「Twitterマンガ」にまつわる記事

【恐怖】街頭募金から衝撃の事態に! 外国人に追いかけられたというマンガに体験談多数「断ったら目の前で舌打ちされたことある」「こわああぁ!」

恵まれない子どもたちに愛の手を……街を歩いていると片言で話しかけてくる外国人。街頭募金は、大都市の駅前では日常の光景だ。

そんな街頭募金に協力しようとした結果、衝撃の結末になったというマンガが話題になっている。響く怒号! 追いかけてくる外国人!! 怖っ!

続きを全部読む

【痛快】業界人「○○は売れない」に対する歴16年のマンガ家の結論が話題!「目上の人の意見をうのみにしてはいけない」

就職は人生の一大転機と言っても過言ではない。この春、晴れて社会に飛び出した新社会人たちがいる一方で、来年度卒業生の中には就活をすでに始めている人も多いだろう。そんな中でクリエイターがぶつかるのが、夢か現実かという問題

当時、大学からは鼻で笑われ、編集者から「○○は売れない」と言われたマンガ家。2018年で歴16年となった彼が語るそんな意見への結論がとても痛快なのでご紹介したい。

続きを全部読む

【怖すぎ】不動産屋を名乗る人物が突然訪問「重要な話がある」→ 管理会社に確認した結果

部屋でくつろいでいる時に突然の訪問者。友達が来る予定はないし、Amazonで何か買った覚えもない。さて、あなたならどうする? 私(中澤)は、アポなし訪問は有無を言わさず居留守だ。

ただ、訪問者が管理会社を名乗ると出てしまうかもしれない。そこで「部屋の契約で……」と言われると話も聞いてしまうかも。今回紹介するのは、そんな心理につけ込んだ偽装訪問者の話である。

続きを全部読む

【衝撃】マンガ家が語る『実際にあったヤバイ打ち合わせベスト3』に同業者から共感の声「1位は私も経験あります」「わかります!」

突然だが、みなさんは『打ち合わせ』をしたことがあるだろうか。意識高い業界臭がするこの言葉。私(中澤)は、ちょっと苦手である。

雑誌編集部などは打ち合わせが多いイメージだが、現在、あるマンガ家が描いた「さすがにねーわ、と思った打ち合わせベスト3」が話題だ。ネット民は「どれもヒドイ」などドン引きしているが、同業者からは共感の声が。マンガ業界スゲェ……。

続きを全部読む

実録マンガ『ブサイクなので整形に行ってきた話』に共感の声多数「読みながら泣きました」「まだ中1だから整形はできないけど考えてます」

ネットを使う人なら「※ただしイケメンに限る」という定型文は1度は目にしたことがあるだろう。ネタとして使われるこの定型文だが、多分、みんな半分ガチで言ってるに違いない。それくらい容姿の違いに打ちのめされた経験のある人が多いということだろう。

顔面で言うと、私(中澤)ももっぱらハードモードな1人。現在、ネットで話題となっている実録マンガが、そんな私の胸に突き刺さって来たためご紹介したい。その名も『ブサイクなので整形に行ってきた話』DA。

続きを全部読む

【君の名は。】もし入れ替わる2人がオタクだったらこうなる / ネットの声「これはひどい」「俺も見ててiPhoneであれってなった」

『君の名は。』がついに2018年1月3日、地上波初放送を迎えた。田舎の女子高生・三葉と都会の男子高校生・瀧が入れ替わることから壮大なストーリーに繋がっていく本作。Twitterのトレンドも『君の名は。』関連で埋め尽くされるなど、放送日と翌日の盛り上がりも半端じゃなかった。

特に目立ったのは、映画内の小ネタツイートである。三葉の高校の先生は『言の葉の庭』の雪野先生説や、奥寺先輩の結婚相手は司くん説など。みんなよく見つけるなあ。もし『君の名は。』で入れ替わる2人が、そういった探偵クラスの推理力を持つオタクだったら?

続きを全部読む

【絶対言うな】北海道民がほぼ100%ブチキレる言葉がコレだ! 道民に言ってみた結果

北海道と言えば雄大な大自然。私(中澤)は北海道を旅した時、そのあまりの広大さに思ったものだ。「お前、本当に都道府県かよ」と。それほどに日本のスケールで測れないのが北海道。

そんな地に住む北海道民がほぼ100%ブチキレる言葉があるという。北海道在住のTwitterユーザー「石垣りょう(@ishigaki_ryo)」さんが投稿したマンガが「あるあるすぎる」と共感を集めているためご紹介したい。

続きを全部読む

ナンパにうっかりついていった結果……体験談を描いたマンガがネットで話題「めっちゃいい話」「こんなナンパならされたい」

ナンパ男が女性に声をかけているのは、東京の大都市の駅前でよく見かける光景だ。しかし、私(中澤)は女性側が無視しているところしか遭遇したことがない。銀座コリドー街などの有名なナンパスポットならまだしも、新宿とか池袋のナンパって引っかかる人いるんだろうか

そんなナンパに、うっかりついていってしまった女性の体験談がネットで話題となっている。「めっちゃいい人」「こんなナンパならされたい」「私もこういうナンパがしたい」という声が続出しているナンパ男の行動とは!?

続きを全部読む