「パリ旅行」にまつわる記事

【ガチすぎて怖い】パリで大行列のできるラーメン屋が “日本より日本っぽくなってしまっている” 件

昨年10月。パリ中心部を歩いていると、突如目の前に大行列が出現した。時刻は13時30分。パリには何度か来ているが、これほどの行列を私は見たことがない。群衆が向かう先を見ると、コレがどうやら『ラーメン屋』らしいのだ。よく分かんないけど記者として並ぶしかねぇ!

しかし最後尾に並んで10分ほどが経過した頃、後ろからチョイチョイと私の肩をつつく者がいる。さてはナンパか? 「ノー!」とばかりに毅然と振り返る私。すると……あぁ、なんということだ!

不覚にも私が最後尾だと思っていたのは列の途中。歩道の向こう側には、さらに延々と行列が続いていたのであった。恥ずかしさのあまり逃げるように去る私。こうなったら出直すしかねぇ!!!

続きを全部読む

【ミシュラン超え】フランス人が「パリで一番うまい」と断言するレストランがマジのマジで最高すぎた

前回までのあらすじ】 “パリのミシュラン星つきレストラン” の目前まで行きながら、まさかの手違いにより入店できなかった筆者。泣きながらパリ郊外の下宿先へ戻るも、ショックでふさぎ込んでしまう。

そこへ心配そうに「どうしたんだい?」と声をかけてきたのは、下宿先の家主マリオさん。私のパリ旅行を何かとサポートしてくれる親切なフランス人である。涙ながらにコトの顛末を話したところ、彼は烈火のごとく怒り始めて……!?

続きを全部読む

【悲劇】パリの『ミシュラン星つきレストラン』へ行ったら … “パリで一番みじめな日本人” になってしまった

レストランやホテルを星の数で格付けする『ミシュランガイドブック』は現在、世界20カ国以上で出版されている。もちろん日本版もあるが、ミシュランといえば本場はフランスだ。「人生で一度はパリの3つ星レストランでディナーを」と夢見ている日本人も多いだろう。

先日パリを訪れた私は、いちおう書店でミシュランガイドブックを確認。すると……おっ!? 1万円前後でディナーを食べられる店もあるっちゃあるな!!? いくら貧乏旅行といえど、1万円なら出せないこともないぞ。よぉ〜し……やっちゃうか。人生初の3つ星ディナー!!!

続きを全部読む

【現地レポ】『フランスの回転寿司』へ行ってみたら “ある理由” により寿司がのどを通らなかった …

「フランスで回転寿司屋が繁盛している」という噂をききつけて、やってきたのはパリ7区『リュー・デュ・バック(Rue du Bac)』というエリア。 “いかにもパリ” といった街並みがエンエン続いており、とても回転寿司屋があるようには見えない。

実際に何度か同じ道を行ったり来たりしたのち、ようやく問題の回転寿司店『Matsuri(まつり)』を発見した。日本で回転寿司といえばド派手な看板や明るい店内が一般的だが、パリのソレは高級レストランかブティックを思わせるオシャレな佇まい。

気になるのはお値段だが……もしもの場合は謝って店を出るしかなかろう。

続きを全部読む

【フランス】パリの『とらや』で超人気のメニュー『アボカニ丼』(約2600円)って何だ?

羊羹(ようかん)でおなじみの『とらや』に、フランス・パリ店があることをご存知だろうか。その歴史は意外に古く、出店は1980年。最近でこそ「海外で和菓子が人気」なんて話も聞くようになったけど、42年前にヨーロッパ進出とは……思い切ったよなぁ。

高級ブティックが軒を連ねるパリ1区で、静かに揺れる “とらや” ののれん。この日、私がここへ来た理由は他でもない。とらやパリ店の限定メニュー『アボカニ丼』を食べてみるためだ。

ところが店内のメニューをいくら探しても……ない。『アボカニ丼』なんてどこにもないぞ!?

続きを全部読む

【ポケモンGO】『3つの海外限定ポケモン』を狙ってフランスへ飛んだ結果 … 最後に絶望し、泣いた / 気になるクレッフィの捕獲数も発表

昨年9月のこと。スペインに滞在していた私の元へ、とんでもないニュースが飛び込んできた。それは新ポケモン『トリミアン』の実装、ならびに “フランス限定カットフォルム” の存在を知らせるものだ。時期は……1週間後だと!? バカバカ! いくらなんでも急すぎるだろ!!!

