カプセルホテルは、日本で生まれたコスパ最強の宿泊施設である。ほとんどの施設がリーズナブルなうえに、大浴場やサウナ、高速無料Wi−Fiまで利用可能だ。正直かなり無敵だと思うのだが、カプセル未経験者は「棺桶みたいな窮屈な場所で寝られるか!」とか言ったりする……マジかよ。

ちなみに筆者は、つい先日も東京・上野にあるカプセルホテル『オリエンタル』を利用してきたのだが……当日ネット予約でお値段なんと2700円! もちろん清潔感もあってアメニティグッズも充実していた。イメージとは裏腹の快適性と利便性があったので、カプセル未経験者の方にもオススメしたい!

・そうだ、泊まろう

上野駅からも御徒町駅からも徒歩5分圏内の場所にある「カプセル & サウナ オリエンタル」。予約ナシで1泊3000円から、ネット予約をすればさらにお得に宿泊可能だ。看板に「そうだ、泊まろう」と書いてある通り、気軽に利用できる値段設定である。

嬉しいのは「安さ」だけではない。山手線エリアに宿があるという安心感はスゴイのだ。たとえば都内に5000円以下で泊まれる宿はいくらでもあるが、聞いたことがない地下鉄駅から徒歩10分と言われても不安になるハズ……その点「山手線の上野駅」は簡単でイイ!

・男性専用

なお、チェックインは昼12時から可能。もちろん終電後でも空室があれば飛び込みOKである。ホテル外観をパッと見た感じは「マンガ喫茶」だが、中に入れば大浴場やサウナ、休憩所もあって居心地は良い。ただ、なんというか、男だらけの空間なので「住める!」みたいな気持ちにはならない。

さて、24時過ぎにチェックインした筆者は、まずロッカーの鍵を受け取り、館内着に着替えてからササッと大浴場へ。というのも、お風呂清掃が深夜1時半から3時半の間にあるため。大小タオルや歯ブラシ等は付いているので、翌日の着替えさえ用意すればOKだろう。

また、サウナ好きにはたまらない熱風を浴びるサービス「ロウリュウ」は無料。疲れを癒すマッサージも30分1500円から利用できる。つまり、おおよそビジネスホテル1泊の料金で、大浴場でしっかり汗を流し、入念にマッサージまでしてもらえるってわけだ。

・宇宙船みたいで最高

さあ、いよいよ寝るだけになったらカプセルルームへ。カプセルホテルと言う名前だけ聞くと、ずっとカプセル内にいるイメージがあるかもしれない。だが、基本的にカプセル内にいるのは「寝る時だけ」である。未経験者は「ずっと棺桶にいるのは無理」とか言うが、ずっといる必要はない。

個人的には、カプセルルームの「宇宙船みたいな雰囲気」がたまらない。ロールカーテンを下ろせば、プライバシーはもちろん確保される。アラームやコンセントも利用可能で、テレビや音楽を楽しむときはイヤホンを使用すればOKだ。布団も枕もキレイで寝心地も良い

・エコバッグがあれば便利

もっとカプセルホテルを快適に利用するなら、小さなエコバッグが1つあればかなり便利だ。ロッカーにメインの荷物を預けてから館内着に着替えるため、ベッド内にスマホ充電器やメガネ等を持ち込む場合は小さな袋に入れて持ち運びたい。コンビニの袋でもOKだ。

チェックアウトは11時。ほぼ丸1日利用できて3000円はどう考えても安いだろう。休憩所にはカップラーメンや缶ビールの自販機もあるが、ホテル周辺にはコンビニや飲食店も数多くあり、過ごし方は自由自在。総合的にかなりオススメなので、東京で宿探しをする際の参考にしていただきたい!

・今回ご紹介した宿泊施設の詳細データ

店名 カプセル & サウナ オリエンタル
住所 東京都台東区上野6丁目9−9
時間 12:00~11:00
休日 無休

参考リンク:カプセル & サウナ オリエンタル
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼オリエンタル入口

▼ネット予約2700円の場合は、券売機で2000円と700円のチケットを買う

▼洗面スペースもキレイ

▼カプセル入口

▼Wi−Fiフリーで充電も可能ってだけで便利

▼ロッカー

▼自販機もいろいろあるぞ



▼マッサージは30分1500円から