「三十代女子の恋愛奮闘記」にまつわる記事

【三十代女子の恋愛奮闘記】自分から誘っておいて「連絡がない男」の胸の内

皆さんは、自分から誘っておいて連絡がない人に遭遇したことってありますか? 自分から誘っておいて、そのあと音沙汰なしはないでしょ! 今回はそんな男性の胸の内を考えてみたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】どうしたらいい!? マナーやデリカシーがない彼氏に対する対応

世の中にはマナーのない男性がたくさんいます。女性からすると「どうして?」と思うことをしている男性は多いものです。今回は、そんなマナーやデリカシーのない男性に関する話です。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】恋愛が「自然消滅」してしまう場合の原因と対策

恋が毎回自然消滅で終わるという女性がいます。彼女たちの恋には何故きっちりと終止符が打たれないのでしょうか。その原因を探り、対策を見出していきましょう。

1.猛女と判断されてしまった場合
交際が順調だった頃から、彼氏が貴女に対して「俺のカノジョはキレたらとんでもないことになりそうだ」と、猛女(もうじょ)のイメージを持ってしまう場合があります。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】浮気をされた際に絶対やってはいけないこと

恋人に浮気をされた際に、絶対にやってはいけないことがあります。それは、正論を叩きつけること。「どうして正論を叩きつけちゃいけないの? だって悪いのは浮気をしたカレ(カノジョ)のほうだよ」と思うかもしれませんね。

確かに仰るとおりです。二人は正式交際をしているのですから、裏切り行為を犯した側が悪いのは火を見るより明らか。しかし、悲しいかな「正しい者が勝つとは限らない」のが恋愛です。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】恋人のケータイをこっそり見る男性の実態について

いやぁ、最近増えましたね! 白髪のことではありません。恋人のケータイを見る男性のことです。恋人のケータイを見るのは女性の専売特許かと思っていましたが、近頃「彼氏にケータイを見られた」とため息をつく女性が激増しているようです。

筆者の見解では、男性は女性に比べて、恋愛の優先順位がびっくりするほど低いもの。したがって、恋人のケータイを見ようという発想自体が浮かばないものと思っていましたが、とんだ勘違いだったようです。最近男性はなぜ、恋人のケータイを見るようになったのでしょうか? 

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】合コン幹事が覚えておくべき基本的な心得

合コンで一番肝心な役割を果たすのは、幹事さんではないでしょうか。人数集めやお店の予約を引き受けてくれるのには、本当に頭の下がる思いです。と、言いたいところですが、なかには「幹事失格!」とツッコミたくなるようなヘタレ幹事も存在します。

お店が、途轍もなくわかりにくい場所にあったり、騒がしいお店だったり。メニューがあまりにもチンケだったり……。そういった苦い経験から、ごく初歩的な「合コン幹事の心得」をお伝えします。

続きを全部読む

【色恋相談室 第10回】35歳男性「女性は子ども扱いされることを好むのか?」

皆さまからの色恋に関する素朴な疑問やお悩みに、恋愛コラムニストの菊池美佳子がお答えさせて頂きたく色恋相談室。第10回は、35歳の男性から寄せられたご相談です。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】合コンのお作法

合コンと聞くと、ひと昔前までは「大学生がやるもの」というイメージでしたが、最近では「オトナ合コン」という言葉が表しているように、三十路・四十路世代の合コンも珍しくない時代になりました。「最近めっきり誘われなくなった」という人も、いつ合コンのお誘いがやってくるかわかりません! 有事に備えて、合コンのお作法をおさえておきましょう。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】スタンプのみ・文章ナシの「LINE」に対する対処法

時代と共に変化するもの……と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか? ファッションやメイクがわかりやすいですね。そういえば、紺ブレやボディコン、ケミカルウォッシュ、肩パット入りジャケットなどが一世を風靡した時代もありました。メイクも、お歯黒やアムラー風の細眉毛、ヤマンバメイクなど、今となっては懐かしいですね。

時代と共に変化するのはファッションやメイクだけではありません。恋愛におけるアプローチもまた、時代と共に変化します。今回は最近の恋愛アプローチについて、考えてみたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】デート中に彼氏がケータイをいじり始めたら?

電車に乗っていると、7人掛けの座席に座っている7人全員がケータイをいじっている光景をちょくちょく目にします。あの光景を、「異様だ」とか「気持ち悪い」という人もいますが、股間をいじっているわけでもなし、許容範囲でしょう。

しかし、一人で移動中の電車内と、第三者と過ごしている時は別物と考えるべきです。先日出席した飲み会で、自分が興味の持てない話題になると、すぐにポケットからケータイを出していじり始める男性がいました。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】彼氏に「セクシーな写真を撮らせて」と求められたら?

