終電を逃したときの心強い味方「カプセルホテル」は、マジで超便利だ。ビジネスホテルよりもリーズナブルなうえに、大浴場などの設備が充実していて清潔感もある。ドラえもん気分にひたれる「押し入れ型」のベッドスペースも、寝心地抜群で最高としか言いようがない。

つい先日も、深夜の2時過ぎに新宿・歌舞伎町にあるカプセルホテル『はたごや(旅籠屋)』に飛び込んだのだが……なんと3200円で朝まで快眠、目覚めはバッチリであった。個人的にかなりオススメなので、どんな感じだったか詳しく報告したい。

・ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店から1分

新宿駅東口から徒歩約5分、ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店のすぐ裏側に「はたごや」はある。歌舞伎町周辺で飲んだ後に新宿駅まで歩かなくてOKなのはポイントが高い。予約は特に必要ないので、いざという時の必殺技的な感じで場所を覚えておくといいだろう。

カプセル1泊は3200円〜。チェックインは16時からで、チェックアウトは翌朝10時だ。男性専用だが清潔感があってヨロシイ。旅籠屋という名前の通り「江戸時代の宿」みたいな雰囲気である。なんでも内外装リニューアルされたばかりなのだとか。

ちなみに飲食の持ち込み、外出は自由。アメニティグッズとして館内着や歯ブラシ、大小タオルもついてくるので手ぶらでもOKだ。強いていえば、ベッドスペースにコンセントがあるのでスマホ充電器があれば完璧である。貴重品を専用ロッカーに保管すれば、短時間でも十分リラックスできるだろう。

・風呂場もカプセル内も十分な広さ

さて、風呂場は7~8人がいっぺんに入れる程度の広さで、壁一面にはドカンと富士山の絵が描かれていた。縁起の良い富士山を眺めながら、じわ~っと汗が出るくらい湯船につかれば……もうまさに極楽そのもの。疲れが一瞬で吹き飛ぶレベルの気持ちよさだ。

風呂から上がったら寝るだけ。ドラえもんスペースに戻ると、キレイなシーツがピシーッと張られていてイイ感じである。カプセル内は寝返りも打てるレベルの広さで、特に狭いと感じることはなかった。プライバシー性も高く、十分快適である。

・エレベーターがない

一方、気になった点は「エレベーターがない」こと。4階建てなので、もしカプセルが4階になったら風呂に行くのも一苦労な気がする。まあそれを差し引いても、立地よし設備よしで、総合的には高コスパな宿泊施設だと言えるだろう。

歌舞伎町エリアにはレベルの高いカプセルホテルが多いが、飛び込みで格安の「はたごや」は覚えておいて損はなしと断言できる。ビジネスマンはもちろん、学生や観光客にもオススメなので、新宿で宿を探すときにはぜひ参考にしていただきたい。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 旅籠屋
住所 東京都新宿区歌舞伎町1−16−9
時間 16:00~翌朝10:00
休日 無休

参考リンク:カプセルホテル旅籠屋
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼はたごやの看板

▼利用料金

▼フリースペース

▼洗濯機やウォーターサーバーもある


▼カップラーメンとお酒の自販機

▼ロッカー

▼洗面台もキレイだ

▼カプセルスペース


▼カプセル内にはテレビもある