「三十代女子の恋愛奮闘記」にまつわる記事

似ているようで違うもの、世の中にはたくさんあります。ウナギとアナゴ、レギンスとスパッツ、マナとカナ……。そのなかから今回は、「嘘をつくことと、あえて黙っていること」に注目してみましょう。

嘘をつくことと、あえて黙っていることは全くの別物です。これを混同してしまうと、男女間にはトラブルが起きてしまいます。たとえば、貴女の彼氏が、貴女と出会う前にホストクラブでの勤務経験があるとしましょう。それをずっと知らされず、ある時何かのきっかけで知るところとなります。その際、何故か烈火のごとく怒る女性のなんと多いことでしょう。「隠し事するなんて酷い!」と彼氏を責めたて謝罪させる前に、よく考えてみてください。彼氏は何故、貴女に打ち明けなかったのでしょうか?

続きを全部読む

いかに愛する恋人といえども、「これだけはしてほしくないこと」ってありますよね。自分の前で鼻クソをほじらないでほしい・自分の前で放屁しないでほしい・デートでは奇抜すぎる服装は避けてほしい等々。では、「他の異性と二人きりで食事」はどうでしょうか? 

一般男女から意見を募ったところ、「同性の友人や、複数名での食事ならともかく、異性と2人きりでの食事は謹んでほしい」という意見が多かったことに驚かされました。正気でしょうか? たかだか食事ですよ。仕事上の付き合いで、「帰り、メシ食ってくか?」という流れになることもあるでしょうし、異性の友人と「たまには食事でもどう?」ということもあるでしょう。それすらダメなのでしょうか? 

続きを全部読む

「肉食系女子」という言葉がすっかり市民権を得た昨今ではありますが、それはごく一部の女性で、現実には受け身体質の女性のほうが圧倒的多数でしょう。メールや電話も男性側から来ることを望み、デートやチョメチョメも男性から誘われたいのが乙女心といったところでしょうか。それらが是か非かというジャッジは非常に難しいです。というのも、女性は生物としての構造的に受け身であるため、チョメチョメの際のみならず、日常生活や考え方が受け身になりがちなのも、やむを得ないからです。

続きを全部読む

集団で生活するうえでは、何かしらルールが必要です。たとえばエスカレーター。暗黙の了解で、急ぐ人のために片側を空けることになっていますよね。いま流行りのルームシェアでも、「●時以降は音楽を聴かない」とか「月一回ミーティングには参加必須」、「ルームメイト内でチョメチョメしない」など、一定のルールを設けて生活しているようです。

続きを全部読む

彼氏に「お金を貸してほしい」と言われたらどうしますか? 三択をご用意させて頂きました。

1.貸す
2.金額による
3.貸さない

大人の女性として正しいのは、さて何番でしょうか? 答えは「3」です。「1」は論外ですし、「2」と答えた人も今後大きな失敗を犯す危険性がかなり高いです。100円だろうと100万円だろうと、ビタ一文たりとも貸さないのが鉄則です。

続きを全部読む

「ギブアンドテイク」という言葉がありますね。「相手に利益を与え、自分も相手から利益を得る」という意味です。もう少し簡単な言い方をすると、「持ちつ持たれつ」と言ったところでしょうか。

ビジネスの世界では当たり前とされている、非常に的を射た言葉ですよね。ギブアンドテイクの精神は、ビジネスだけでなく日常生活にも置き換えることが出来ます。カフェだろうとラーメン屋だろうと、代金を「ギブ」することによって、商品を「テイク」……、提供される仕組みになっています。つまり、世の中は「ギブ&テイク」で成り立っているといっても過言ではないのです。

続きを全部読む

三十路の失恋は、10代20代よりもダメージが大きいといいます。「元カレとの思い出があまりにも美しすぎて、他の男性に目が向けられない」や「新しい彼氏を元カレと比べてしまい、すぐに別れてしまう」、「元カレのことばかり考えてしまい、毎日泣いてばかりいる」等々、失恋のショックから立ち直れずにいる女性も多いことでしょう。一時的に物思いにふけるのは大いにけっこうですが、引きずってしまうと、先に進めなくなってしまいます。元カレを忘れるには、どうしたらいいのでしょうか?