彼氏に、「セクシーな写真を撮らせて」と求められたら、さて貴女はどう思いますか? おそらく、ほとんどの女性が「引く」と答えるでしょう。筆者が先日出席した婦人会でも、「彼氏の出張前に、セクシー写真を撮られた」と発言した参加者に対して、ほかの参加者からは「ありえない!」という声が挙がっていました。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】押さない・走らない・しゃべらない「おはし恋愛」な現代人

避難訓練の「おはし」、覚えていますか? 社会人になってからの、職場の避難訓練では「おはし」を言われることは少なくなってきましたが、小中学校の頃は「押さない(お)・走らない(は)・しゃべらない(し)」と、厳しく指導されたものです。

避難訓練で大事なこの「おはし」を、恋愛でも取り入れている現代人が存在します。最近の「おはし恋愛」について見てみましょう。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】彼氏のケータイを見るよりも「お尻」を見ましょう!

見てはいけないと言われるとますます見たくなってしまう心理状態のことを「カリギュラ効果」といいます。今回はこの見てはいけないと言われる心理について、考えてみたいと思います。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】デート代は全額彼氏持ち? それとも?

恋する熟女の皆さん! 突然ですが、彼氏とのデート代ってどうしていますか? 今回はデート代から見えてくる恋愛事情をひも解いてみましょう。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】カノジョになるよりも、カノジョであり続けることのほうが難しい

先日、某国民的アイドルグループが出演した番組で、司会者の口から次のような言葉が出ました。「アイドルになるよりも、アイドルであり続けることのほうが難しい」。実に深い言葉ですね。この言葉は、私たち一般人の恋愛にも置き換えられるのではないでしょうか? 

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】彼氏が浮気をしたら別れる? それとも?

彼氏が浮気をしたらどうしますか? 「ダーリンは私にベタボレだから、浮気の心配はノープロブレム」と思う人もいるかもしれませんが、そう思っているのは自分だけかもしれませんよ。

また、「私の彼氏はブサメンだから、相手にするオンナなんて他にいないはず」という人もいるでしょうが、世の中には物好きもいますから油断は禁物です。というわけで今回は、彼氏の浮気が発覚した際にとるべき態度を考えてみましょう。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】好きな人にカノジョがいたら諦める? それとも?

片想いには、大きく分けると二種類あります。好きな人にカノジョがいるパターンと、カノジョはいないけど貴女のことは好きではないパターン。後者の方はだいぶ望みが薄いので、今回は前者に的を絞って考えてみましょう。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】再ブレイク芸人に学ぶ「復活愛大作戦」

お笑い関係者に、「新人がブレイクするのと、過去にブレイクした芸人さんが再ブレイクするのはどちらが難しいか?」という質問をしたことがあります。返ってきたのは、即答で「新人がブレイクするほうが難しい」とのこと。入れ替わりの激しい芸人さんの世界……。一度表舞台から姿を消すと再浮上は困難かと思いきや、全くの新人が売れるよりは、過去に一瞬でもブレイクした芸人さんのほうが可能性はあるようです。

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】恋愛を制するのはPORK女子・PORK熟女!?

肉食系女子も草食系女子も、もう古い! 雑食系女子も暴食系女子も、もう古い! 私は、「PORK女子」になることをオススメします。アラサー・アラフォー世代は「PORK熟女」ということになりますね。

PORKとは豚肉のこと。つまり「PORK女子」、「PORK熟女」は、豚肉からヒントを得ています。「えっ、ブタって……メスブタ? SMプレイ?」と思う人もいるかもしれませんが、決してM女になりましょうという話ではないのでご安心くださいね。では、「PORK女子」「PORK熟女」とは、どのような女性像を指すのでしょう? 

続きを全部読む

【三十代女子の恋愛奮闘記】男の「嘘」に対する価値観 / 嘘をつかれたくない? それとも真実は隠して欲しい?

男女がお付き合いをするにあたっては、相性や価値観の合う・合わないが取り沙汰されますが、筆者は「嘘に対する価値観が合う人 = 相性が合う人」と考えます。恋愛での嘘に対する価値観は、大きく分けると二つ。絶対に嘘をついてほしくないタイプと、自分を傷つけるくらいなら完璧に嘘をつき通してほしいタイプです。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13
  11. 14
  12. 15