「大気汚染」にまつわる記事

【何が起こった】中国人が「大気汚染データの改ざん」を計画 → やりすぎてビル全体が氷漬けに! 騒動になり計画もバレる

「目的のためなら手段を選ばず」。文字通り、目的達成のためなら何でもするという意味だが、その手段の選びようによってはとんでもない事態を引き起こすこともあるようだ。

まさにそんな事案が中国で発生したという。なんとビル1棟が氷漬けになってしまったというのだ。その原因が「大気汚染データの改ざん」。データの偽造が、どうしてビル1棟を凍らせることになったのだろうか。

続きを全部読む

【恐怖映像】たった20分で地獄絵図! 北京の大気汚染が震えるくらいヤバい

ここ数年、日本にも深刻な影響をもたらしている中国の大気汚染。2017年も新年早々から視界の悪さの影響で欠航便が多発し、各地で高速道路が閉鎖。北京の汚染指数は、最悪レベルの「危険」を上回る「指標超」の状況が続いた。

それを聞くと、今から黄砂が飛び交う春先に向けて不安しかないが、追い打ちをかけるようにひとつの映像が世界を震撼させている。タイトルは「Beijing Airpocalypse Arrival」。これは北京の地獄絵図を収めたものである。

続きを全部読む

大気汚染が深刻な中国で「山岳地帯の住民が新鮮な空気」 を販売! きれいな空気に飢えた都会人に大好評!!

大気汚染が大きな問題となっている中国では、環境汚染による国民への健康被害も深刻になるばかりだ。空気を吸わずして生きていけない人間にとって、その空気が毒とあっては、毎日の生活がサバイバルである。

そんななか、空気が澄んだ中国の山岳地帯に住む村人が、都会人向けに新鮮な空気を販売し始めたというのだ。大気汚染フリーな空気は結構なお値段がするのだが、村を訪れた人々に大好評だというのである!

続きを全部読む

世界一の大気汚染国は中国ではなくインド!! とにかく大気質指標の数字がヤバすぎる!

深刻な中国の大気汚染は、偏西風であおられた大気が日本まで押し寄せてくることがあるため、他人事ではない。そのせいか、日本では中国の大気汚染ばかりがクローズアップされて「大気汚染=中国」と連想しがちだが、世界一の大気汚染国は中国ではなくインドなのである。

とにかく、「北京を大きく上回る大気質指標の数字がヤバすぎる!」と、話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

【中国ヤバイ】最悪大気汚染の中国が宇宙から激写される / NASAが公開! 上空から見てもやっぱりヤバイ

2015年11月30日、北京の大気汚染が今冬最悪を記録したという。街はPM2.5のスモッグで真っ白。視界が100メートルを切り、翌12月1日には日本大使館から在留邦人に極力外出を控えるよう注意があったという。

そんな中国大陸を宇宙から見た画像が公開されたそうだ。早速確認したところ、スモッグで覆われた北京は……宇宙から見てもヤバかった。

続きを全部読む

【大気汚染】日本発北京行きの飛行機がスモッグの影響で着陸できず → 他の空港にも受け入れ拒否されピンチに!

霧の影響で飛行機が着陸を見送ったという話は聞くが、深刻な大気汚染問題を抱える中国ではPM2.5が原因と見られるスモッグで、着陸不可という事態が発生しているようだ。

仕方がないと言えば仕方がないのだが、今回、空港や航空会社側の対応がマズかったのではないかと問題になっている。北海道の旭川空港から北京空港に向かった飛行機がスモッグの影響で着陸を断念、別の空港に受け入れを求めたところ相次いで拒否されたというのである。

続きを全部読む

北京の大気汚染は「核の冬に匹敵する」と科学者が警告 / 食糧生産や観光業にも影響

日本でもPM2.5が日々観測されるようになり、中国で深刻化する大気汚染が日本に及ぼす影響も心配されている。そんななか、太陽の光が届かないほど大気汚染が悪化している北京の状況は、「核の冬」に匹敵すると科学者が警告しているのである。

続きを全部読む

【中国】深刻な大気汚染のなか結婚写真を撮るカップルが世紀末すぎると話題

幸せな2人の姿を映し出すウェディング・フォト。誰だってベストコンディションで最高の笑顔を残したいのではないだろうか?

