『ロケットニュース24』の編集者・ライター・運営スタッフの構成は、以下の通りです。読者の皆さんが楽しめる話題、有益な情報、伝えたいできごとをお届けしたいと思っております。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

・編集部

GO羽鳥
2014年4月より編集長に就任。迷惑メール評論家。漫画もイラストもコラムも記事も書ける万能型。別名、オリュンポス豪。もしくはエナジーマンやMAD羽鳥、はたまたマミヤ狂四郎

佐藤英典 (Hidenori Satou)
自称コストパフォーマー。時々さとっしー。元ブラスバンド(トランペット)でバンドマン(ベース)だったのに、自分でも呆れるほどのリズムオンチ。尊敬する人、ザキヤマさん。

沢井メグ (Meg Sawai)
大阪、上海での市街戦を経て現在はロケットニュース24が主戦場。作戦は「ガンガンいこうぜ」。防御は苦手。中国ネタ多め、ニンニクマシマシ。

和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)
京都府出身。編集プロダクション、出版社勤務を経て2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。深夜ネタ結構多め、海外ネタちょい多め、脱ぐことかなり多め。

P.K.サンジュン (P.K. Sanjun)
在日韓国人。既婚者。プロ野球、プロレス、グルメ、夏フェス、幕末系、三国志、アメコミ、スターウォーズが好き。自分を律しすぎて自滅するタイプ。

・メインライター

むねやけサンデー
感動モノに弱い。好きな言葉は「人生なんでも挑戦」。短所は食わず嫌いなところ。原稿の切れ味は羽鳥も認めるプロの技。

原田たかし (Takashi Harada)
福岡県出身の九州男児。中国・上海、東京など各地を転々としている。得意分野はスポーツ全般。『横浜DeNAベイスターズあるある(TOブックス)』など、著書も多数。

Nekolas
シドニーやLAに在住し、海外生活が長くバックパック旅行の経験豊富なノマド女子。海外ドラマの知識なら日本三本の指に入る、ロケットニュース24のゴッド姉ちゃん。

小千谷サチ (Sachi Ojiya)
どこに出しても恥ずかしくない猫好きでありつつ、好きな国はラオスとコスタリカ。とりあえず本と漫画とチョコレートがあれば、世界中どこにだって行けます、行きます。

DEBUNEKO
ライター。2015年公開の映画『アントマン』にて吹き替え声優デビューも果たす。14才になったら不思議なペンを拾ってセーラー戦士に変身するものだと信じて疑わなかったのに、気づけばアラサー。

中澤星児 (Seiji Nakazawa)
大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを担当。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われる。採用の決め手は「ややハゲている風だったから」と羽鳥談。

K.Masami
福岡県出身。奈良県在住。ライフワークは妖怪文化研究。カッパ捕獲許可証所持。食べること寝ること文字を読むことが好き。変体仮名もだいたい読める。美人。

あひるねこ (Ahiruneko)
洋楽ブログを書いていたはずなのに気が付いたらロケットニュース24のライターに。東京に生息し、海外CMも好む。北国出身の割には寒いのも雪も苦手。

K.ナガハシ (K.Nagahashi)
北海道在中。音楽大好き、カメラ大好き、映画大好き、グルメ大好き、健康大好き。2015年夏のライター募集に応募し、ダントツのドラフト1位で入団。

砂子間正貫 (Masanuki Sunakoma)
1980年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後に木下大サーカスへ。茨城ゴールデンゴールズにも所属(2008~2012)。サーカス生活11年を経て東京へ。

こやぎ (Koyagi)
健康オタクにもかかわらず、慢性的な冷え性と肩こり悩む不健康な20代女子。 ちなみに今欲しいものは那須モンキーパークの年パスです。

ルカ (Luka Sunte)
マサイ族の戦士。ケニア共和国・アンボセリ在住。vsライオンは1戦1勝。集落の井戸が枯れてしまったのでGO羽鳥に援助要請したところ「テメエの力で記事を書いて金を稼いで水を作れ」と言われ、ロケット専属の記者になる。

耕平 (KOUHEY)
薄毛。一攫千金を夢見て知らずに使った薄毛対策商材のネット広告用の画像がGO羽鳥だったため地獄を見る。その後改心し、世の薄毛男性に希望を与えるライターへと転身。アフィリエイトの裏事情にも精通している。

はせがわ彩子 (Ayako Hasegawa)
科学記事が好きだけど数学は苦手。生肉、生魚大好き。ムスメに怪獣役にされ、必殺技でやられる毎日です。

黒井まみ (Mami Kuroi)
典型的な「腹がへっては戦はできぬ」タイプ。とくに白身魚と貝が好きです。

ゴールド土方 (Gold Hijikata)
イギリス生活を経て現在は日本。数学好き。少しでも気になった事は検証しないと気が済まない。その為に周りを巻き込む事も多々。実は世界トップクラスの頭脳を持っているが、ライター面接の時にはウンコの話しかしなかった。

・ゲストライター

クーロン黒沢 (Kowloon Kurosawa)
東京都出身。1997年頃からプノンペン在住。『怪しいアキバ漂流記(KKベストセラーズ)』『デジタル・スーパースター列伝(ILM)』『エネマグラ教典(太田出版)』など、数十冊の著書を上梓。

菊池美佳子 (Mikako Kikuchi)
恋愛コラムニスト。岩手県盛岡市出身。元キャバクラ嬢・元テレフォンセックス嬢・元企画物AV嬢。『凄まじき性癖を持つ漢たち(イーグルパブリシング)』『歴史を彩った性豪セックス列伝(アドレナライズ)』など、数々のエロ著書を上梓。

麟閣 (Rinkaku)
中国産のパチモノゲームにハマり、パチモノを求めて中国に移住した残念な人。ゲームを改造したり、ドラクエの復活の呪文を作成することが生きがいで、ドラクエの神・堀井雄二氏にも功績が認められたとか。

ポンコツ [JP] (Ponkotsu)
神奈川県出身の元日本語教師。中国で長年日本語を教えていた、駄菓子を肴に晩酌することが大好きなポンコツ男。

ハマザキカク (HAMAZAKIKAKU)
社会評論社というお硬い出版社で『いんちきおもちゃ大図鑑』や『エロ語呂世界史年号』など珍書を出してきた編集者。辺境デスメタル・ヒップホップを愛好しており、『デスメタルアフリカ』の著者。

・お絵描き部隊

マミヤ狂四郎
漫画家。調理師免許取得後、『暗黒アジアンハッカーズ』でプロデビュー。1979年生まれの東京出身。ロケットニュース24でのイラスト作品はこちらを参照。別名GO羽鳥

桃吐マキル
漫画家。調理師免許取得後、『森繁ダイナミック』で小学館新人コミック大賞に入選。同作品でヤングサンデーにて連載。

稲葉翔子
イラストレーター。楽しい事と美味しい物とむすび丸が好き。絵本『八百屋町化け猫巡り』Amazonなどで只今絶賛在庫取り扱い中。

・スタッフ

Yoshio
創設者。数多くのIT企業を渡り歩き今に至る。ロケットニュース24英語版のディレクションもしたりしつつ、GO羽鳥が危険な場所におもむく時にはバディとして同伴したりも。

瓦野晋治 (Shinji Kawarano)
通称カワラノ。飲み会が大好き。会社の「水係(みずがかり)」をはじめ、ゴミの日アナウンスや Wi-Fi電波のチェック等、いろいろやる雑用係。典型的なサイバー系オタク。

会社概要はこちらです。