続きを全部読む

「ナウい」、「ボイン」、「ハウスマヌカン」。かつては多くの人々に親しまれていたのに、時代と共にいつしか使われなくなった言葉を「死語」といいます。いまどき、「その服、ナウいね」という言い方はしませんし、バストが豊かな女性を「ボインちゃん」と呼ぶこともありません。洋服屋で働く人も、ハウスマヌカンではなくショップ店員というのが一般的です。

死語と同様に、「いまどき、そんなこと言う人いるの?」という死フレーズもありますよね。髪を切った人に「失恋したの?」と聞いたり、「結婚相手は三高じゃなきゃイヤ!」というのが、まさしく死フレーズです。挙げていけばキリがなさそうですが、今回は「仕事と私どっちが大事?」という死フレーズに注目してみたいと思います。

続きを全部読む

日々の食材は、割高なコンビニよりも近隣のスーパーマーケットを利用している人も多いでしょう。さて、平日は別として、土日にスーパーにおもむくと、あまりの混雑ぶりに驚かされることがありますよね。混雑の正体は、特売をやっているわけでもなければ、有名人が来店しているわけでもありません。単に、土日だからです。土日のスーパーは、テーマパーク並みに混雑するものなのです。

何故か? 休日のスーパーは家族連れが多いからです。おじいちゃん・おばあちゃん・ダンナさん・子どもたち……。一族郎党引きつれて買い物に来ている家族のなんと多いことでしょう。普段はスイスイ歩ける売り場も、意味がわからないくらい混雑していますよね。

続きを全部読む

最近の三十路女性は、本当に若く見えるようになりました。「若く見えねえよ、BBAめ!」という心ないご意見は、ここではあえてスルーさせて頂きますね。

若々しい三十路女性が増えたのは、まず化粧品会社の企業努力による製品開発の力が大きいと思われます。それに加えて、一般女性のメイクの腕前も、ひと昔前に比べると格段にアップしていますよね。これは、女性誌のメイク特集が影響しているのでしょう。女性誌といえば若作りではなく、でも若く見えるファッション特集にも力が入っているようです。そのほか、挙げればキリがないほどの、アンチエイジング法がちまたには溢れ、それに比例して若々しい三十路女性が急増中です。

続きを全部読む

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。それに対して、「下手の横好き」ということわざもあります。後者のほうは「チョメチョメがヘタクソな男性に限って、横から挿入など、あえて難しい体位に挑もうとする」という解釈もあるようですね。

という余談はさておき、まったく正反対の意味を持つふたつのことわざ、どちらも「確かに!」と納得させられてしまうシーンが日常でいくつも見受けられます。ところで、ポジティブかネガティブかという観点で見ると、前者のほうが圧倒的にポジティブです。そこで今回は、「好きこそものの上手なれ」ということわざに注目してみましょう。

続きを全部読む

先日、美容院でふと手にした女性誌に、アラサー男性3名による座談会が掲載されていました。テーマは「女性の私服」について。仕事中は制服の人も、始業前や終業後は私服姿を見せることがありますよね。「男性は、どうせ女性のファッションに無頓着」かと思いきや、意外と細かくチェックしているようです。

続きを全部読む

先日、美容院でふと手にした女性誌に、アラサー男性3名による座談会が掲載されていました。雑誌に載るのは芸能人ばかりとは限りません。一般人の本音をクローズアップする目的で、こういった座談会が催されるのは珍しいことではありませんが、たいていは女性座談会が多いですよね。そういう意味でも、男性の座談会は貴重だと思い読み進めてみたのですが、テーマは「女性宅に遊びに行った際に気になる部分」とのこと。

続きを全部読む

恋愛において、「好き」とか「嫌い」という感情以上に厄介なのが「飽きる」ことです。恋愛以外でも、人間ですから飽きてしまうことってありますよね。大好物の食べ物でも、毎日食べ続けるとさすがに受けつけなくなりますし、ゲームやフィギュア収集など趣味に飽きることもあります。

