「おじいちゃん」にまつわる記事

二次災害! 伝染したご老体! 四コマサボタージュDE第57回「魔法の国を救って」

続きを全部読む

アレもコレもノーダメ! 武に生きたおじいちゃん! 四コマサボタージュR第335回「武術をたしなんでいた祖父」

続きを全部読む

感じろ、時の流れ! 間接的にクリスマスプレゼントをもらうおじいちゃん! 土日のアサコちゃん第47回「大興奮! クリスマスのプレゼント!」

続きを全部読む

【エッセイ漫画】日々限界集落 68話目「パワー」

続きを全部読む

押しては返すさざ波のように! 九死に一生再び! 四コマサボタージュR第277回「押し戻し」

続きを全部読む

孫に伝われ! オレなりのリアルライフハック! 四コマサボタージュR第268回「大した人生を歩んでこなかったおじいちゃん」

続きを全部読む

【エッセイ漫画】日々限界集落 34話目「飛翔」

続きを全部読む

祖父宅への帰郷! 近代化するお小遣いの渡し方! 四コマサボタージュR第241回「最近よくVチューバーを見ている親子」

続きを全部読む

疲労困憊! 仕事とプライベートの区別がつかなくなってきたおじいちゃん! 四コマサボタージュR第203回「めちゃくちゃ疲れてるおじいちゃん」

続きを全部読む

【終盤】人生のラストスパート! 根に持ちやすい祖父が孫の結婚相手に抱かせる悪印象! 四コマサボタージュR第144回「微妙な空気に持ち込もうとするおじいちゃん」

続きを全部読む

【100回記念】定例の特別回! でも普段とそんなに変わらない! 四コマサボタージュR第100回「おじいちゃんの宝物」+おまけ2コマ漫画二本

続きを全部読む

【井〇屋】痛みなくして得るものなし! 感じろ季節感! 四コマサボタージュ第344回「多分あずきのやつ」

続きを全部読む

【若さ】老年の悲哀! 老いるということ… 四コマサボタージュ第330回「激辛カレーに見るおじいちゃんと孫の違い」

続きを全部読む

【トラウマ不可避】九死に一生! 長寿大国の闇! 四コマサボタージュ第247回「ラッキー」

続きを全部読む

【無知蒙昧の極み】亀の甲より年の功だと!? そんなワケあるかい! なおじいちゃん 四コマサボタージュ第217回「齢の割にモノを知らなすぎるおじいさん」

続きを全部読む

【リアルレポ】おばあちゃんの原宿「巣鴨」のいま / 若者の街「原宿」と比較したところ…

2020年4月7日、東京都に「緊急事態宣言」が発令される見込みだ。それでなくても初期の段階から「新型コロナウィルスはお年寄りや疾患がある人は特に危ない」と言われており、該当する人たちは注意に注意を重ねていることかと思う。

小池百合子東京都知事の「外出の自粛要請」があって以来、ビジネス以外で外出する人はかなり減ったように思われるが、果たして実際の街はどうなっているのか? 今回は “おばあちゃんの原宿” として知られる『巣鴨』の様子をレポートしたい。

続きを全部読む

【二者択一】ゴメンよ家では飼えない! 少年がとった選択… 四コマサボタージュ第175回「どっちか…」

続きを全部読む

お腹が8つに割れた68歳のムキムキおじいちゃんがスゴい! SNSに投稿してる筋トレ動画もリキ入りまくり!

好きな物を好きなだけ食べて、運動もせずにスリムな体型や細マッチョになれたら夢のようだが、そう現実は甘くない。

そこで、つい誘惑に負けてしまう……という人に喝を入れるためにも、お腹が8つに割れた68歳のムキムキおじいちゃんを紹介したい。とにかく、そのビジュアルが訴えるインパクトがハンパないのである!

続きを全部読む

【スゲエなじっちゃん!】メキシコで拳銃強盗が発生 → その場にいたおじいさんが強盗に飛びかかり圧勝

悲しいときやツラいとき、あなたはどうやって心をなだめていますか? 私は、当サイトの「強盗」にまつわる記事を読むようにしています。丸腰の女性が「銃を持った強盗」をフルボッコにしたかと思うと、銃を突きつけられても怖がらない店員がいたり、強盗を無視してイチャつき続けるカップルがいたり……と、強盗に負けない力強い市民たちの姿に勇気が貰えるからだ。

そして今回もまた、新たな猛者がこの「強盗」のカテゴリーに加わった。メキシコで撮影された強盗動画なのだが、その場に居合わせたおじいさんが強いのなんのって! 拳銃に怯むことなく、強盗と果敢に戦うのだ!!

続きを全部読む

【おじいさんの日】約15年間ほとんど話さなかった祖父の「衝撃の遺品」を発見した話

本日2月2日は「おじいさんの日」だ。これは伊藤忠食品が制定した記念日で、「じい(2)じ(2)」の語呂合わせから来ているという。おじいさんと言えば、みなさんの祖父はお元気だろうか。私(中澤)の祖父は、高校生になったくらいの時に他界した。

生まれてからずっと同じ家で生活していた祖父。しかし亡くなるその時まで、私は祖父がどんな人間だったのかイマイチよく知らなかった。思い返してもほとんど話した記憶がないのである。そんな祖父が使っていたベッドで、衝撃の遺品を発見した時のことを話したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3