「三十代女子の恋愛奮闘記」にまつわる記事

「ツンデレ」という言葉があります。ヲタクでなくとも、この言葉を知らない人はいないでしょう。「ツンツンしている女子が、ふいにデレデレした表情を見せること」を指します。数年前には、ツンデレを売りにしたメイドカフェも流行りましたね。「オムライスにケチャップかけてほしいの? やぁよ、面倒くさい!」、「私がかけたケチャップじゃないと食べられないだなんて、しょうがないわね!」など、客を客とも思わないようなツンツン発言を連発、それなのに閉店時は「また来てくれなきゃ、いじけちゃうから!」と、デレッとした一面も見せるという接客形態が、一部のマニアにウケていたようです。

続きを全部読む

「現代人は想像力が乏しくなってきている」、最近、よく耳にする言葉ですね。インターネットが普及していなかった昭和の時代、思春期の青少年たちは、エッチなオカズをゲットするのにもひと苦労したそうです。今の時代は、パソコンやケータイで好きなだけ女体を閲覧することが可能ですが、当時の青少年はインターネットどころか、エッチな雑誌すら身近な存在ではありませんでした。

そのため、国語の教科書に載っている文学作品をなんとかエッチな方向に脳内変換できないものかと妄想したりして、想像を膨らませてオカズにしていたりしたとのこと(還暦超え男性談)。

続きを全部読む

「重くないオンナ」をお求めの男性の皆さんに朗報です。ついに重くないオンナを見極める、超カンタンな方法が発見されました。なお、「重くないオンナ」というのは、体重の軽いスリム女性のことではありません。「付き合って!」とか「私のこと好き?」、「会いたいぉ!」や「寂しいぉ」などとほざくことのない、ドライな女性のことです。

ドライを装っている女性はたくさんいます。しかしオンナという生き物は困ったもので、一度でも肌をあわせると、勝手に情をわかせ、真剣交際を迫ってしまうもの。最初のうちは、「私は他に好きな男性がいるし、本気にはならないわ」と言っていた割には、カラダを重ねた途端に、妙に馴れ馴れしい態度をとってくる女性……。オトコなら一度や二度は遭遇しているはずです。

ですがなかには、ごく100%に近い確率で、真剣交際を迫ってこないドライ女も存在します。残念ながら、「100%!」とは言い切れませんが、出来るだけ重いオンナを避けるためにも、ドライ女を見分けるテクニックを心得ておいて損はないでしょう。

続きを全部読む

貴女が初めて手帳を持ったのはいくつの時でしたか? 中学生 ~ 高校生くらいでしょうか? 私は高校生の時でした。某ドーナツ店の景品だったのですが、手帳を持つことでなんとなく大人に近付いたような気がしたものです。最近では紙の手帳ではなく、電子手帳やフリーメールのカレンダー機能を使っている人のほうが増えているのかもしれませんね。

続きを全部読む

血液型での性格診断がさかんなのは日本だけだといいますね。欧米諸国では、自分の血液型を知らないという人も少なくないですし、そもそも血液型による性格診断には、なんの科学的根拠もないと言われています。それでも、なんとなく当たっているような気もしますし、飲み会やコンパなどの場においても、血液型トークで盛り上がることがありますよね。

先日、とある血液型診断を読んでいると、ある血液型の特徴として、「自分からは誘わないが、誘われると断らない」という記述がありました。これは、血液型という枠に限らずとも、こういったタイプの男性って、まれに見かけますよね。

続きを全部読む

諦めの悪いオンナ……。彼氏に、「ほかに好きなコが出来たから別れてほしい」と言われても、「別れたくない!」と泣き叫んだり、意中の男性に相手にしてもらえないどころか、むしろ避けられているということが自分で分かっていても、それをなかなか認めようとしなかったり。気持ちはよくわかりますが、みっともいいものではないですよね。10代20代の若いお嬢さんなら「一途で微笑ましい」という見方も出来ますが、三十路女の場合は、残念ながら「微笑ましい」とは思ってもらえません。イタいだけです。「周囲にどう思われようとかまわない!」という人もいるかもしれませんが、自分自身にとっても決して良いことではないですよ。三十路ともなると、ひとつの恋にダラダラと時間を費やすわけにもいきませんから。

