「氷菓」にまつわる記事

【びっくりドンキー編】チェーン店のかき氷食べ比べ! コメダに勝るとも劣らない大ボリュームに死にかけた話

チェーン店のかき氷食べ比べ、今回は「びっくりドンキー」だ。全国で期間限定メニュー「イチゴ雪氷」を提供中。

最初は「ドリンクかな?」と思ってスルーしかけたのだが、いやいやどうして。立派なソフトクリームであった。

……繰り返すが、立派なソフトクリームであった。それは「かき氷」の定義を揺るがす1品だったのだ。

続きを全部読む

【くら寿司編】チェーン店のかき氷食べ比べ! 予想外にコスパ&味&ボリュームがパーフェクトな伏兵あらわる

大手飲食チェーンのかき氷を食べ比べるこの企画。話題性に事欠かないコメダ珈琲店、コスパ重視のガストなど、いくつかのファミレス&カフェを巡ってきたが、回転寿司チェーンでもかき氷にめちゃくちゃ力を入れているところがある。「くら寿司」である。

シーズンごとに季節限定メニューや店舗限定メニューが登場。近年ではハロウィン限定、クリスマス限定、お正月限定など夏以外でも氷菓が食べられることで知られる。しかしかき氷なら真夏のいまこそ本番! ということで食べてきた。

ちなみに筆者「くら寿司」のかき氷は初めて。正直さほど期待していなかったのだが……

続きを全部読む

【ガスト編】チェーン店のかき氷食べ比べ! 圧倒的安さと絶滅危惧種のガリガリ食感に出会う

ファミレス、カフェなどチェーン店のかき氷を食べ比べるこの企画。47都道府県とまではいかなくとも、全国に広く知られた飲食チェーンであることを条件としている。となれば「すかいらーく」グループを外すわけにはいかない。

今回は「ガスト」である。他チェーンより少し遅め、先日始まったばかりの夏季限定かき氷をレポートしたい。

続きを全部読む

【星乃珈琲店編】チェーン店のかき氷食べ比べ! 出会えたらラッキーな高級&高品質かき氷がこれだ!!

チェーン店のかき氷を食べ比べるこの企画。大々的にキャンペーンを展開しているわけではないが、毎年静かに、しかし堅実にかき氷を提供しているのが星乃珈琲店だ。

全国に250を超える店舗があるなか、今年のかき氷の提供店は計48店舗ということで、残念ながら未実施の店舗の方が圧倒的に多い。出会えたらラッキーなレアキャラだが、実にエレガントなのでぜひオススメしたい。

続きを全部読む

【ココス編】チェーン店のかき氷食べ比べ! ケーキみたいな濃厚かき氷なら “甘党の聖地” ココス一択!!

チェーン店のかき氷を食べ比べるこの企画。コメダ珈琲店が愛知の雄だとすれば、ココスは茨城の星だ。いまでも地盤である茨城県にもっとも店舗が多いそう。

ココスも「毎年メニューが変わる」「複数のユニークなフレーバーが登場する」という点から、まぎれもなくかき氷ガチ勢と呼べるだろう。

かたやカフェ、かたやファミリーレストランと少々スタイルは異なるが、かき氷に本気だという点で比較実食してみたい。

続きを全部読む

【コメダ編】チェーン店のかき氷食べ比べ! 絶対王者の名に恥じないコメダ珈琲店の貫禄

今年もファミレス&カフェチェーン各社で かき氷 を展開する季節がやってきた。フローズンドリンクまで含めると、氷菓を提供するチェーン店は結構な数に上る。

その実態は「毎年メニューを刷新する」ガチ勢から、定番商品をひっそりと守り続ける「いちごミルク一択」勢までさまざまだ。

そこで、各社の かき氷 を勝手にジャッジするのがこの企画。初回は誰もが認める “かき氷界の雄” コメダ珈琲店である。

続きを全部読む

氷菓を食べない私が「コメダ珈琲監修 フローズンコーヒーフロート」を購入してしまった理由

私(佐藤)は決めた、家ではアイスを食わないと。氷菓の類は食わないと決めたのだ。長年のアイス習慣によって体重が増加しただけでなく、「胆石」ができたからだ。

だから食わない。風呂上りにアイスを食べる習慣を捨てると誓った。だが、食べてしまいました……。コメダ珈琲監修の「フローズンコーヒーフロート」(税込172円)ってヤツを。

それには理由があるんだ! 言い訳させてくれよ!

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーに「夏といえばコレ!」っていう懐かしいヤツが売ってた! 君はなんて呼んでいる?

あっ! チューペットだ!! とあるダイソーに行った時、私は心の中でそう叫んだ。これは紛れもなくチューペット!! だが、私と同じチューペット派の人たちもいれば、そうでない人も多いということは知っている。

ポッキン、ポッキンアイス、チューチューアイス……などなど。それ以外の名前もあるのかもしれないが、私がダイソーで発見したチューペットの正式名称は『シャリッ! かき氷!気分』と『すっきり♪ ミルクシャーベット』だった。

続きを全部読む