「ハラスメント」にまつわる記事

【切実】職場で納豆を食べる、通称「ナトハラ」がツラすぎる

セクハラ、パワハラ、モラハラ……などなど、ちまたにあふれるハラスメントの数々。最近では血液型を尋ねることも “ブラハラ(ブラッドハラスメント)” の可能性があるというから驚きだ。まさにハラスメント時代、ハラスメント最盛期と言っても過言ではないだろう。

中には「ちょっと過剰じゃない?」と思うものも少なくないが、今回ご紹介する『ナトハラ』の被害はかなり切実だ。そう言い切れるのは、ナトハラの被害に遭い枕を涙で濡らしているのが何を隠そう私……P.K.サンジュンだからである。

続きを全部読む

【逃げ恥】PPAPを強要される「ピコハラ」に続き、恋ダンスにまつわる『恋ダンスハラスメント』通称 “恋ハラ” が増殖中!

2016年も残すところあと約3週間。世間は忘年会シーズンに突入だ。その忘年会について、ネット上でちょっとした話題になっているのが、上司にピコ太郎のPPAPを強要されるピコ太郎ハラスメント・通称「ピコハラ」である。

確かに1人でPPAPをやらされるのはお恥ずかしい……気持ちはよくわかる。そして「ピコハラ」に次いで増殖の気配があるのが、人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でお馴染みの「恋ダンス」にまつわるハラスメント、通称『恋ハラ』だ。調べてみると『恋ハラ』には、どうやら2種類のパターンがあるらしい……。

続きを全部読む

【実験動画】10時間NYを歩き回ってみたらナンパのオンパレード! 「お姉さ〜ん」「笑えよ!」などその数100回越え

日本中に点在する、渋谷に新宿、なんば、栄、天神などといった繁華街。そこをあなたは悠々と歩けるだろうか? 嫌になるほど人でごった返す場所では、キャッチやナンパ、セールスなど何かと “人との触れ合い” が発生するものだ。

一見フレンドリーな言動でも、失礼だったり、しつこかったりすると相手にストレスを与えてしまうだろう。そのことがよく分かる実験動画があるのでご紹介したい。ある女性がニューヨークを10時間歩き回り、男性からどんな言葉をかけられるか調査を行ってみたのである。

続きを全部読む