「ヒューマノイド」にまつわる記事

【トヨタの本気】ヒト型ロボット「T−HR3」がもはや人間 / 中に誰かが入っているかのような動きで遠隔操作も可能

日本の自動車メーカーが開発したヒト型ロボットといえば、ホンダのASIMOが有名だが、トヨタも負けてはいないようだ。先日、発表された新型のヒューマノイドロボットは、もはや人間のように滑らかな動きをする。

同社の情報によると、ロボットは操縦者の分身であるかのような感覚で操作できるほか、人間のしなやかな動きも実現しているとのこと。今回は、トヨタが先端技術をつぎ込んだというロボットの全貌を動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【驚愕】時速150キロで空を飛ぶフライボードがマジでヤバい! 近未来映画の世界がリアルになったかのよう!!

以前にロケットニュースでは、「サッカーの試合で近未来的なボール渡し」が実現したとのニュースをお伝えした。リアル筋斗雲とも言えるその光景は、驚かずにいられなかった人も多いのではないだろうか。

しかし、人が乗れてしまうドローンにビックリするのは、まだまだ早いぞ! なんと時速150キロで空を飛ぶフライボードが開発され、その映像がマジでヤバいのだ。もはやその様子は、近未来映画に登場するヒューマノイドにしか見えないのである!

続きを全部読む

【動画あり】こりゃスゲェ! あの二足歩行ロボット「アトラス」が不安定な足場も歩けるように進化!!

ソフトバンクの「Pepper」やシャープの「RoBoHoN」などのロボットが発売されて話題となっている昨今。それらのロボットは多くの機能を搭載してはいるが、まだまだ “歩く” という点に関しては発展途上なのが現状だ。

その一方で、歩くことにかけては世界一とも言える米国の二足歩行ロボット「アトラス(Atlas)」がさらに進化していた。今回は、驚くべきバランス感覚を身につけたその様子を動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

歌うヒューマノイドがほっぺたプルプルでめちゃめちゃカワイイ!

2011年11月9日から4日間の日程で開催されている「2011国際ロボット展」。世界最大級のロボット見本市とあって、会場の東京・ビッグサイトには日本の内外から272社(団体)が出展している。製造部門のロボットは、従来のものに比べて、よりスピーディで繊細な動きを実現しているようだ。

一方、最近需要が高まりつつあるサービス分野のマシンは、ロボットでありながらも癒しと温もりを与える存在へと、進化しつつある。特に、容姿については一昔前のロボットとは、随分異なり可愛らしいものさえ見受けられる。なかでも、歌って踊れるヒューマノイド「HRP-4C 未夢(ミーム)」(以下:未夢)は、本当にカワイイのだ。あまりに整った顔立ちに、男性であればおそらく一瞬「ドキッ!」とする感覚を禁じえないはず。

続きを全部読む