続きを全部読む

モテたいなら、「コリラックマ」女子になりましょう。といっても、コリラックマのグッズを集めるという意味ではありません。コリラックマには、恋する女性が見習いたくなるようなモテ要素がたくさんあるんです。

■美白
まずは美白! コリラックマは白クマの着ぐるみという設定なのでしょう。全身が白いです。白い肌は、男ウケすること間違いなし! もちろん、男性の中にも「小麦色に焼けた健康な肌が好き」という人もいるでしょうが、一般的にはやはり色白が好まれるものです。

続きを全部読む

「メールを制する者は色恋を制する」、これは男性にのみ当てはまります。というのも、女性という生き物はびっくりするくらいメールが好きです。いや、メールが好きと言ってしまうと語弊がありますね。正確には「メールで愛情を測る生き物」だと思ってください。

想いを寄せる男性へ送るメール文面を、何かの学会に提出する論文かというくらい練りに練って考えます。語尾・絵文字・顔文字、さらには送信する時間帯まで、よくもそれだけ情熱を傾けられるものだと感心させられるほど、熟慮を重ねます。

続きを全部読む

最近めっきり見かけなくなりましたね。といってもコンドームの自販機や、ラブホの回転ベッドのことではありません。トランクスのことです。製造中止になったのでは? と疑いたくなるくらい、トランクスを見る機会が減ってしまいました。では、男性たちは何をはいているのでしょう? ノーパンでしょうか? 白ブリーフでしょうか? いえいえ、普通の答えで恐縮ですが、現代男性たちがはいているのはボクサーパンツが主流のようです。

ひと昔前までは、トランクス派とボクサーパンツ派は半々だったような気がします。それがいったいどういった理由で、ボクサーパンツが主流になったのでしょうか?

続きを全部読む

「彼氏がかまってくれない」、恋愛中の女性からよく聞く言葉です。メールをくれない、デート回数が減った、エッチが手抜き等々、言いたいことは山ほどあるかと思いますが、そのなかから今回は「髪の毛」に注目してみたいと思います。

続きを全部読む

巷の恋愛ハウツー本を読んでいると、必ず出てくる言葉が「コンパ」。「コンパで恋人をゲットする方法」だとか、「コンパで好印象な立ち居振る舞い」など、様々なテクニックが紹介されていますよね。それらを読んで、「そもそもコンパに行ったことがないのだが……」と、一人静かにボヤいている人もいるでしょう。そう、コンパ童貞やコンパ処女って、決して少なくないんです。

コンパ童貞・コンパ処女の人に話を聞いてみると、「現代人特有の、他者と関わりを持ちたくない自己完結タイプ」というわけではないようです。「誘われたら行く」とのことですが、その「お誘い」が来ないので、今日までコンパ童貞やコンパ処女をこじらせてしまったとのこと。

続きを全部読む

現代は飽食の時代といわれていますが、大昔は食料の確保にも大変な苦労を伴っていました。当時は、ふくよかな肉体は「富の象徴」とされ、痩せ型の女性よりも、ムチムチ体型の女性のほうが美人とされていたそうです。そういえば、名画・名作と言われる絵画や彫刻の裸婦たちは皆、ふくよかな体型をしていますよね。

痩せている女性のほうが美しい、という価値観が浸透したのは、1950年代に活躍した往年の大女優オードリー・ヘプバーンの影響が大きいでしょう。それまでに活躍してきたグラマーな女優とは相反する、美乳・薄い体・長い首・細い腕・小尻などが、スクリーンの中の彼女に憧れる一般女性に与えた影響は絶大でした。

続きを全部読む

飲み会やコンパの二次会で、カラオケに行くこともありますよね。また、デートの際に、ゴハンを食べてからいきなりホテル……、というのもなんとなく情緒がないので、とりあえずカラオケに行こうということもありますよね。

いずれにせよ、カラオケに行った際は、男性は極力上手に歌ってください。そして女性は、なるべくヘタクソに歌ってください。というのも、男性はカラオケが上手いほうがモテます。逆に女性は、カラオケがヘタクソなほうがモテます。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15