皮肉なことにこの数日前、私は次の目的地・ギリシャ行きの航空券を予約したばかり。クソッ、今ならフランスの近くにいるというのに! せめてあと10日ズレていればッ……!

などと呪いの言葉を口にしてみたところで、ポケGOが急なのは今に始まったことではない。冷静に考えてみれば “ヨーロッパ滞在中に限定フォルムが実装された” こと自体、私はかなり運がよかったのだ。ならばやるしかないだろう……ギリシャからフランスへ逆・トンボ返り──!

続きを全部読む

【世界の無印】限定商品を求めて『フランスの無印』へ行ったら … 思ってたんと違った

世界31の国々に進出している無印良品。実は現在すでに、日本国内の店舗数より海外店舗のほうが多くなっていることをご存知だろうか。ヨーロッパでもイギリス、イタリア、ドイツなど、名だたる国の多くで無印の看板を目にすることができる。

さて海外進出を果たした日本企業は、大抵その土地ならではの “地域限定商品” を販売しがち。我々ライターにとって貴重なネタの宝庫なのである。今回私が訪れたパリの無印では、果たしてどんなオシャレ・アイテムに出会えるのだろう? 張り切って探してきま〜す!

続きを全部読む

【要するに世界1位】パリで “2021年度ナンバーワン” に選ばれたフランスパンは「とんでもなくウマい」のか? 現地へ買いに行ってみた

フランスのフランスパンがいかにおいしいか、という件については以前の記事でも熱弁させていただいた。フランスのフランスパンはどれもおいしいが、店ごとに味わいや形状が微妙に異なる。フランスパン好きとして “最高の1本” を探し出すことは人生の大いなる目標なのだ。

ところで最近知った話によるとパリでは毎年、数あるベーカリーの中から最もおいしいバゲットを選出する『la meilleure baguette de Paris(パリで最高のバゲット)』なるコンテストが開催されているらしい。パリっ子が選んだ最高のバゲット……食べてみる以外の選択肢はないでしょうな。

続きを全部読む

【マニアック】パリのバンダイストアで「パリで売れてるガンプラ・ベスト5」を聞いてみた / 俺のウイングガンダムはランクインしているか…?

美しいパリの街並みに突如出現する『BANDAI』の看板。パリにはジャパン・カルチャー好きが集う街がいくつか存在しているが、中でもこのエリアは特にマニア向けの店が並んでいるように思う。特にレトロゲームの品揃えはヤバイ。たぶんヨーロッパ1位なんじゃなかろうか。

さて、ここ『BANDAI HOBBY STORE』はレッキとしたバンダイ直営店であり、豊富すぎるバンダイ製品のラインナップは外国とは思えぬほど。今日はこの店の主力商品『ガンプラ』の中から、パリで最も人気のあるものをお店の人に聞いてみた。

続きを全部読む

【お〜い】パリに『ブックオフ』があったぞ〜!!!

ボンジュゥ〜ル…………いやはや、パリの街をただ歩いているだけで「完全な勝ち組」になった気分だ。1セントのお金も使わず「完全な勝ち組」の気分が味わえるんだから、ある意味パリってコスパ最強な街とも言えるよな。

さて今日も私がセ・シ・ボンなパリ2区を歩いていると、突如視界に飛び込んできたのは『BOOK OFF』という看板。日本でブックオフといえば「本を売るなら」で知られる古本チェーン店だが、ここは花の都パリである。おおかた同名のオシャレ本屋なのだろうな。

と、思ったら……

続きを全部読む

【フランス】パリの『どさん子ラーメン』へ行ってみた

私が子供のころ(約25〜30年前)、ラーメン屋といえば『どさん子』だった。当時は今のようにラーメン屋が多くなかったから、正確には「どさん子くらいしかなかった」というべきかもしれない。

まぁ、これは私の出身地である鳥取県の話なので、ヨソの地域のことは分からん。ただ少なくともあの頃は鳥取でさえ、市内に必ず数軒は『どさん子』があった。そして子供ながらに「同じ『どさん子』でも、店によって全然味が違うよなァ……」と感じていた。

そんな『どさん子』の海外進出1号店はフランスパリ。果たして札幌風MISOスープは、パリっ子たちに受け入れられているのだろうか?

続きを全部読む