付き合いの長いカップルが、愛情が冷めたわけではないけれど、なんとなく飽きた場合は「マンネリ」といいます。マンネリ打破に関しては、既にあちこちで語られているので、ここではあえてスルーさせて頂きますね。付き合いの長いカップルのマンネリよりも身近なのが、正式な交際に至るまで前に飽きるケースです。

続きを全部読む

「黄金比」という言葉がありますね。人間が、もっとも均整がとれていると感じる比率のことで、古代ギリシャ時代には「神の比」とまで言われました。デザインや建築、さらには美容整形の現場でも使われる「黄金比」ですが、この言葉が転じて、たとえば調味料を配合する際に、「魚の煮付けの黄金比は醤油とみりんが……」などと使われることもあります。

料理をしない人には興味が湧かない話かもしれませんが、合コンにも黄金比があると聞けば、関心を持たずにはいられないでしょう。

続きを全部読む

日本人には、他民族と比べて「恥」を重んじる文化がありますよね。大人になると特に、悪口を言われることよりも、恥をかかされることのほうが嫌だと感じる人が多いのではないでしょうか? 

何をもって「恥」と見なすかは、人それぞれ価値観が異なるでしょう。たとえば、シーンとしたオフィス内で爆音級のオナラをしてしまった場合。「恥ずかしくてもう会社に行けない」と思う人もいれば、「生理現象なのだから恥ずかしくもなんともない」と開き直れる人もいます。

続きを全部読む

自分にとって実質的損害がなくても、なんとなくイライラさせられることってありますよね。たとえばテレビのコマーシャル。イラつくポイントには個人差があるでしょうけど、すべてのコマーシャルを聖人のような穏やかな気持ちで観ていられる人はほとんどいないはずです。

テレビのコマーシャル以外にも、イライラさせられる物事は日常に多数潜んでいますね。最近は、「女子」という言葉に、どうにもこうにもイライラさせられるという男性、多いようですね。「女子力」や「女子会」などの言葉を耳にするたび怒りに震え、ネット掲示板やツイッター等でその怒りを爆発させている男性のなんと多いことでしょう。

続きを全部読む

日本にも海外にも、「お騒がせ女優」とあだ名される女優さんがいますね。個人名は挙げませんが、彼女たちの共通点は、普通に仕事だけをこなしていれば、高評価を得られる卓越した演技力を持っていながらも、なぜかプライベートで様々な「お騒がせ」を巻き起こしてしまうという点です。

彼女たちのような「お騒がせタイプ」は、私たち一般人のなかにも存在します。といっても女優さんではないので、周囲が騒ぐわけではありません。一人で騒いでしまうケースです。

続きを全部読む

元々はテレビ業界用語だったものが、私たち一般人にも浸透するケースも珍しくないですよね。「ギロッポン」(六本木)、「ザギン」(銀座)、「シースー」(寿司)など。今回はそういった業界用語の中から、「カキタレ」という言葉に注目してみたいと思います。

カキタレは元来ひとつの言葉ではなく、「カキ」と「タレ」が合わさった言葉です。「カキ」は性行為、「タレ」は女性。つまり、カキタレとは「性行為要員の女性」を意味します。下品な言葉ですね。下品な言葉ではありますが、業界人と一般人の距離感が近付いたことで、このカキタレという言葉もずいぶん浸透した感があります。要するに、一般人のなかにもカキタレであるという人が増えつつあるということです。

続きを全部読む

片想いのお相手をデートに誘い、断られたとします。さて、あなたはどうしますか? 現代人に一番多いのは、断られそうな相手は誘わないタイプでしょうか。その次が、二度と誘わない人が多いのかもしれませんね。このような負け戦をしない恋愛スタンスや、見込みの無さそうな相手はさっさと諦めるというやり方も悪くはないのですが、私はあえて何度かリベンジすることをオススメします。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15