「ポスター」にまつわる記事

やっぱり出た! 幻となってしまった「佐野研二郎のエンブレム」ポスターがヤフオク出品中! 即決価格10万円

東京五輪2020のエンブレムが白紙撤回となった。新国立競技場に続いて、大会を象徴するエンブレムまで白紙となり、大会そのものを不安に思う声が上がっている。東京都はすでに刷り上って掲出されていたポスターや、配布用のビラを使用しない決定を下した。それだけでかなりの損害額に上るようなのだが……。

そんななかネットオークションサイト「ヤフオク!」に驚くべき商品が出品されていることが判明。その商品とは、幻となってしまったエンブレムのポスターである。「新品未使用」となっているのだが、一体どこで入手したものなのだろうか……。

続きを全部読む

超極薄!! ポスターのように壁に貼れる「厚さ1ミリ重量1.9キロのテレビ」が発表される! 丸められちゃうテレビのコンセプトがスゴい件

テクノロジーの進化に伴い、電気機器はより軽く、より薄く、より小さくなっていっている。世界中の各電気製品メーカーが、世間をアっと言わせる製品を開発するために凌ぎを削るなか、ポスターのように壁に貼れる超極薄テレビが発表された!!

ペタっ! と簡単に取り外しできる極薄&軽量テレビ「wallpaper TV:ウォールペーパー・テレビ」のコンセプトが、大きな注目を集めているので紹介したい。

続きを全部読む

東京・野方の商店街の貼り紙企画がやたらじわじわ来る / 惣菜屋「STAP細胞入さつまあげつくりました」 時計店「ハラ時計も修理します」

以前の記事で、大阪・阿倍野区の「文の里商店街」についてお伝えした。ここはかなりエッジの利いたキャッチコピーのポスターを貼り出して、全国的に脚光を浴びたのである。

実は4月1日のエイプリルフールから期間限定で、これと同じような奇抜な貼り紙を店舗に掲載している商店街がある。西武新宿線・野方駅周辺の商店街では、「エイプリルフール de 街おこし」が行われており、参加店舗にはちょっとドキ! とするような内容が貼り出されているのだ。

続きを全部読む

マーベル新作映画『アントマン』のポスターが斬新すぎる! アメコミヒーローなのに小さすぎて見えないッ!? ティーザー映像もちいさッ

今年映画界は、スターウォーズのエピソード7『フォースの覚醒』の公開により、スターウォーズ一色になりそうな予感である。そんななか、『アイアンマン』で有名なアメリカのマーベルからニューヒーロー誕生の話題が持ち上がっている。昨年映画公開が発表され、2015年7月17日に全米公開予定の『アントマン』である。

アント(ant)とはアリのことであり、この作品の主人公は自由に身体のサイズを変えることができるという設定である。1月7日に公開されたポスターはまさしくアントマンを象徴するものなのだが……。主人公の姿が小さすぎて見えない!? ヒーローならもっとバーンッ! とポスター全面に姿が描かれているべきじゃないのか? 老眼の入ったオッサンには、目視が難しいのだが……。

続きを全部読む

【プロ野球】千葉ロッテマリーンズの交流戦ポスターが挑発的すぎる! ジャイアンツを『惨劇の巨人』と揶揄

本日(2014年5月20日)からプロ野球セ・パ両リーグの交流戦が約1カ月の日程で開幕する。千葉ロッテマリーンズは、この交流戦に向けた意気込みをうかがわせる、ポスターを制作していたことが明らかになった。

その内容がかなり挑発的だとして、ネット上で話題になっている。公式ページに公開されている画像を見ると、たしかに挑発的。対戦チームの闘争心に火をつけるのに十分すぎる内容になってる。こ、これはッ!?

続きを全部読む

少年が妊娠!? 10代での望まない妊娠を注意喚起するポスターが衝撃的だと話題に

アメリカ第三の都市・シカゴで、市当局が制作したあるポスターが話題だ。10代での妊娠を注意喚起するキャンペーンの一環で作られたものなのだが、そこに描かれているのは妊娠した少年たちの姿。この衝撃的な光景は、市当局の狙い通り大反響を呼んでいるという。

続きを全部読む

PCがあれば誰でも美しい絵が描けるのか!? 素人スキルで映画のポスターを作ったらこうなったって画像8選

かつて絵を描くには紙と画材、そしてセンスが必要だった。しかし、現在はパソコンさえあれば特別なスキルがなくてもイラスト入りのプリントやポスターを作ることができる。

本当にパソコンさえあれば誰でも美しい作品を作ることができるのだろうか? プロのイラストレーターやデザイナーはもう必要ないのか? プロに頼むより自分でやっちゃった方が早いのか? その疑問に挑戦したイラスト集が海外サイトに発表された。

