「すすきの」にまつわる記事

税込880円で海鮮丼が食べ放題! 驚異のコスパを誇る海鮮居酒屋「魚のあんよ」に行ってきた

北海道で食べる海鮮は何でもウマい──。そんな話をよく聞く。店によって値段や質はピンキリではあるものの、確かに基本的なウマさのレベルは高めと言えるかもしれない。

そんな北海道でコスパ高すぎの海鮮グルメを発見した。なんと税込880円で海の幸を盛り放題の「海鮮丼バイキング」が楽しめるというからたまらない。その味を確かめるべく、札幌市内のとある海鮮居酒屋へ足を運んだ。

続きを全部読む

【北海道ラーメン探訪】無化調の「淡麗中華そば」が話題沸騰中! 札幌『すすり』は和え玉も激ウマな人気店

福島県「喜多方ラーメン」、福岡県「博多ラーメン」に並び、日本の三大ラーメンのひとつとされる北海道「札幌ラーメン」。中太縮れ麺に、豚骨ベースのこってりした味噌スープが特徴だ。

しかし、時代の流れと共に札幌のラーメンは多様化。ここ数年で、中太縮れ麺や豚骨スープを使用しない人気店が続々と登場している。そんな中、第30回目となる「北海道ラーメン探訪」でも、札幌ラーメンとしての特徴はないが人気ラーメン店のひとつ『すすり』の「淡麗中華そば」をご紹介したい。

続きを全部読む

【北海道グルメ】札幌の穴場回転寿司店! 「車がない」「混雑は嫌」という観光客はここへ行け!! 札幌『活一鮮 南3条店』

いよいよ観光シーズンに突入しつつある日本列島。きっと、北海道でグルメ三昧……なんて計画を立てている人もいることだろう。北海道といえば、とにかく海産物。特に寿司である。ウマい寿司を食べずして、北海道グルメを満喫したとは言えないのだ。

ただし札幌、特にすすきのでいいお店に入ると、それなりのお値段がする。もちろん、銀座などに比べれば割安だが、それでも1食で、1万・2万・3万と飛んでいくのはちとツラい。そんなときは回転寿司へGOだ! 北海道は回転寿司でもめちゃめちゃウマいぞー!

続きを全部読む

【雪国あるある】20年くらい前の札幌の小学生はこんな感じだった

同じ日本といえども、地域が変われば常識も違う。また、同じ地域であっても、時代が違えば常識も変わる。今回は、私(筆者)が20年くらい前に3年ほど過ごした、北の大地は札幌の、当時の文化をあるある形式でご紹介したい。

当時を知る人、今まさに住んでいる人にとって、どの程度「あるある」と感じていただけるだろうか。また、そのほかの人には、「雪国の生活ってそんななんだ~」と思っていただけるとうれしい。

続きを全部読む

【牡蠣好き号泣】ブリブリの牡蠣が1個たったの105円! ホタテも1個105円!!「牡蠣の神様」が北海道にいたッ!! すすきの『五坪』

いきなりだが、この場を借りて宣言したい。この記事は、リンカーンよろしく「牡蠣好きの牡蠣好きによる牡蠣好きのための記事」である。そして結論から言おう。全ての牡蠣ラヴァーたちよ……今すぐ北海道へ飛べッ!! なぜなら かの地に牡蠣好きの楽園、牡蠣パラダイス、通称・牡蠣パラが存在するからだ!!

続きを全部読む

【北海道グルメ】おにぎりはここまで美味しくなるのか! 絶品「たらこバター」がうまい! うまいっ!! & うまいっ!! すすきの『にぎりめし』

飲んだ後の〆といえば、ラーメンやそば、うどんなどの麺類が定番であるが、北海道札幌市の歓楽街・すすきのでは少々事情が違う。もちろん麺類の店が圧倒的に多いのだが、ここ数年「おにぎり専門店」が人気を博しているのだ、

店の名前は「にぎりめし」という……。海産物やラーメン、ジンギスカンがおいしいのはわかるが、グルメ王国北海道はおにぎりまで超絶うまいのである! そんなメチャメチャうまいおにぎり屋、「にぎりめし」をご紹介したい。

続きを全部読む

【北海道グルメ】ビアバー「バジルバジル」のガーリックトーストが激アツ激ウマ! しかも店員さんが嫉妬するほどイケメン揃い!!

ニッカのウィスキー工場が余市にあったり、“サッポロ” ビールともいうように、北海道はグルメだけでなく、お酒とも馴染みの深い土地である。ススキノともなると、ネオンの数と同じだけ酒が酌み交わされているのだ。

そのススキノの外れにあるのが、「ビアバー バジルバジル」である。気取らない店内では、北海道限定ビール『サッポロクラシック』はもちろん、様々なお酒を飲むことができる。料理もおいしく、中でもガーリックトーストは絶品なのだ。そんな隠れ家的お店をご紹介したい。

続きを全部読む

ススキノの路上で「あなたを見てインスピレーションで言葉をかきます」という詩人に1枚書いてもらったらこうなった

世の中には「路上詩人」と呼ばれる人たちがいる。一種のストリートパフォーマーと言ってもいいだろう。自作の詩を販売したり、中にはその人だけに向けたオリジナルの詩を、その場で作成してしまう詩人もいる。

夜のススキノをフラフラと歩いていると、そんな路上詩人に遭遇した……! というわけで、どんな詩ができあがるのか、1枚書いてもらったのでご紹介したい。

続きを全部読む