「お金持ち」にまつわる記事

【ゴージャス】ライオンの口から泡が吹き出る「ヴィーナスの美泡」がセレブアイテム過ぎた! ただの風呂場がスピリチュアルな空間に大変身!

最近、自宅のお風呂を “自分好み” にカスタマイズしている。昭和レトロな銭湯の雰囲気を演出するために「富士山の絵」を壁に貼り、ストレスを発散するために「7色に光るシャワーヘッド」を取り付けた。「サウナ傘」のおかげで自宅サウナも可能……しかし、まだ物足りない

おそらく “セレブ要素” が足りていないような気がする。どうにかして、もっと海外セレブのような「心も体も癒されるリラックスバスタイム」を体験できないだろうか……そう考えていたところ、いいアイテムと巡り合えたので報告したい。

続きを全部読む

【4コマ】第48回「お嬢様の食事」脳内ポートフォリオ

続きを全部読む

【煩悩爆発】京都の『御金神社』の絵馬に書かれた言葉がえげつない 「お金大好き!」「お金欲しい」「給料アップ」など

みんなお金が大好き! 出来ることならお金に囲まれて暮らしたい。もっといえば、お金に愛されたい!! 誰でもそう思っているに違いない。その夢を、叶えてくれるような名前の神社が存在した!

その名も「御金神社」、ズバリそのままじゃないかッ! これはあやかりたい。あやからずにはいられない! 境内に奉納されている絵馬を見てみると、みんな煩悩全開! お金を求める悲痛なる叫びがつづられまくっていたッ!!

続きを全部読む

35.011824135.755006

燕尾服を着ない意外な理由とは? 謎多き職業「執事」について本物の執事にいろいろ聞いてみた

お金持ちのシンボルとして見られることの多い「執事」。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。

ということで、執事とはどんな仕事なのかを知るべく、執事歴8年の新井直之(あらい なおゆき)さんにインタビュー取材をしてみた。新井さんは現在、自身でも執事の仕事をしながら執事サービスを提供する会社を経営しており、『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という本まで執筆している。

その執事のエキスパート新井さんに執事がどのような仕事をし、どのような生活を送っているのかなど様々な質問をぶつけてみた。すると、とても興味深い答えが次から次へと返ってきたのだ。その気になる答えは、以下の通りである。どうぞ!!

続きを全部読む