「失恋」にまつわる記事

日本の人はあんまり知らないだろうけどBIGBANGの「HARU HARU」って曲のPVが号泣必至 / 大切な人のことを想いながら見て欲しい

あなたは失恋した経験をお持ちだろうか? その人のことやその人と過ごした時のことを想うと、胸が苦しくて苦しくて張り裂けそうになるあの気持ち……。出来ることなら味わいたく感情だが「苦しさの分だけその人のことを愛していた」とも言えるのかもしれない。

今回はそんな失恋をテーマにした “とんでもなく泣けるPV” を発見したのでご紹介しよう。歌っているのは韓国の男性アーティストグループ「BIGBANG(ビッグバン)」で、2008年にリリースされた『HARUHARU(ハルハル)』のPVがとんでもなく泣けるのだ。

続きを全部読む

【なぜ?】カナダ人男性(64)が47年前にフラれた彼女から貰ったプレゼントの包みを今でも開けない理由

クリスマスに家族や友達とプレゼント交換をした人は、大勢いることだろう。なんといってもプレゼントは、何が入っているかワクワクしながら開けるのが一番の楽しみではないだろうか。

そんな瞬間を47年間も “おあずけ” にしているという男性が登場して、ネットで話題になっているので紹介したい。なんでも彼は、半世紀近くも前にフラれた彼女から貰ったプレゼントを、今でも開けられないというのである!

続きを全部読む

片想いの相手に『私とデートするべき理由』と題したパワポ資料を送りつけた女性がツワモノ! 相手の返事はNGも大企業が興味深々!!

最近は、男性が草食化しつつあるのに対し肉食系女子が増え、恋愛でも女性が積極的に意中の男性にアピールする展開も多いようだ。

そんななか、片想いの相手に ‟あなたが私とデートするべき理由” と題した資料を送り付けた女性が、「ツワモノすぎる!」とネットで話題を呼んでいるので紹介したい。だが、その努力もむなしく相手の男性の返事は色好いものではなかったのだが、ある大企業が彼女の資料に感銘を受けたようなのである!

続きを全部読む

ウェイター達が目撃した『悲惨な初デート』をネットで告白!「相手が心臓発作を起こして死亡」など5選

初デートは緊張すると同時に期待で胸が膨らんで、とにかくドキドキである。しかし、そんな気持ちとは裏腹に、最悪な結果に終わることもある。

そこで、海外掲示板サイトRedditにて、ウェイターやウェイトレスが今までに目撃した「悲惨なデート」色々について語っているので、いくつか紹介したい。自分が経験した最悪なデートと、‟悲惨” レベルを比較してみてはどうだろうか。

続きを全部読む

デート中に相手の女性がトイレへ → その直後「もっとイケメンと付き合いたい」とメールで告げられた男性が気の毒すぎる件

誰でも初デートは、「もしかしたら真剣交際に発展して、相手が人生の伴侶になるかも!」なんて想像して、期待に胸が膨らむものである。それだけに、上手くいかなかったらガッカリしてしまう訳だが、そんな状態を軽~く通り越して、気の毒すぎる事態に陥ってしまった男性がいるので紹介したい。

なんと、その男性はデート相手がトイレに立ったまま帰って来ず、挙句の果てに、超~落ち込んでしまうメールを受け取ったというのだ!

続きを全部読む

‟傷心” をテーマに「想い出の品をディスプレイする展示会」が異色! 意外に明るいムードで大盛況に!!

時として恋愛関係は壊れやすく、ある程度人生を生きてきた人なら、1度や2度ぐらい、辛い別れや失恋を経験したことがあるのではないだろうか。

最後まで添い遂げたとしても、死による別れは避けられないため、常にパートナーシップには ‟別れ” が付き物である。そんな、恋愛関係における ‟傷心” をテーマに、「想い出の品をディスプレイする展示会」が開催されることとなり、コンセプトが興味深いので紹介したい。展示された品々を見ていると、妙に心がしんみりとしてしまうのである。

続きを全部読む

【漢のレシピ】失恋した男は肉を食え! 男は黙ってニンニクペースト!! ニンニク食って漢になろう!

唐突だが、失恋すると大抵の男は女々しく弱々しくなってしまうと筆者は思っている。恋がキミをそうさせるのかもしれないが、泣いても悩んでいても彼女は戻ってこない! 

そんな気持ちで、肉にオサレな〇〇ソースなんかをかけるなんて、漢(おとこ)としてこそばゆい! そこで提案したいのが、失恋時のニンニクである。失恋した時こそ……漢は黙ってニンニクなのだ! すりおろしタイプのニンニクペースト!! そう、スーパーやコンビニで売っているチューブ式のあれだ。

続きを全部読む

失恋を乗り越えるためにゴキブリやサソリはいかが? ゴキに失恋相手の名前を付けて憂さ晴らし!相手に “ゴキ” を贈るサービスが始まる

女性・男性に関わらず、サソリやゴキブリなどを苦手とする人は多い。確かにちょっとグロテスクな見た目だが、慣れてくればカワイく……見えるような気もする。それでも「触るのも見るのも無理!」という人もいるだろう。

しかし現在、サンフランシスコ動物園が、「ゴキちゃんたちが、失恋で負った心の傷を癒してくれる方法がありまっせ!」と呼びかけているのだ。え〜と、ちょっと話が分からないのですが……。

続きを全部読む

【コラム】欲しかった商品を自分が買ってすぐに大幅値下げされると失恋に似たせつなさを感じる

自分が直感で「欲しい!」と思うものは、他の人にとってもそうであることが多い。それが『人気商品』だ。人気商品は当然、なかなか値下げされない。Amazonなどで多少値が下がっていることはあっても、見つけた時にはすでに品切れ……ということもしばしば。

よほど欲しいのなら定価でも買うが、定価で買うには微妙に高いと感じる商品が存在するのもまた事実。定価で買おうかどうするか……そんなギリギリの攻防が崩れる瞬間、それは、20〜30%オフという「微妙な値下げ」発生時である。

続きを全部読む

【コラム】なぜ「ここ一番の大勝負」の時に限って鼻毛が出ているのか

どう人間があがいても、自分の目からダイレクトに「鼻毛」は見えない。奴らときたら、ご主人様から見えないことをいいことに、やりたい放題の大盤振る舞い。抜いても切っても整えても、「ここぞ!」という場面でピロリンチョと出ているのだ。

かなり神経質に鼻毛カッターなどを用いて処理をしても、なんのつもりだか1本だけ「ど〜も〜」と勝手に挨拶している始末である。まさに「ここ一番の大勝負」の時に限って、いくら注意してもグイグイと出しゃばってくるのだ。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

晩婚化の理由はいろいろあるが、結婚しないという人の意見としては、「自由や気楽さを失いたくない」や「そもそも必要性を感じない」などが多いよう。だが、結婚が心身共に良い効果をもたらすとしたらどうだろうか。

イギリスにあるカーディフ大学のデビッド氏とジョン・ガラシェール氏は、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの論説で、結婚は精神的にも肉体的にも健康に良い影響を及ぼし、結婚期間が長いほどその効果は高まると発表した。

続きを全部読む