「工事」にまつわる記事

【大改造】女性が3年かけて「古いバス」を改装したら…超素敵な移動住宅になって話題 / マジで劇的な海外版ビフォーアフター

アメリカといえば、食べ物のサイズも体格も「全てがデカい!」というイメージが強いと思うが、家だってデカい。広い土地を利用した邸宅に住んでいる人だって少なくないのだが、リーマンショックの余波を受けてか、最近は維持費や経費がかさむ大きな家よりも、小じんまりした家が人気を博しているとも言われている。

そんななか、ある女性が3年もかけて古いバスを移動住宅に改装! コンパクトではあるが、その出来がそこら辺の新築マンションなんかよりも素敵なので紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

【第4回】どうぶつの森日記:「工事の終わりが見えません」の巻

みなさん、こんにちは。今日もせっせとアジを釣っていますか? アジが欲しいときに限ってイカばかり……そんな時はいっそのこと「函館かよ!」ってくらいイカをバザーに出品してみてはいかがでしょうか? 

さて第4回目を迎えた『どうぶつの森日記』ですが、きっとみなさんがお悩みの “ある問題” について触れていきたいと思います。いつも通りゆるゆるとお伝えしていきますので、リラックスしてご覧ください。

続きを全部読む

【祝】マサイの村の枯れた井戸、ついに原稿料で復活す / マサイ通信:第100回

スパ! 今回のマサイ通信は、記念すべき連載100回目。正直、まさかここまで続くとは思っていなかっただろ? でも続いた。なぜならオレたちには極めてシンプルな目的があるからだ。オレの住んでるマサイの村の、枯れた井戸を直すって目的がな。

スマホで写真を撮りまくって、ネットで日本のゴー(羽鳥)に送って会話して、それをゴーが記事にして、稼いだ原稿料の一部を貯金して……って100回続けた。途方もない挑戦だったけど……ついに、ついに、マサイの村の枯れた井戸が復活したんだ!!

続きを全部読む

【閲覧注意動画】中国のエアコン工事がどこからどう見ても危険度MAX

急速な経済発展を続け、今や世界の中でもトップクラスの大国になった中国。しかしその一方で手抜き工事をはじめ、どこか不安を拭えないニュースは後を絶たない。最近では次から次へと想像以上の事件が起きるのも、もはや慣れっこになった感じさえあるほどだ。

そして今回ご紹介する動画「Care less, work more」もそんな中国らしさを象徴したようなもの。題してどこからどう見ても危険度MAXなエアコン工事。パッと見た感じ、普通の工事ではあるが……

続きを全部読む

【衝撃動画】まるで「スーパーマリオ」の世界! ルーマニアのパイプ検査が明らかにヤバい

『スーパーマリオブラザーズ』の主人公といえば「マリオ」だが、みなさんは彼の職業をご存知だろうか。高い身体能力や土管に入る姿などからも想像できるように、実は大工(映画では配管工)なのである。

技術の進歩もあり、今ではゲーム内で自由自在に動くようになったマリオだが、ある動画が一昔前の彼を思い出させてくれると注目を集めている。YouTube にアップされたタイトルは「constructii in Timisoara」だ!

続きを全部読む

ええっ、どうやって上げたの!? 12階建てビルの屋上で激しく作業する工事車両が話題に

中国は今建設ラッシュだ。古い建物が壊され新しいビルがどんどん建設されている。そんななか、高層ビルの屋上で激しく作業をしているパワーショベルのような工事車両が激写された。しかも、車両は掘った建材の上に絶妙なバランスでのっかっている情況。ちょっと動いただけで落ちてきそうだ。

あまりにも危険すぎる! 一体どういうことなんだと話題になっている。

続きを全部読む

背筋がゾクゾク凍る! あまりにも危険すぎる中国の高層ビル解体作業に中国人も絶句

中国の安全基準を疑う衝撃の光景に、中国人でさえも愕然としている。2008年に撮影された問題の動画には、ビル解体作業員たちが建物を壊していく様子が映されているのだが、あまりにも危険すぎるのだ。

この動画を撮影したのは、北京市内に住む中国人のbeijingvidsさん。自室のリビングルームの窓から外を見ると、驚愕の光景を目の当たりにしたという。

続きを全部読む

倒れそうで倒れない「異常に頑丈で危険なマンション」

先日、ロケットニュース24で「中国のモラルなき業界ワースト10」という記事をお伝えした。中国の不動産業界では、手抜き工事やニセモノ販売が横行しているというニュースである。中国では建築材料のゴマかしや手抜き工事等、基準を満たさない偽装物件が問題視されている。だが、そんな時勢もどこ吹く風、北京市に「異常に頑丈で危険なマンション」が出現して話題となっている。

続きを全部読む