「テーブルクロス」にまつわる記事

【天才か】100均のビニール傘とテーブルクロスだけで出来る「飛沫感染対策」が世界を救えそう

この数カ月で、一体どれだけの飲食店が閉店を余儀なくされただろう。すべては新型コロナのせいであることは疑うべくもないが、だがしかし。店内での飛沫感染を恐れる人たちの気持ちもよく分かる。そう、飲食店側もお客側も、我々は等しくコロナの被害者なのだ。

そんな状況を憂う一人の男がいた。当サイトの創設者にして私(あひるねこ)の上司、そして紛(まご)うことなきアホのYoshioである。男は言う。俺の発明で世界を救いたいと──。なんでもそれは100均に売っている商品だけで可能らしい。かくして私も、アホと一緒に世界を救うことになった。

続きを全部読む

お笑い芸人・ウエスPがドローンを使った「危険なテーブルクロス引き」でまたしても大ウケ! 放送事故スレスレのパフォーマンスに紳士淑女も大興奮

笑いのツボは万国共通なのかもしれない。それを現在進行形で体現しているのが、吉本クリエイティブエージェンシー所属のお笑い芸人「ウエスP(ウエスピー)」である。

海外の大人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』に出場したことは、以前ご紹介させていただいた。文字通り、裸一貫で海外へ乗り込み「危険なテーブルクロス引き」で世界を大爆笑の渦に巻き込んだウエスP。この度、準決勝を戦い、またしても大ウケしてみせた。

続きを全部読む

お笑い芸人・ウエスPの「危険なテーブルクロス引き」が世界でウケまくり! 見えそうで見えないパフォーマンスに会場はヒイヒイ大爆笑

ミスが絶対に許されないものにもいろいろあるが、トップクラスにヤバいのが裸芸だろう。それもそうだ、もし生放送でポロリしようものなら大がつくほどの放送事故。一発で致命傷にだってなりかねない。

ただ、裸芸の強みは言語を問わないので海外でも勝負できること。これまでにも挑戦してきたお笑い芸人はいるが、また1人自分の体ひとつで世界を相手に勝負した刺客が現れた。吉本クリエイティブエージェンシー所属の「ウエスP(ウエスピー)」がそうである。

続きを全部読む