「アイスランド」にまつわる記事

アイスランドで導入された「3Dの飛び出す横断歩道」が画期的! これなら交通事故も激減しそう!!

3D映画を見たことがある人は、画面が飛び出す感覚を楽しいと思うか、落ち着かない気持ちになるかで好き嫌いが分かれるのではないかと思う。そんな3Dの特徴を利用した画期的な横断歩道が、アイスランドの町で導入された。

驚くべきことに、その横断歩道はまるで宙に浮いているかのように見える。そう、スピード違反撲滅のために「3Dの飛び出し」を利用したというのである!

続きを全部読む

アイスランド大統領が「ハワイアンピザを法律で禁止したい」と発言! ネットの声「大統領はヒーローだ」など

ピザのトッピングは数あれど、何気にビミョーに思われがちなのがパイナップルである。パイナップルはハワイアンピザに欠かせない存在だが、一番好き嫌いが分かれるトッピングなようである。

それは一国の大統領も同じ意見な模様で、なんとアイスランド大統領が、「出来るならハワイアンピザを法律で禁止したい!」と発言しているというのだ!!

続きを全部読む

アイスランドで「ドラッグに手を染める若者の数」が激減! ‟ナチュラル・ハイ” が問題解決の鍵に

日本でも、法の目をかいぐぐった脱法ドラッグが出回り、興味本位で若者が手を出してしまうケースが報告されている。若者による違法ドラッグの使用は世界の共通問題だとも言えるが、なんと、アイスランドでは「ドラッグに手を染める若者の数」が激減! 

その方法が海外メディアに取り上げられ話題となっているので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

【神秘的映像】アイスランドのはるか上空で撮影された「オーロラ」が息を飲むほど美しい

一度でいいから見てみたい。それは「女房がへそくり隠すとこ」でもいいが、どうせ一度きりの人生だ。ぜひとも拝みたいのが「オーロラ」である。極地地方で見られる発光現象は、神秘的で思わず息を飲むほどの美しさで知られている。

だが、時間とお金に余裕がないと行けないのも事実。結局は見ないままで我慢している人も多いだろうが、今は便利な時代になったもので、現地に行かずともインターネットで鮮明な映像が確認できるようになった。ということで、動画「The Northern Lights From My Window Seat at 35,000ft」をご覧いただくとしよう。

続きを全部読む

【そう来たか】名前も住所も分からない相手に手紙を届けた “斜め上” すぎる方法 / 郵便配達人もビックリやで

「諦めたらそこで試合終了」。かの名作バスケ漫画を読んだことのない私(筆者)でも知っている名言である。実はこの名言、日常のいろいろな場面で使えるんだぞ。

ウェブサイトimgur で話題のある人物は、手紙を出したい相手がいたのだが、相手の名前と住所が分からなかったらしい……へ? 名前と住所っておいおい。手紙の基本中の基本だぞ! 残念だけどお話になりません、はい、終了~。と思いきや、その人物は “ある斬新な方法” を思いついた。そしてなんと、手紙は無事に届けられたとのこと。でもその方法が、斜め上すぎた……

続きを全部読む

残念な同僚の姿を激写! フォトショ職人の手にかかるとこうなったって画像12連発

もし、仲のいいクラスメイトや同僚のお間抜けシーンを見かけてしまったら、あなたはどうするだろうか? スマホを持ってすかさずパチリ!! 劇的なシーンを記録に残しておくという人もいるだろう。

ある会社で、昼休みに居眠りしている残念な同僚の姿が激写されたそうだ。それだけなら単なる内輪ネタだが、職場にいたフォトショ職人が華麗に加工! まさかのフォトショ画像がインターネット上に公開され、話題を呼んでいるのである。

続きを全部読む

海外マクドナルドで6年前に買ったハンバーガーが腐らずカビらずピッカピカで発見される / 過去に歴史的資料として国立博物館にも展示

マクドナルドは、世界で最も有名なファストフードチェーンだ。私たち日本人にとっては非常に身近ではあるが、世界にはマクドナルドが存在しない国だってある。北欧の国・アイスランドもそのひとつだ。

アイスランドのマクドナルドは2009年に撤退しているのだが、その撤退時に購入されたハンバーガーとポテトが、6年経っても買った当時そのままのピカピカな状態であったことが判明! いっとき国立博物館にも展示されていたという代物らしいのだ。

続きを全部読む

「世界のインターネット自由度ランキング」が発表!! 世界で一番ネット規制が厳しい国はどこ!?

もはや、インターネットなしの生活など考えられないご時勢になってしまったが、日本はかなり自由にネット生活を送れる国だと言えるだろう。なぜなら国によっては、ウェブサイトの内容を検閲されたり、ソーシャルメディアを自由に使用できない国もあるからだ。

しかも、これだけネットが普及しているにもかかわらず、世界におけるネット規制は、全体的に4年連続で厳しくなっていることが調査で判明している。それでは、“世界のインターネット自由度ランキング” が発表されたので紹介したい。ベストとワーストに輝いたのは、一体どこの国なのだろうか!?

続きを全部読む

【超絶クソ下手ドライビング】「免許を取れたことが奇跡!」としか思えないドライバーの運転シーン / ペーパードライバーを勇気づける動画

先日、ロケットニュース24では、ペーパードライバーにありがちなことをまとめた「ペーパードライバーあるある」を紹介した。今回はペーパードライバーでも滅多にやらない程の、奇跡とも呼べる運転大失敗動画を紹介したい。

最初に言っておくが、このドライバーの運転技術は酷い。ペーパードライバーの私(記者)から見ても酷過ぎる。私は自信を持って言える。「こいつには勝った」と。その超絶クソ下手なドライビングテクニックは、YouTube にアップされた動画で確認できるぞ。

続きを全部読む

日本では考えられない! 少人口ゆえに生まれたアイスランド独自のウェブサービス

アイスランド(アイスランド共和国)という国をご存知だろうか。その名前は知っていても、国の事情についてはあまり知らないという人が多いだろう。この国は、北大西洋上に位置する共和制の国家である。人口はわずか30万人。東京都でいえば、北区や中野区と変わらない人口しかいないことになる。

この国は、少人口ならではの独自の問題を抱えており、それを解決するために日本では考えられないようなウェブサービスが役に立っているという。その問題とは、男女が恋愛をする際の血縁の有無である。小国であるがゆえに、どこかで血がつながっていたりしたら、恋仲になっても性的な関係を結ぶことができない。

そこでお互いの名前を入力すると、血縁かどうかがわかるウェブサービスが活躍しているのである。

続きを全部読む

中国がアイスランドの国土0.3%を購入? ネットの声「まず、他国の人間が中国の国土を買えるようにしろ」

イギリスから見て北西に位置する国「アイスランド」。面積は、四国と北海道を足した程度の大きさだ。2008年には、世界金融危機の影響を受け、現在もなお経済的に厳しい状態となっている。

続きを全部読む

皆さんは、地球に月がふたつ存在するのをご存じだろうか? 1969年7月、アポロ宇宙船が月面着陸に成功する前、実は宇宙飛行士たちは“もうひとつの月面”に着陸していたのだ。それはアイスランド。

NASAが地球上でもっとも月面に類似している場所としたのが、アイスランドなのである。そう、第二の月ともいえる地が、アイスランドなのである。

続きを全部読む