「湯島」にまつわる記事

【コスパ最強】1杯450円の「八重山そば」が毎日でも食べたいシンプルなウマさ / 湯島『みやら製麺』

ラフテー、ゴーヤチャンプルー、サーターアンダギーなどなど、数ある沖縄料理の中でも個人的に特にウマいと思うのが「沖縄そば」だ。クセのないアッサリ系スープとシコシコ麺の相性は控えめに言っても最高。いい意味での “素っ気なさ” が最大の魅力だ。

ところがどっこい、都内で沖縄そばを食べるとなると「沖縄料理専門店」に出かけるか、数少ない「沖縄そば店」に行くかの2択を迫られる。今回ご紹介するのは後者の方で、上野・御徒町・秋葉原エリアの人には自信を持って『みやら製麺』をご紹介したい。

続きを全部読む

都内最高レベルの「つゆなし担々麺」にシビれまくり! 湯島の『阿吽』は行列でも並ぶ価値アリの名店だゾ!!

ここ数年、都内ではラーメンのバリエーションが急激に増えている。つけ麺や油そば、台湾まぜそばなどと同じく、よく目にするようになったのが「汁なし担々麺」だ。その名の通り、スープの無い担々麺で、都内には名店と呼ばれる店がいくつか存在する。

その中の一つ、湯島の阿吽(あうん)の名は、汁なし担々麺好きの人ならば、絶対に聞いたことがあるだろう。一言でいえばそのクオリティは間違いなく都内最高レベルで、多少の行列でも並ぶ価値がある絶品なのだ。

続きを全部読む

【創業65年】老舗のふわふわなサンドイッチは毎日食べたい素朴な味 東京・湯島『北海ベーカリー』

「継続は力なり」とはよくいったもので、長く愛されるにはそれなりの理由がある。上野と秋葉原の間に位置する “湯島駅” 付近の路地裏に、ポツンとたたずむ『北海ベーカリー』もその一つだ。

創業65年の老舗サンドイッチ店の外観は、いかにも「年季入ってるなぁ~」といった感じで、悪く言えばボロいとも思えなくはない。ただお店に入りサンドイッチを一口食べれば、なぜこのお店が長く続いているのか、きっとわかることだろう。

続きを全部読む

【意外にはじめて】「シンハーの生ビール」が飲めるタイ料理屋がオープンしたぞー! 湯島『サイアム食堂』

タイのビールといえば、シンハービールが有名である。1933年にタイで生まれ、王室にも認められた由緒あるプレミアムビールだ。ラベルに刻まれた獅子のマークでご存知の人も多いことだろう。現地ではシンハーの生ビールが飲めるが、日本ではオペレーションの問題などがあり、取扱店は極端に少ない。

日本ではビンでしか飲んだことがない人のほうが多いはずだ。かくいう私もその一人。だが、シンハーの生ビールが飲めるお店が東京・湯島にオープンしたという……。行くしかねーだろ! というわけでシンハーの生ビールを提供する、サイアム食堂に行ってきたぞ!!

続きを全部読む