「ヤンキー」にまつわる記事

【兄弟】正直、嫌いだから! 建前と本音が交差する屋上の不良達! 四コマサボタージュR第197回「本音の部分では仲良くないヤンキー」

続きを全部読む

【最高かよ】映画「ゴジラ vs コング」は10年に1度の傑作! ツッコミどころ満載 & 実はヤンキー映画だけど絶対に観た方がイイ!!

2021年7月2日、映画『ゴジラ vs コング』が劇場公開された。本作は2017年公開の「キングコング 髑髏島の巨神」の続編であると同時に、ハリウッドで製作された4作目のゴジラ映画となっている。

公開初日、朝8時50分の回で『ゴジラ vs コング』を鑑賞してきた私、P.K.サンジュンは確信を持ってこう宣言したい。「ゴジラ vs コングは10年に1度の傑作」だと。「娯楽映画とはこうあるべきなんだ」と──。

続きを全部読む

【名残り】まだ未練があるのか!? 完全なる悪には染まりきれない元・スポーツ少年! 四コマサボタージュR第122回「以前はガッチガチの体育会系だったヤンキー」

続きを全部読む

【どストレート】いいとこあるじゃん…とは思わせない! 見た目に反しない不良登場! 四コマサボタージュR第112回「プラマイゼロのヤンキー」

続きを全部読む

【劇場型犯罪】見抜け本心! 出すな金銭! 四コマサボタージュR第64回「惑わしてくるヤンキー」

続きを全部読む

【オラオラ】突き刺せ眼光! ぶちこめ速球! 四コマサボタージュR第22回「ヤンキーのテニスプレイヤーがやらかしそうなこと」

続きを全部読む

【2021福袋】ワル系ファッション「BIRTH JAPAN」の『オラオラ福袋(4378円)』が極悪過ぎた! 満員電車でもソーシャルディスタンスが保てるレベル!

おそらく全国のチンピラの皆さんはすでにチェック済み……いや、購入済みかもしれないが、悪党の店「BIRTH JAPAN」の『完全ド悪党福袋』がすでに販売を開始している。店長逮捕16周年記念の反省大セール中だから、豪華アイテムをお得にゲットできるチャンスだぞ。

というわけで今年は、着るだけでソーシャルディスタンスが保てるという「悪羅悪羅(オラオラ)ハズレなし福袋」を購入。さっそく開封してみたところ、マジで圧倒的にゴージャスな史上最凶セットアップジャージが入っていたでござる!

続きを全部読む

【ひがみ】目を覚ませ女子! 非モテの妬み爆発! おはようアサコちゃん第73回「オレ様が! 過ぎる!」

続きを全部読む

【仏恥義理】二度目の登場! 夜露死苦ぅな一幕! おはようアサコちゃん第57回「頂点目指して! 飛んでやんよ!」

続きを全部読む

【搾取児】手口がほぼヤンキー! 善悪が織りなす奇妙な搾取! おはようアサコちゃん第21回「ジャンプだよ! お兄ちゃん!」

続きを全部読む

ママチャリの「ハンドル」と「ヘッドライト」を交換したらカリフォルニアの風が吹いた / サーファースタイルにカスタム完了!?

自転車のカスタムにおいて、もっとも好みが分かれるのがハンドルの形状である。ハンドルを交換すると自転車全体の印象がガラリと変わってしまうため、あまり気軽に冒険はできない。しかし勇気を振り絞ることで、新たな世界への扉を開くことができるだろう。たぶん。

最近、ママチャリの改造にハマっている私は、とうとうハンドルの交換に着手することにした。前回は「自転車専用のマフラー」を取り付けたので、できればマフラーに見合うハンドルにしたい。となると、やはり……カマハンしかないだろう。

続きを全部読む

【愛羅武勇】持つ者、持たざる者! 天職を得た不良! 四コマサボタージュ第250回「子ども人気のあるヤンキーの保父さん」

続きを全部読む

【上級珍走団】育ちの良さ丸出し! 金ぞありしが明日なき暴走! 四コマサボタージュ第212回「家柄の良い家庭で育ったヤンキー」

続きを全部読む

【わからせ案件】謝るのも勇気! 不良による気合の入った謝罪光景! 四コマサボタージュ第198回「ヤンキーが土下座する時に起こりそうなこと」

続きを全部読む

【2020年福袋特集】悪党ファッション『BIRTH JAPAN』の「悪羅悪羅ハズレなし福袋(3666円)」の中には喧嘩上等の戦闘服が入っていた…しかし!

全国の悪党どもはチェック済みだと思うが、オラオラ系ファッション専門店「BIRTH JAPAN」では、2020年福袋の販売をすでに開始している。っていうか、同店では1年中福袋を売っていて、1週間ほど前に商品名が「2019年福袋」から「2020年福袋」となったのだ。

そして現在、店長逮捕15周年の反省大セールも開催中。つまり、アウトローなギラギラアイテムをお得にゲットするチャンスである。これは福袋も期待できるだろう……ということで早速購入。しかーし、ゴージャス度1000%の極悪人になるつもりがぁぁ!

続きを全部読む

二度と戻れないあの頃…盗んだバイクで走りだしたり、校舎の窓ガラス壊して回っちゃいそうな不良少年の末路… 四コマサボタージュ第36回「ヤンキーゴーホーム」

続きを全部読む

【4コマ】第6回「ジャンプ」四コマサボタージュ

続きを全部読む

ウン十年と『ヤンヤンつけボー』を食べてきたオレが行き着いた「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」がコレだ

突然だが、「ヤンヤンつけボー」って知ってるかい。スーパーとかでよく売ってる、明治「ヤンヤンつけボー」のことさ。オレはもう、ヤンヤン歴ウン十年。物心ついた時から食べている。40間近の今でも食べている。

ついでに言うなら海外でも食べていた。遠い昔、とある雑誌で、世界の「ヤンヤンつけボーっぽいお菓子」を実食レビューするコーナーを連載していたくらいのワールドワイドなヤンキーだ。そんなオレが行き着いた「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」を今回は紹介したい。

続きを全部読む

俺は何を血迷ったのか、皇室献上品の5000円もするトイレットぺーパーでケツを拭いちまった…… / 望月製紙「羽美翔」

人間とはケツを拭く生き物である。ケツを拭くからこそ、人間であるとも言えるだろう。「ケツを拭く」のはある種、人間に生まれたことの業(カルマ)であり、逃れることのできない宿命(さだめ)だ。

できることなら、この日々の営みを少しでも豊かなものにしたいと思い、何を血迷ったか私(佐藤)は3ロール5000円もするトイレットペーパーを購入して、ケツを拭いてしまった。まさか、皇室献上品だったとは……

続きを全部読む

【真相究明】ヤンキーは絶滅したのか? 『ヤンキー界の重鎮』岩橋健一郎氏に聞いた現在の不良事情がヤバすぎる!

昔はどの街にも「ヤンキー」と呼ばれる危ない輩がいて、駅やコンビニでたむろしている様子をよく見かけたものだ。それが今は、ほとんど見かけることがなくなった。地元愛が強い人を揶揄する言葉として「マイルドヤンキー」なんて言葉がささやかれるようにもなり、ヤンキーそのものは絶滅したと言って良いのかもしれない

しかし実情はどうなのだろうか? 「ヤンキー界の重鎮」と崇められる青少年不良文化評論家の岩橋健一郎さんに、現在の不良について尋ねてみたところ……ヤンキーは絶滅した訳ではなかった。岩橋さんいわく「今が1番危ない」という。一体どういうことのなのか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2