「汁なし」にまつわる記事

「どん兵衛の魅力は汁だろ!」と豪語するオッサンが、汁なしのどん兵衛焼きうどんを食べたら、考え方が180度変わった!

即席カップうどんの定番商品といえば日清の「どん兵衛」である。わざわざカップうどんと説明しなくても、どん兵衛といえば、誰でもそれがどんな食べ物なのか理解できるはずだ。私(佐藤)は個人的に、どん兵衛の魅力は “汁” にあると思っている。高校生の頃には友達によく「汁だけちょうだい」とねだったものだ。

ところが! 最近販売を開始した商品は “汁なし” だ。焼きうどんなのである。汁があってのどん兵衛じゃなかったのか! けしからんッ!! ということで、確認のために食べてみたところ…………お! いいねえ~

続きを全部読む

【北海道ラーメン探訪】 最高級の香辛料を使用した『汁なし担々麺』で刺激と旨味を堪能せよ!!「175°DENO 〜担担麺〜」札幌

一昔前は濃厚な味噌ラーメンばかりが目立っていた札幌ラーメンだが、ここ最近では煮干や鶏白湯ベースのラーメンが人気を博している。さらに今、札幌でアツいのが、とある店の「汁なし坦坦麺」だ。

第29回目となる「北海道ラーメン探訪」は、札幌で話題の担担麺専門店『175°DENO ~担担麺~』をご紹介したい。店主が中国四川省へ出向いて買い付けた香辛料を使用したという、本格派の担坦麺が人気のお店だ。

続きを全部読む

日高屋の「汁なしラーメン辛子明太子豆腐」がどこを目指してこうなったのか全くわからない件

最近、汁なし系の麺がひそかなブームを呼んでいるようだ。油そばのチェーン店をあちこちで見かけるようになり、大手チェーンも汁なしメニューに力を入れ始めている。日高屋もその例外ではない。

日高屋が提供を開始したのは、「汁なしラーメン 辛子明太子豆腐」(単品590円)である。え!? 明太子? 豆腐? ラーメンなのか、ラーメンじゃないのかさっぱりわからないので、実際に食べてみたぞ!

続きを全部読む

極上の香ばしさ! 練馬区桜台「破顔」の『特製汁なし』はわざわざ食べに行く価値がある!!

ネットやテレビで美味しそうなものを見つけても、「ウマそう! ……けど遠いな」と諦めてしまうことは多いもの。それこそ、かなり自分好みのお店や料理でなければ、わざわざ知らない土地に出向くことは、滅多にないだろう。だがしかし……。

もし「油そば」が好きな人で、まだこのお店の油そばを食べたことが無い人がいたら、「わざわざ行け! その価値あるから!!」と、猛プッシュしたくなる一品と巡り合ってしまったのでご紹介したい。それが東京は練馬区に店を構える「破顔」の『特製汁なし』だ。

続きを全部読む