「テイクアウト 『かきごおり丼』やってます」

その貼り紙を発見したとき、私は思わず二度見してしまった。特に、“丼” の部分をしばらく凝視していたように思う。理由はもちろん、“ 丼” だからに他ならない。

かきごおり丼。そんな丼は今まで聞いたことがない。だが私の目の前には、「かきごおり丼やってます」という貼り紙が確かにある。ということは、かきごおり丼が実在しているということだ。

では、一体どんな丼なのだろう? 親子丼や牛丼のように、下にご飯でも入っているのだろうか? いや、パフェのように何種類ものスイーツが使われたものを「丼」と呼んでいるだけかもしれない。と気になって仕方がなかったので、実際にお店でテイクアウトしてみることにした。

・オシャレな人気カフェが販売

ちなみに、その貼り紙があったお店の名は「サカノウエカフェ」という。私は近所に住んでいるので何度も店の前を通ったことがあるが、新型コロナが起きる前には行列が頻繁に出来ていた。それだけ人気のカフェなのだろう。

でもだからこそ、私は近くに住んでいながら2〜3度しか同店を訪れたことはない。「混んでない時に行こう」と思っていたら、なかなかタイミングが無かったのだ。近所にある人気店というのは、得てしてそういうものかもしれない。


・食べたからこそ知ったこと

それはさておき、『かきごおり丼』である。結論から最初に言うならば、思っていたものと全然違った。いや、私が勘違いしたと言えばいいのか。とにかく、私が『かきごおり丼』を購入し、身にしみて知ったことを述べておきたい。

まず、「サカノウエカフェ」のかき氷がめちゃくちゃウマいということ。私は今まで同店を数回訪れておきながらが、コーヒーくらいしか飲んでなかったことを後悔せずにはいられなかった。それくらい美味かった。一言で言うと上品な味で、しっかりスイーツしているのだ。

ちなみに後で知ったことだが、マツコ・デラックスさんも番組で同店を訪れ、かき氷を絶賛している。


・食べて得た教訓

あと、もう1つ教訓的なことを書いておくとしたら、ググって1番上に出たものを無闇に信用するなということだ。たとえば今回、私は店に入る前に『かきごおり丼』をスマホでググった。するとトップに出てきたのが、福岡の上毛(こうげ)で人気だという「かきごおり丼」を紹介した記事であった。

記事によると、かきごおり丼とはご飯にかき氷・大葉・梅肉・キュウリ・薄焼き卵を乗せ、上から和風だしをかけたメニューだという。


かき氷にご飯だと!?


美味しいのかどうかは食べてみないと何とも言えないが、そんな一風変わったメニューがオシャレカフェで販売していることが面白い。そして何より興味深いのは、福岡の上毛で人気の丼が密かに東京に上陸していたことだ。

かき氷においては、上毛が流行の最先端を走っているということか? これはスクープである。大手メディアなら余裕でスルーするだろうが、ロケットニュース的には大スクープだ。

そこで私はお店に入り、かきごおり丼をオーダー。同時に、お店の人に「かきごおり丼」についても聞いてみた。すでにググって大まかな内容を知っているのだが、お店独自のアレンジが施されている可能性が高そうだから確認しておこう。そんな軽〜い気持ちで聞いたのだが……。


・焦った

お店の人が教えてくれた内容が予想外だったために、私は焦った。焦りすぎて、今までの人生でもっとも心がこもってない「まぁ、そうですよね」を発することになった。

よくよく考えれば、「予想外も何も、その可能性は十分にあるだろ」という感じなのだが、ググったことで私は油断していたのだ。落合博満の名言を借りれば、「ど真ん中ほど難しい球はない」といった感じだろうか。では、一体どんな “ど真ん中” な答えだったのかというと……


私:「かきごおり丼って、氷以外に何が入ってるんでしょう? “丼” だから白米とかも入ってるんですか?」


お店の人:「いえいえ(笑) 普通のかき氷ですよ」


私:え? ……では、かきごおり丼って、なんで “丼” と付いているんでしょうか?」


お店の人:どんぶりのような大きな器に入っているので、かきごおり丼と呼んでます」


私:「そ、そうなんですね。まぁ、そうっすよね………………………………」


[完]


・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 サカノウエカフェ
住所 東京都文京区湯島2-22-14
時間 当面の間 12:00~16:00 ※変更の可能性があるので、お店のSNS(Facebook / Instagram)をチェック!
休日 月曜日

参照元:Google「かきごおり丼」
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼というわけで、サカノウエカフェの『かきごおり丼』は普通のかき氷!

▼ただ、普通と言うにはめちゃくちゃウマいが……。

▼味はメニューから選ぶ。今回は「ショートケーキ(税抜926円)」をチョイス。

▼イチゴはかきごおり丼の中にも入っていた。

▼見た目も美しい……。

▼勘違いからの新発見!

▼マツコさんも訪れていた。

日本、〒113-0034 東京都文京区湯島2丁目22−14