それはWordやパワーポイント内のイラスト「クリップアート」を使って映画のポスターを表現したというもの! この試みが面白いと話題になっている。

続きを全部読む

まるでビンテージ・ホラー!? 古いオランダの “注意喚起ポスター” が怖すぎるってば

町で見かける安全第一や注意喚起のポスター。大切なのはシンプルで心に焼き付くことですよね。ひと昔前ですが、「○○やめますか? それとも 人間やめますか?」など子供心に恐ろしくて強烈だったものです。

そこへいくと、近ごろ目にするものはデザインも言葉もソフトというか、どうもパンチに欠けるような気がします。そこで今回は、心に焼き付くこと間違いなしの「労働環境における注意喚起ポスター」の数々をご紹介。

続きを全部読む

海外アーティストが描いた『アイアンマン3』のポスターが激カッコイイと話題

つい先日、日本で先行公開された『アイアンマン3』。みんなはもう見たかな? 私(筆者)は見た。スゴかった!! まだ見てない人はGWを利用して見に行こう! それはさておき……

海外アーティストが描いた『アイアンマン3』のポスターが激カッコイイとアイアンマンファンの間で話題になっている。それも、テイストの違う2作品! しかも、海外では限定発売されるのだという。羨ましいぜ!

続きを全部読む

全世界がビビった! 中国のパクリ映画ポスター27選

パクリ大国として名高い中国。人気商品が出ると、それこそ光の速さで、ときに精巧にときに稚拙に繰り出すそのパクリっぷりは世界最強レベルと言っていいだろう。

もはやパクらないものはないと言われている中国だが、今度は中国映画のポスターが外国映画のものにソックリだと言われて話題となっている。それも1枚や2枚ではない。なんとその数27枚!「中国のパクリ映画ポスター27選」である。

続きを全部読む

あなたはいくつ分かる? 歴代の作品賞を描いた「第85回アカデミー賞特別ポスター」が秀逸すぎて話題に!!

世界が注目する映画界のビッグアワード “アカデミー賞”。その第85回アカデミー賞授賞式が、2013年2月24日にロサンゼルスで行われる予定となっており、今年は誰が賞をとるのか、どの作品が賞をとるのかと大きな関心を集めている。

そしてその第85回を迎えたアカデミー賞を祝してある特別ポスターが作られたのだが、それがあまりに素晴らしく、現在海外のネット上で話題になっている。

続きを全部読む

キアヌ主演映画『47 Ronin』のポスターが流出しネットで拡散中! 海外の声「これはクワイ=ガンだ」

先日、未公開のある映画のポスターが流出し、現在海外サイトで大きな話題になっている。

その映画とは、2013年12月25日全米公開予定の『47 Ronin』。これはハリウッドと日本が手を組み制作している映画で、『忠臣蔵』をベースにしたストーリー展開を見せるようだ。またキャストは主演のキアヌ・リーブスに、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子、赤西仁と超豪華メンバーが勢ぞろいしており、日米から高い期待が寄せられている。

続きを全部読む

イギリス人が書いたという「迷い猫」のチラシの難易度が高すぎる / ネットの声「本当に見つかるか心配だ」

可愛いペットが迷子になってしまった! どうしよう! 最近ではTwitterなどSNSを使った捜索もよく見られるが、近所にチラシを貼って情報を集めるというのが最も多く用いられる対処法である。

それは海外でも同じであるようだ。イギリスである「迷い猫」のチラシが撮影された。類を見ないほど難易度が高すぎると話題になっている。

続きを全部読む

ポスターの女性とキスできる日本の発明品が世界に衝撃を与える! 海外ユーザー「日本よ…なにやってんだ」

以前日本の研究グループが開発した「一人ポッキーゲーム」が海外で話題になったが、今回また、新たな日本の発明品が世界に大きな衝撃を与えている。

その発明品の名前は、ズバリ「POCHUTER」! そう、ポスターのなかの人物とチューができる画期的なデバイスなのだ。

続きを全部読む

【数量限定】女性物の下着購入で「AKB48の特大ポスター」ゲットだぜッ!

大手下着メーカーの「ピーチジョン」が2011年9月7日より、キャンペーンキャラクターの人気アイドルグループ「AKB48」の大島優子さん、小嶋陽菜さん、河西智美さんの特大ポスター(A2サイズ)のプレゼントを開始した。同日東京・新宿ルミネに移転オープンした新宿店には、女性客だけでなくAKBファンの男性も詰めかけたと話題になっている。

実は新宿店だけでなく、全国のショップでプレゼントキャンペーンが行われているようだ。本当にポスターをゲットできるのか、ショップで女性物の下着を購入してみたぞ!

続きを全部読む

新潟県の、女子高生の“短すぎる”スカート丈を改善するように呼びかけるポスターが話題だ。新潟県は、雑誌で「全国一スカート丈が短い」と報じられ たこともあり、改善に向けて本格的に取り組む中で今回のポスター製作に至ったようだ。「上から命令するのではなく、生徒自身にも考えてもらいたい」という 意図もあるとのこと。 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2