【実録】悪質な「Faceƅook」スパムにFacebookのログイン用メールアドレス&パスワード&生年月日&クレジットカード情報を教えたらこうなった(その2)
2Ptop

まずFaceƅookが知りたがっているのは、Facebookに登録したメールアドレスとパスワード、そして生年月日だ。これらを教えた瞬間にセキュリティはガッバガバ、乗っ取り放題のアカウントとなるわけだが、乗っ取って欲しいので正直に入力した。

すると、今度は「質問と質問の答え」を入力してねと言ってくる。よく「母親の旧姓は?」とか聞いてくるアレの英語版だ。だが、質問自体が海外仕様なので、「あなたが8才の時に住んでいたストリートの名前は?」とか書いてある。み、道の名前……

DeathRoad

とりあえず「death road(デス・ロード)」と答えておいた。

・無敵のクレカ

次なるステップは、クレジットカード情報の入力画面。いつもだったら、この画面が出た瞬間に「面倒なことになるので調査終了」としているのだが、今回の私は一味違う。前述のとおり、乗っ取られ専用のクレジットカードを用意しているのだ!!

vpreca

準備したのは、コンビニで売られている3000円分の「Vプリカ」。あらかじめ上限額が決められた、使い捨てのクレジットカードである。ちなみにこれ、嬉しいことにクレジットカードの名義も決められるので、とりあえず『MAD HATORI』としておいた。

madhatoriCredit

そんなこんなでクレジットカード番号と3桁のセキュリティコード、クレジットカード名義と会社の住所……すべての情報を入力し終えると、英語で「入力完了」と表示された。スパムが求めるすべての情報を、ウソ偽りなく吐き出した。なんだかスッキリ!!

valid

はたして悪質スパム「Faceƅook」は、どのような行動をしてくるのか!? 乗っ取ってくるのか? クレジットカードは何かに使われてしまうのか!? 結局 “何も起きなかった” のが結論だが、細かい動きはチラチラあった。詳細は次ページ(その3)で!

Report:迷惑メール評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.