世の中には数多くのトイレが存在しているが “東京駅の水景トイレ” はチャンスがあれば利用したいと心から願っていた。なんでも最新技術を使って、癒しと驚きを提供しているらしい。もちろん無料。つまり東京駅に行けば、トイレで未来を感じられるってわけ。

そしてついに……ついにチャンスが到来! 東京駅に来たぞォォオオオオオ! というわけでさっそく、駅改札内にあると噂される伝説の「水景トイレ」へ。一体どんな感じだったのかと言うと……

・東京駅の水景トイレ

東京駅といえば、2020年8月にエキナカ商業施設「グランスタ東京」がオープン。北通路周辺が整備され「スクエアゼロ」なるイベントスペースも誕生した。こちら日本の魅力を発信・発見するスペースである。吊りねぶた「風神雷神」が展示されていたぞ。


さらに待合所では、文字盤の数字がすべて「0(ゼロ)」の時計を発見。ゼロの由来は、東京駅が鉄道交通の上り・下りの起点であることを示す「ゼロキロポスト」だ。


東京駅には至るところに「ゼロキロポスト」がある。それぞれ違う形をしているから、探してみるとけっこう面白い……と、前置きはこのくらいにしておこう。本日の主役はトイレだからな。


そう、同じく2020年8月に、今回の主役「水景トイレ」が新設されたのだ。「水景」というワードがビミョーに難しいが、めっちゃ簡単にいえば、美しい水の演出を楽しめるトイレ……ってことでいいでしょう。たぶん。とにかくトイレに行ってみると……


おおおおお……


オオオオオオオオオオオオオオ!


まるでアクアリウムのような雰囲気。大型サイネージが設置され、水景の映像が映し出されている。ひんやり気持ちいい映像だ。完全にテーマパークじゃねえか……さらに入口には「個室の空き状況」が表示されている。これぞ最新技術!


中に入ると……今度は洗面台のガラス面に水が流れていた。ワーオ、滝のよう。聞けばこちら、ファンの間で「滝のおトイレ(多機能トイレ)」と呼ばれているらしい。


さて、メインとなる個室には、それぞれ日本各地の美しい水景画が飾られている。


説明には「次回の旅は美しい水辺の景色を見に出かけてみませんか」と書いてあった。トイレでこんなステキな提案をされるとは……


もし全個室が空いていれば、お気に入りの風景で用を足してみてはいかがだろうか。たとえどんなにお腹が痛くても、優雅な気持ちになれるはずだ。じっくりとこもりたい個室である。

そういえば、水景トイレはほとんど人のいない場所にあったため、行列どころかガラガラだった。もちろんタイミングが良かったのかもしれないが、けっこう穴場なのかも。場所は、グランスタ東京の地下1階。スクエアゼロのすぐ近くだぞ。いいトイレなのでぜひ!


参考リンク:グランスタ東京
執筆:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼キレイなトイレだ