「ジョセフ・テイム」にまつわる記事

GPSランナーが『いいね!』でどこまでも走るチャレンジ開始! 応援しすぎると大変なことに……

2011年東京マラソンで走りながらUstream生中継をするランナー、ジョセフ・テイムさんが話題となった。当サイトでもインタビューを行い、彼の創意工夫についてお伝えしたのだが、そのジョセフさんがまたも無謀な挑戦を開始している。

それはFacebookの「いいね!」数に応じて、走行距離をのばして走るというもの。「いいね!」ひとつにつき100メートル、つまり100「いいね!」で10キロ、1000「いいね!」で100キロ。上限が設けられていないので、もしも1万「いいね!」ついてしまったら1000キロになってしまう。おいおい、大丈夫か? 応援されればされるほど、苦しくなるんだぞ。

続きを全部読む

走りをアートするテイムさんがまたも話題に! 東京をキャンバスに「アップルロゴ」を描く

2011年2月にiPhone・iPadなどのモバイル端末を駆使して、東京マラソンに参加し、ランニングの様子をUstream配信した男性ジョセフ・テイムさんについてご紹介した。彼は4台のiPhoneと1台のiPad、そのほかさまざまなモバイル端末用の機器を携行してフルマラソンに挑戦。まるで「移動スタジオ」とでもいえるほどの装備で注目を集め、日本はもとより海外からも評価を受けていた。

その彼が再び話題となっている。というのも、最近辞任したアップル社のスティーブ・ジョブズ氏に敬意を表し、東京をキャンバスにアップルロゴを描いたのである。

続きを全部読む

2月27日に開催が迫っている、3万人のランナーが参加する東京マラソン。今年で5回目となるこの大会は、日本最大規模の市民参加型マラソンで、国内は元より、海外でも注目を集めている。大会を目前に控え、参加予定の1人のランナーが海外で話題となっているのだ。その人物とは、ジョセフ・テイムさんだ。彼はUstreamで生中継をしながら、フルマラソンに挑戦しようとしているのである。その出で立ちは派手であるとともに、移動スタジオと呼んでも良いほどの凄まじい機能を備えている。

続きを全部読む