中華を越えた大衆中華と言われている「餃子の王将」。「寝言でも “イーガーコーテル” と言ってしまう」という中毒者もいるほどの大人気中華料理チェーンだが、そんな「餃子の王将」にまつわる ”あるもの” が意外と知られていないので、ここで紹介したい。

それは、餃子の王将の「ジャストサイズメニュー」現在(2014年5月16日時点)、東日本エリアのみで展開しているメニューだ。これを活用すれば、少ない予算で色々なメニューを食べられるよ!! 「通常メニューだと量が多くて……」という時にも使えるよ!! ということで詳細は以下の通りだ。

続きを全部読む

【4月30日まで】「餃子の王将」の東日本エリアで販売されている期間限定新メニュー「黄金炒飯」が大衆中華のレベルを越えている件

どんな飲食店でも、何回も通っていると、ついお気に入りのメニューばかり頼んでしまうことがある。そのため、新商品が出ても「いつも頼んでいるものの方が美味しいかも」という気持ちから、試すのを躊躇してしまう人もいるはず。

そんな人に「この新商品だけはマジで試した方がいい!」というメニューを見つけたので紹介したい。それは、大衆中華料理チェーン「餃子の王将」の東日本エリアで販売されている「黄金炒飯」だ。4月30日までの期間限定発売で、今後グランドメニューになるかどうかは、まだ未定。もしかしたら、食べられるのはあと10日間程かもしれないぞ!!

続きを全部読む

「餃子の王将」の唐揚の粉を「世界の山ちゃん」の手羽先にかけて食べてみた / 結論「辛さと香ばしさがアップして最高の手羽先に」

「餃子の王将」の人気メニュー「鶏の唐揚」。それに付いている粉は、一部で「マジックパウダー」とか「魔法の粉」などと言われているのをご存知だろうか? その呼び名の通り、各香辛料が絶妙な加減で調合されており、脇役にしておくにはもったいないないほどクオリティが高い。

そんな「餃子の王将」の「鶏の唐揚」に付いている粉を、居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」の人気メニュー「幻の手羽先」にかけて食べてみた。結論を先に言うと、あの手羽先がさらに辛ウマになったぞ!

続きを全部読む

【グルメ】餃子の王将は無料で中華飯を「アンダク」にしてくれる

熱烈なヘビーユーザーが全国にいることで有名な餃子の王将。一部からは「中華料理店というより、夢の劇場」「死ぬ間際に “イーガーコーテル” と言って息を引き取りたい」と言われている史上最高最強の中華料理チェーンである。

そんな餃子の王将で、隠れた人気メニューと言われているのが、中華飯だ。実は、この中華飯、以前お伝えした天津飯と同じく無料でアンダク、すなわちアン多めに対応してくれるという。そこで、実際に餃子の王将へ行って、確かめてみた。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2