「リーゼント」にまつわる記事

【最恐】アイパーリーゼントをかけたら迫力がヤバ過ぎた / 狂気と哀愁を漂わせる昭和的ツッパリスタイルが最高にナウい!

流行は繰り返されるものならば、そろそろ昭和ど真ん中なヘアスタイルが流行るに違いない。聖子ちゃんカットやソバージュヘア、そして……アイパーリーゼントの波が再びやって来るだろう。というわけで今回は、ブームを先取りしてアイパーをかけてみることに。

アイパーリーゼントとは、1980年代に一世を風靡した不良映画『ビー・バップ・ハイスクール』でもお馴染みの髪型。つまり、当時のツッパリを代表する危ねぇヘアスタイルである。それではいくぜ……現役ヤンキーもシャバ僧(真面目な学生)も刮目せよッ!

続きを全部読む

【沖縄】悪そうな髪型を得意とする理容室「ディープ」で金髪リーゼントに変身したでござる / 行こうぜピリオドの向こうへ

東京の高校に通っていながら、不覚にも3年間「マジメな坊主頭」として青春時代を過ごしてしまった私は、不良たちの自由なヘアスタイル & 制服の着こなしに憧れを抱いていた。高校生活をエンジョイしているロン毛の腰パン軍団……当然かわいい彼女もいただろう。クソッ。

一方、坊主頭にジェルを塗って「揚げピーナッツ」の化身となっていた私は、いつか必ず不良の代名詞的ヘアスタイル「リーゼント」をキメてみせる! と、心に誓っていた……あれから約20年、とうとう決行の日が訪れたようだ。金髪リーゼント、全力でやっちまいます!

続きを全部読む

【修羅の国2021】大寒波もコロナも黙らせる北九州市のド迫力新成人39連発 / 不要不急のリーゼント戦士たちよ永遠に

全世界が注目する福岡県北九州市の成人式といえば、ギラギラ衣装を身にまとったスーパーリーゼント軍団が1年に1度だけ集結する「七夕」のような式典だ。会場となるのは天の川ではなく、北九州メディアドーム。毎年この時期になると、ただならぬ緊張感に包まれている。

ただ今年は、密を避けるために規模を縮小。居住地ごとに時間を分けて「2部制」で開催し、参加が難しい方にオンライン配信も実施。さらに数日前から近年まれにみる最強寒波が襲来して雪が積もり、当日は朝から厳しすぎる冷え込み……だったのだが、奴らはやってきた

続きを全部読む

【ロックの日】ロックンローラー直伝! 一瞬でできるリーゼント・ポンパドール風の「髪の結び方」をやってみた!!

外出自粛で髪が伸び放題になっている。人生最長記録更新中だ。せっかくここまで伸びたので、男でも簡単にできるヘアアレンジをしてみたい。

そう思っていたところ、労働者のロックンローラーが超簡単なリーゼント・ポンパドール風の髪の結び方を教えてくれた。コテも整髪料も使わず所用時間2分以内にトサカが立つ。忙しい朝でも余裕らしい。

続きを全部読む

【珍スポット】ロックンロールな「リーゼント地蔵」が超カッコイイ! 日本名水百選に選ばれた「湧き水」も有名な福岡県うきは市『清水寺』

ツッパリ男子高校生の象徴的ヘアスタイルといえば、もちろん「リーゼント」だ。男気あふれるワイルドな髪型は、女子生徒たちのハートを鷲掴みにしている。おそらく危険な香りがセクシーなのだろう。クソッ、もう1度リーゼントにして高校生活を送りたいぜ。マルコメ君の髪型(坊主)じゃなくてな。

それはさておき、福岡県うきは市には……なんと「リーゼント地蔵」がいるらしい。いやマジかよ。お地蔵さんこそ、スッキリ坊主姿のイメージだぞ。ただ、スポーツ刈りとかを通り越して、いきなりリーゼントにするとはロックだな。気になったので行ってみることにした!

続きを全部読む

33.329017130.811877
提供:キリンビール株式会社

綾小路翔がリーゼントなしのすっぴん姿を披露! 氣志團メンバーには「怖い」と不評も松坂桃李は「美形」と大絶賛

2001年の発売以来、多くの人に愛されてきた『キリン 氷結』。2015年には累計販売本数が100億本を達成したほどのロングセラーで、今さら説明するまでもないブランドだ。

そんな氷結が、15年目を迎えた今年さらなる高みを目指してリスタートする。そして2月16日に解禁される新・氷結のCMに先駆け、発表会が15日に行われ、起用された歌手の綾小路翔さん、俳優の松坂桃李さんが登場した。

続きを全部読む

提供:モンデリーズ

リーゼントをツバメの巣にして巣立ちまで見守ることができるのか試してみた

リーゼントってカッコいいよな! 湘南爆走族とかろくでなしBLUES読んでたヤツらなら絶対憧れてたと思うけど、大人になってリーゼントって相当ロッケンローじゃないとムリ!

でもリーゼントになりたい! 中年になってもヤンキー魂忘れたくない! と思いながらテレビを見ていると、味長続きガム『ストライド』で巨大リーゼントCMキターーーー!!

続きを全部読む