「人が旅をするのは目的地に到着するためではなく、旅をするためである」と言ったのはゲーテだったろうか。ゲーテの本意がどこにあるかはさて置いて、確かに目的地に行きつくまでが一番楽しかったりする。そんな旅にさらなる思い出をプラスしてくれるアイテムが乗り物。

中でも記者は電車が好きだ。特に私鉄。見て乗って、その土地らしさを感じることで、軽く見積もっても倍は楽しくなる。さて、今回はさらに欲張って楽しみを増やすべく “食べることができる電車” を紹介しよう。電車の顔をパンで表現した、その名も『電車パン』だ! 

・あっという間に完売の大人気っぷり

電車パンを販売しているのは、京都の宇治市にある「手づくりパンの店ぶんぶん」。JR宇治駅と近鉄小倉駅のちょうど間くらいに店を構えている。店内をのぞくと、地元の人らしき姿でにぎわっていた。地域の人に愛されていることが感じられる、ほっこりとするお店だ。

中に入ると、小麦の焼ける香りでいっぱい。目当ての電車パンは大好評だと風の便りで聞いていたため、事前に取り置き予約をしておいて正解だった。記者が到着したのは11時前だったが、10時頃焼き上がったモノはすでに完売していたぞ。

午前中に行けない人でも心配ご無用。人気を受けて午前だけでなく、15時からも焼いているとのことだ。気合を入れて、焼き上がり時間に合わせて行くのも良いだろう。しかしどうしても手に入れたいという人は、記者と同じように電話で取り置きをお願いしておくことをオススメする。

・より可愛らしい電車に変身

そして非常にありがたいことに、「ぶんぶん」では作ってほしい電車のリクエストもすることができるのだ。どのような車種でも良いという訳ではないが、33種類ものバリエーションがある。記者は大好きな阪急電車・河原町行き(253円)を注文。あの濃いエンジ色の車体がタマランよな~。

一体全体どのようなでき上がりになっているのか。ワクドキしつつ手にすると、思わず笑顔になるほどの再現っぷり! それどころか、より可愛らしくなっているではないか!! 箱にでも入れて、ずっとながめていたくなるな。サイズは手のひらよりふた回りほど大きく、迫力も十分だ。

・電車の運転疑似体験もあり

電車パンだけで胸いっぱいだが、それで終わらないのが「ぶんぶん」の魅力。なんと200円以上の購入、または100円の支払いで店主・原田明さん自作の運転疑似体験機に乗ることができちゃうのだ。これはテンションが上がらずにいられない!! 

仕組みは手元のレバー操作に従って、目の前のジオラマが動くというもの。こちらのジオラマもまた原田さんお手製で、セットの中には「ぶんぶん」が建っていたりと凝っている。そのほか、店内の至る所に鉄道グッズが設置されており、まるで鉄道のテーマパークだ。

出発進行っ🚃💭

A post shared by Kinoshita_Masami (@masami_1010) on

鉄道ファンならずとも、ワクワクすること間違いなし! ちなみに原田さんは電車パンのために、電車の観察にでかけることもたびたびと仰っていた。なるほど納得な、電車愛にあふれる「ぶんぶん」。宇治の新しい名物として、今後ますます人気が出そうな予感がするぞ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 手づくりパンの店ぶんぶん
住所 京都府宇治市宇治半白8−94
時間 7:00〜19:00
定休日 水曜日

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼見た目のインパクトも大の電車パン(原田さん提供)

▼バリエーション豊か

▼記者は阪急パンをリクエスト

▼ボリュームたっぷり

▼店内には色いろな鉄道関連グッズが置いてある

▼運転疑似体験もできるよ

▼お手製のジオラマも凝ってる……‼ 

▼電車パン以外もモチロン美味しいぞ

▼電車愛の感じられる店主の原田さん

▼近鉄小倉駅とJR宇治駅の間にある「ぶんぶん」