中国で思わず「世紀末だ」と言いたくなるような新婚カップルが激写されたそうだ。結婚写真を撮影中の2人の顔を見てみると……何じゃコリャーっ!? 華やかなドレス姿に、軍隊のようなイカツイ防毒マスクを着用しているのである。

続きを全部読む

【速報】PM2.5汚染が深刻な中国上海が完全に世紀末 / 晴れの日の昼間だとは思えない

深刻な大気汚染問題を抱える中国。2013年12月26日、上海市でPM2.5の濃度がかなり高まった。

現地晴れの日の昼間だというのに、オレンジ色の靄(もや)がかかり、まるで夕方!! セピア色のフィルタをかけたかのような、魔都っぷりを発揮しているのだ。

続きを全部読む

【衝撃】宇宙から見た中国が大気汚染の影響で地形が判別できない件 / 中国ネットの声「ヤバい! 長江が見えない!!」

現在、微粒子物質「PM2.5」等による深刻な大気汚染が問題視されている中国。大気汚染を原因とするスモッグで、ひどい地域では5メートル先も見えない状況だと報じられている。

そんななか、NASAの人工衛星がとらえた中国の上空写真が衝撃を与えている。そのスモッグは宇宙からでもハッキリと確認することができ、川などあるはずの地形が見えないほどになっているというのだ。

続きを全部読む

深刻な大気汚染の中国で15キロの空気清浄機を背負って買い物する女性が激写される / 女性「あたしゃ命が惜しいよ!」

深刻な大気汚染が問題視されている中国。先日、上海市が公表している大気汚染指数が6段階中最悪の「深刻な汚染」レベルに達し、内外に不安が広がっている。

市民はマスクなどで自衛しているようだが、いま、ある女性の「大気汚染対策」が話題になっている。それは、外出するときに空気清浄機を背負っていくというもの! 15キロもの空気清浄機をランドセルのように背負い、買い物をする女性の姿が激写されたのである。

続きを全部読む

【大気汚染】今日もヤバイけど11月4日の「PM2.5」拡散予測がもっとヤバイ! 日本がすっぽり覆われるぞ

中国の大気汚染による影響で、日本の広い範囲で汚染粒子「PM2.5」が飛来していると予測されている。飛来は、明日(2013年11月1日)明後日と続く見込みだ。

NHKの「大気汚染粒子拡散予測」を見ると、1週間の汚染粒子の動きを確認することができる。これを見ると明日・明後日よりも11月4日の方が飛来する量が多いように見える。この先も用心した方が良いのではないだろうか。

続きを全部読む

【チャリティモンスター】深刻な大気汚染の北京であの富豪が「新鮮な空気の缶詰」をバラまく

過去に例を見ないほどの深刻な大気汚染に見舞われている中国・北京。日本でもその影響が心配されている。

そんな危機的状況の北京に、あの男が舞い降りた! 「中国一の慈善家」もしくは「チャリティモンスター」こと陳光標(チェン・グァンビャオ)氏である。

東日本大震災の被災地ではポテチを配り、反日デモで自動車を壊された市民には自腹で自動車をプレゼントしたりと、何かとアジアのピンチに駆けつける陳氏。その陳氏が今度は北京で「新鮮な空気の缶詰」を配布したのだという。

続きを全部読む

空気の汚染度を鼻毛の長さで表した地図が話題に / 日本はほぼ全てで「短い」の結果! 但し埼玉のみやや長め

よく「空気が悪いところでは鼻毛が伸びる」などと言うが、あなたの鼻毛はどうだろうか。

アジアの空気の汚染度を鼻毛の長さで表示させるマップが登場した。その名は「Clean Air Asia」。またの名を「アジア鼻毛マップ」である。

続きを全部読む