「久世福商店」にまつわる記事

【2022年福袋】『久世福商店』は白米モリモリ食べる系の人にオススメ! 特別割引券も入っているよ

日ごろより、久世福商店にはお世話になっている。出汁やご飯のお供など、ちょっとした隙間を埋めてくれる商品がそろっていてありがたい。

そんな久世福商店の福袋を買わない手はない。オンライン販売、事前予約など購入方法が様々あるなかで、記者は年明けすぐに店頭で入手。さあ、何が入っているかなー??? 

続きを全部読む

全国の産直福袋が久世福商店オンラインショップで買えるぞぉー! 島根県のお茶福袋を買ってみたら、美味しいけどちょっと惜しい…

『旅する久世福商店』略して『たびふく』は、全国各地のお取り寄せグルメを取り扱っている産直スタイルのオンラインショップだ。そんなたびふくより初めて福袋が販売されるということでチェックしてみたところ……さすが久世福商店、どれを買っても美味しそう!

30種類以上用意された福袋の中から迷った筆者が選んだのは、島根県のお茶メーカー 千茶荘の『冬の健やか福袋』(税込5000円)。中にはなんと、あの出雲大社へ献納されたという銘茶まで入っているそうで、期待が高まるばかりだ!

続きを全部読む

久世福商店の『バナナミルクの素』、牛乳で割ろうとしたらこうなる…って知ってた? 大人気『いちごミルクの素』の姉妹品だよ

突然だが、サンクゼール・久世福商店の『牛乳と混ぜる バナナミルクの素』をご存じだろうか? 知らなくても、売り切れ続出の大ヒット商品『牛乳と混ぜる いちごミルクの素』の姉妹品と言えば、ピンと来る人だっているかもしれない。

そして姉妹品だけに、「バナナミルクの方も人気なのでは!?」と思った人がいたら……その通り。こちらは2021年1月から発売され、オンラインショップでは在庫切れの状態が続いている(2021年4月20日時点)……が!

続きを全部読む

久世福商店が監修する「カップ麺」があるって知ってた? あの “毎日だし” が使われているからか、さっぱりしていて上品な仕上がりだぞ

久世福商店の出汁シリーズには、大変お世話になっている。万能だしに昆布だし、毎日だしなど。食材に応じて使い分けられる、種類の豊富さもありがたい。

そんな久世福商店が監修するカップ麺があることを、ご存じだろうか。やはりと言うかなんと言うか「だし」を使い、仕上げているらしい。そんな豪華なカップ麺、食べずにおれようか。さっそく味わってみるとしよう。

続きを全部読む

完売続出の「いちごミルクの素」をついに買えたのでいろいろ試してみた / サンクゼール・久世福商店

突然だが「びっくりドンキー」のいちごミルクが大好きだ。底にたまった果肉を食べたくて、氷を別のグラスに移し替えて掘り進むほどである。

家で再現しようと牛乳にいちごジャムを入れたりもしてみたが、市販のジャムは溶けるというよりも分離する状態になり上手くいかない。店舗ではいちごミルク用に、生クリームを加えた牛乳まで用意しているというから敵わないのだ。

ところで、少し前から「サンクゼール・久世福商店」で大ヒットしている商品がある。「牛乳と混ぜる いちごミルクの素」である。「お1人様○個まで」の個数制限をしてもオンラインストアではたびたび欠品、実店舗では棚に並んだそばから売れていく。これはもしかして、期待できるのでは……?

続きを全部読む

【福袋2021】『久世福商店』は安定の使い勝手の良さ! 一家にひと袋あれば食卓が豊かになること間違いなしよ!!

福袋を買ってみたいが、どれを買って良いかサッパリ分からない人。久世福商店は良いぞ。料理をする人もしない人も、一家にこのひと袋さえあれば、食卓が随分と豊かになることを保証しよう。

記者は2020年にも、こちらの福袋を購入したのだが「絶対に来年も買う」と心に決めていた。それほどまでに、使い勝手が良いのだ。それじゃあ、気になる中身を公開しちゃうよ~! 

続きを全部読む

【2020年福袋特集】『久世福商店の福袋』は開封と同時に「次の日の献立」が頭をよぎる万能なラインアップ

個人的に、カルディに匹敵する便利さではないかと思っているのが『久世福商店』だ。カルディは世界各国のものが揃っているのに対し、こちらは日本に重点を置いている気がする。イオン内によく店舗を構えていて、使い勝手も良い。記者もご飯のおともなどを、時々同店で購入しているぞ。

福袋もあることは知っていたのだが、なんとなくこれまでスルーしていた。2020年になったのをきっかけに、特に理由もないが「購入してみよう」とようやく思い切った次第。結果としては大満足。もっと早く買ってみれば良かったな~。

続きを全部読む