「視力」にまつわる記事

問「なぜマサイ族は視力が良いのか?」に対するマサイの戦士の答えが意外すぎるけど説得力があった / マサイ通信:第202回

スパ! 今回の記事のタイトル、なんだか「オレ主観」のタイトルではないんだけども(ゴー羽鳥の主観)、ぜひともみんなにも知っておいてほしい情報なので、あえて興味を引きつけるようにしてみたぞ。そう、今回のテーマは視力だ。

マサイ族ってのは、人類最強の視力とも言われている。視力10.0とも言われているほどだ。もちろんオレも視力が良い。でな、ゴーに「マサイ族の中にも視力が良くない人もいるの? メガネの人とか」って聞かれてな。よし、答えよう。 続きを全部読む

眼球にタトゥーを入れて失敗した女性が視力をほぼ喪失 / 円形脱毛症になり精神的に追い込まれる

海外において、ファッション感覚でタトゥーを入れる人は多い。顔に彫り込む人がいたかと思えば、それでも飽き足らないと言わんばかりに、眼球にタトゥーを入れるマニアまでいる。

しかし現在、ある女性が眼球に入れるタトゥーに対して注意を喚起している。というのも、彼女は眼球にタトゥーを入れて失敗。そのせいで「片目の視力をほぼ失った」上に円形脱毛症になり、精神的に追い込まれてしまったというのである。

続きを全部読む

盲目のスケートボーダーが「杖を使ってトリック」を披露! 技がキマるまで諦めない姿が超カッチョいい!!

五体満足で生まれてきた人は、それを当たり前だと思いがちだ。そして時には、簡単に弱音を吐いてしまうこともある。

そんな弱っちい根性に喝を入れるためにも、盲目のスケートボーダーが「杖を使ってトリック」を披露する動画を紹介したい。技がキマるまで何度コケても諦めない姿は、そこら辺のスケーターなんかと比べ物にならないぐらいカッコいいのである!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第51回:ドンキで売ってたサプリ『マサイ族の眼』をマサイ族に見せてみた / マサイ式「視力向上3箇条」も伝授!!

スパ!! みんな、スマホばっかり見てないか? この世界は果てしなく広いってのに、約20センチ先のちっちゃい画面がすべての世界だと思いこんでいないか? 違うから。そんなんだと、君の世界もちっちゃくなっちまう。今すぐスマホから目を離せ。

……って、そしたらオレの記事も読めなくなっちゃうから、やっぱりスマホに目を戻せ。つーことで今回のテーマは「眼」だ。さっき突然、ゴー(羽鳥)が興味深い写真をオレのスマホに送ってきたんだ。なんでも『マサイ族の眼』っていう商品らしい。

続きを全部読む

【注意喚起】ハロウィン用コンタクトレンズで角膜感染症や角膜炎になる可能性が!! 失明の恐れも

日本でも、イベントとして浸透した感のあるハロウィンが、もうすぐやって来る。今週末は、思い思いのコスチュームに身を包み、パーティーやパレードに出かける人も多いのではないだろうか。

そして、仮装の一環として、ゾンビのように目が白く見える、装飾用コンタクトレンズなどを入れる人もいるだろうが、その使用に関してネットで注意が促されている。なんでも、視力矯正用以外の装飾用コンタクトレンズは角膜を傷つけ、角膜感染症や角膜炎になる可能性があり、最悪の場合は失明の恐れがあるというのだ!!

続きを全部読む

コンタクトレンズあるある30選

インターネットが急速に普及し、パソコンやスマホが欠かせなくなった現代社会。目を酷使するようになったことで、視力が低下した人も多いのではないだろうか。そんな時に活躍するのがコンタクトレンズだが……

視力の悪くても “ありのままの自分” でいることができる一方で、様々な問題が持ち上がるのもコンタクトというものである。では、使っている人はどんな気持ちで日常生活を送っているのか。あるある形式で30個まとめたので、ドドンとご紹介しよう。

続きを全部読む

視力0.1以下のヤツが裸眼で街に出るとありがちなこと30連発

メガネっ子にとってメガネは生命線である。これなくして生活はできない。スマホも大事だけど、スマホよりもはるかに大事だ。

先日私(佐藤)は、サウナに長時間入って汗から塩を生成することに挑んだ。その時うかつにも、メガネをつけてサウナに入ってしまい、レンズのコーティングが溶けてしまったのだ。すぐにメガネ屋に行きレンズ交換したのだが、40分間メガネなしで街に出ることになってしまった。メガネなしで街に立つ恐怖……。おわかり頂けるだろうか?

続きを全部読む

レーシックやったことある人あるある50

メガネやコンタクトレンズを使っている視力の弱い人たちが、必ずや一度くらいは気にしたことがあるのが「レーシック」こと角膜屈折矯正手術ではないだろうか。「気にはなるけど怖い!」という人や、“レーシック以外” を選択する人も多いだろう。

かく言う私(筆者)は5年以上前にレーシックを体験し、今でもバリバリ遠くが見えている。ということで今回ご紹介したいのは、私が感じた『レーシックやったことある人あるある』だ。レーシック手術を考えている人は、一読しておいて損はないぞ。

続きを全部読む

スーパーマン並みの視力に! 8分間の手術で視力2.0の3倍近く見えるようになる「バイオニック・レンズ」が超人的!!

眼鏡やコンタクトレンズは取ったり外したりで煩わしい存在でしかないが、目が悪い人にとっては、ないと見えないので必需品である。筆者も目が悪いので、レーシック手術を受けようかと考えたこともあったが、どうにも角膜をレーザーで削るという施術が怖くて仕方がない。

そんななか、たった8分間の手術で、視力2.0の3倍近く見えるようになるという「バイオニック・レンズ」が登場! それでは、見たくないものまで見えてしまいそうな、スーパーマン並みの視力がゲットできてしまう超人的レンズについて紹介したい。

続きを全部読む

【感動映像】生まれつき視力に問題を抱えていた赤ちゃんが特別なメガネをかけて初めてママを見た決定的瞬間 / 赤ちゃんが見せた最高の笑顔!

現在、世界中で感動を呼んでいる1本の動画がある。動画のタイトルは「”Seeing” mommy for the first time!」。生まれつき視力に問題を抱えていた赤ちゃんが、特別なメガネで初めて自分の母親を見た時の瞬間映像だ。

動画はアップから10日ほどで400万回以上再生されており、5000人以上から高評価を得ている。その理由はいたって簡単。赤ちゃんの反応が、具体的に言えば、こぼれるような赤ちゃんの笑顔が、世界中の人の心を揺さぶっているからである。

続きを全部読む

「近視の人には世界がこう見えている」を表現したアートが話題に

携帯電話、ゲームにパソコン……みなさんは日常的に目を酷使してはいないだろうか。近視はまさに現代病であると言える。

視力が低い人は、メガネやコンタクトレンズなどで視力を矯正している人が多いだろう。だが、視力がいい人は近視の人がどのような世界をみることができない。そこであるアーティストがそれを油絵で表現したそうだ。題して「近視の人には世界がこう見えている」だ。

続きを全部読む

奇跡!交通事故により視力を回復した少年

右目の視力がなかった少年が交通事故により、奇跡的に回復したと、海外メディア「news24」が伝えている。

同メディアによれば、このGerhard君(7歳)は南アフリカに住んでおり、つい最近、家の前でタクシーにひかれてしまった。その時の衝撃は激しいもので、12mほど飛ばされたが、幸いにも、軽い脳震盪で特に問題なかったという。

続きを全部読む