「シミュレーション」にまつわる記事

【サッカー】いくら何でも大根すぎる「シミュレーション」が激撮される

相手選手と頻繁に接触するサッカーにおいて、切っても切れない関係なのが「シミュレーション」と呼ばれる行為だ。これは触れていないにもかかわらず、やられたフリをすること。ブラジル代表のネイマールをはじめ、南米の選手は上手に審判の目を欺くことが多い。

試合を有利に進めようと芝居をやる選手も少なくないが、上手なはずの南米でいくら何でも大根すぎるだろっていうシミュレーションが激撮されたのでお伝えしておきたい。舞台は、2018年3月19日にチリで行われたウニベルシダ・デ・コンセプシオン(黄)vs コロコロ(白)でのことである。

続きを全部読む

【伝説サッカー動画】悪質なのに笑ってしまう! 史上最悪に恥ずかしい自作自演のファウル劇場

サッカーの長い歴史を紐解くと、伝説になっている選手がいればプレーもある。大抵の場合、その両方を兼ね備えていることが多いが、不名誉にも笑いの種となるような恥ずかしい行為だけが伝説になってしまう選手も存在する。

ということで今回は、そんな史上最悪レベルのシミュレーション……いわゆる審判の目を欺く行為で恥ずかしい思いをした選手をご紹介しよう。はたして、どんな反スポーツ的行為だったのか。さっそく、動画「Die dümmste Schwalbe des Jahrtausends!!!」をチェックだ!

続きを全部読む

【衝撃動画】これは恥ずかしい! 演技をすぐに見破られてしまう「大根役者」のラグビー選手

接触プレーがあるスポーツは多いが、中でも「ラグビー」は群を抜いてその回数がずば抜けている。元々 “衝突ありき” ということで、首へのハイタックルなど危険すぎるプレーでない限りは基本的になんでもありだからだ。

それだけに審判の目を欺く「シミュレーション」行為はほとんどないのだが、今回ご紹介する動画「”FIGHT VIDEO” – *A MUST WATCH*」ではめずらしく、そして恥ずかしすぎる選手が見られたぞ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】リアクション芸人のようなシミュレーションで一発退場になった選手が話題

サッカーの試合において、シミュレーションでファウルの判定を貰おうとする選手は少なくない。時にあまりの巧妙さでダマされてしまう審判もいるが、目を欺こうとする行為は厳しく罰せられる。

そんな褒められたプレーではないシミュレーションだが、ある選手の行為が笑えるくらいわざとらしすぎると話題になっている。その様子は動画「Berisha Red Card and Simulation vs Sydney FC」で確認可能だ!

続きを全部読む