気づくのが遅かった感もあるが、ここ数年で「これは便利!」と気づいた調理器具がある。ピーラーだ。食わず嫌いならぬ、使わず嫌いしていたのだが、いざ使ってみたら「こんなにもラクに人参の皮が剥けるのか!!」とビックリ仰天したものである。

そんなピーラー初心者の私がダイソーで発見したのが「ワイドピーラー80mm」。キャベツの千切りに便利らしい……と思った次の瞬間!! すぐ隣に「本格千切 キャベツピーラー」なる商品が。しかも価格は……200円!! ウムムムッ……!!

迷ったら両方買う! それが100均の醍醐味……!!


100円の『ワイドピーラー80mm』はオールステンレススチール製の中国産なのに対し……

200円の『本格千切 キャベツピーラー』は、「八工程の研磨加工」が施されているから「鋭い刃で本格千切り」ができるらしく、まさに「匠の技の切れ味」らしい。

作りもしっかりしており、本体と刃枠はプラスチック、刃部はステンレススチールで、信頼抜群の日本製ときた。

刃先を比べてみても……

なるほどなるほど、200円の方が丁寧な感じ……! これはもう……試す前から勝負あり!!

ということで用意したのは半切りキャベツ。

それをさらに半分にして……

まずは100円のキャベツピーラーでGO!!

しゃっしゃっしゃ……

ピーラーでのキャベツ千切りに慣れていないので……

シンクの中がとんでもないことになってしまったが、とりあえず千切りできた。切れ味もまあまあ、慣れたらもっと上手に使えそうだな……という感じで、特に悪い印象はない。


続いては、期待の「匠の技」こと……

200円キャベツピーラー!

しゃっしゃっしゃ……

ほっほ〜……

さっきよりも切れ味が鋭い気がする……


が!


やはりシンクの中がとんでもないことになってしまった。これは単に私のピーラーさばきがヘタクソなだけであるが、千切りされたキャベツを見比べてみると……

あ……あれれ〜?( ;∀;)

ぶっちゃけ、あまり違いがない。価格差2倍なんだからビックリするほどの違いがあると思ったんだけど……結果としては、使い勝手も仕上がりも、そこまでの差は出なかったのであった。

残りのキャベツは、いつものように包丁で千切りした。慣れているぶん、包丁のほうが楽だった。私にキャベツピーラーは早すぎた……いいや、遅すぎたのかもしれない。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

▼この時のキャベツでお好み焼きを作りました٩( ‘ω’ )و